満開のカマエセレウス・ルイスラミレシー

カマエセレウスの新種、ルイスラミレシー(Chamaecereus luisramirezii)が満開になった。友の会会報の表紙に使いたくて、あれこれ撮ったが、1枚目が一番良さそうだ。いただいた時は1クローンだと思っていたが、キリンウチワに接いだ株は花色が淡くて、ちょっとイメージが異なる。単なる栄養条件なのか、花色の幅なのか、結論は先になりそうだ。ボリビア原産。最後の写真には白花の海王丸(Gymnocalycium paraguaensis)が写っている。次は大きな花のエキノプシス交配種、火勢竜(Echinopsis hybrid 'Kaseiryu')だ。分類的には前種にごく近縁で、カマエセレウスも今日的にはエキノプシスとして扱われることが多い。DSCN6897.jpgDSCN6894.jpgDSCN6899.jpgDSCN6862.jpgDSCN6865.jpgDSCN6888.jpgDSCN6890.jpg次は南米物繋がりでパロジアで花の大きい美青丸(Parodia ottonis var.tenuispinus)とパラグアイから来たオットニスの小型タイプ(P.ottonis var.)。青王丸と美青丸は旧ノトカクタスの代表種で、私が子供の頃は非常にポピュラーなサボテンだった。ボリビア、アルゼンチン、パラグアイ原産。DSCN6868.jpgDSCN6870.jpgDSCN6872.jpgDSCN6874.jpg最後はこれも南米物でチリ原産のコピアポアの黒王丸(Copiapoa cinerea)とエスメラルダナ(C.esmeraldana)。特に後者は花物のように良く咲いて楽しい。DSCN6840.jpgDSCN6844.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント