アリステア、アメリカデイゴなど

梅雨時になるとアリステア・マジョール(Aristea major)が奇麗に咲く。快晴だと午前9時頃には閉じてしまう花だが、雨模様だと昼まで咲いている。イングリッシュガーデンのデルフィニウム同様、青い花は曇天や雨で色が映えとても美しく見える。私のお気に入りだが、以前導入した本種のピンク花は、明度の無い白濁したような薄桃色で、ちっとも魅力的ではなく、がっかりした思い出がある。そのせいか今は残っていない。アヤメ科で南アフリカ原産。DSCN7889.jpgDSCN7885.jpgDSCN7883.jpg次はワニ池のアメリカデイコ(Erythrina crista-galli)だ。今その1番花が咲き始めた所で、これから一気に咲き進んでくるだろう。しかし季節風の強く吹く当地では、花を散らす無慈悲な風になりかねない。風には弱い植物なのだ。マメ科でブラジル原産。DSCN7898.jpgDSCN7895.jpgDSCN7893.jpg次は果樹温室を出たところで咲いているハコネサンショウバラ(Rosa roxburghii)だ。バラ科で日本原産。目立たないが1つ1つの花はとても奇麗だ。その近くではスモークツリーも咲いている。フワフワが見事な品種のピンクレディー(Cotinus coggigria 'Young Lady')で、とても可愛らしい。ウルシ科でヨーロッパ原産。DSCN7915.jpgDSCN7921.jpgDSCN7920.jpgDSCN7917.jpgバナナ温室側ではルソンヤマツツジ(Rhododendron subsessile)がまだ咲いている。なぜかわっと咲く性質ではないらしく、いつもぽつぽつ咲いている。ツツジ科でフィリピン原産。中庭、ツバキの下ではハアザミ(Acanthus mollis)が咲き始めた。今頃は葉の緑も奇麗でいいが、梅雨の後半には蒸れで葉が腐ってきて見られない姿になってしまう。キツネノマゴ科でヨーロッパ原産。DSCN7946.jpgDSCN7944.jpgDSCN7941.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント