満開のアマリリスPart2

我が家のアマリリスが咲き過ぎてリビングに飾り切れず、嬉しい悲鳴状態だ。先日も書いたが、奇麗なので再録する。緋赤色の大輪はタキイのカランバ(Hippeastrum hybrid 'Carramba')、今は2本立ちで5輪咲いている。小森谷さんのトランペット・ルージュ(H.hybrid 'Trumpet Ropuge')も2本で4輪と今が満開。DSCN6308.jpgDSCN6310.jpgDSCN6312.jpg三宅さんの矮性品種赤だるま(H.hybrid'Aka Daruma')は1輪だが、端正な花。クリーム色、ヒトデ咲きは原種のエバンシアエ(H.evansiae)で、2鉢で4本立ち。やや盛りを過ぎた。ボリビア原産。次もコンパクトな原種のレジーナエ(H.reginae)。花はプニセウム変種のマジュス(H.puniceum var.majus)に似た印象もある。ブラジル原産。アップは無いが中央に香りの良い、白一重ラッパ咲きの女王の香り(H.doraniae hybrid 'Jouou no Kaori')もある。DSCN6316.jpgDSCN6315.jpgDSCN6319.jpg温室では小森谷さんの名花、令夫人(H.hybrid 'Reifujin')が咲き始めた。私がアマリリスにのめり込むきっかけとなった、白テッポウユリ咲きの清楚な花だ。前記女王の香りも令夫人の交配だ。DSCN6324.jpg次は赤だるま系実生の赤と白(H,hybrid 'Aka Daruma seedling')。赤はコンパクトで赤だるま似の小輪だが、白はガッチリと丈夫でとても生育旺盛。最後は私が最初の頃作った交配種でコーラル・パロディー(H.hybrid 'Coral Parodii')。確かパロディーとドラニアエの交配だ。DSCN6322.jpgDSCN6320.jpgDSCN6326.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント