アンスリウム再録

分園1号温室のアンスリウム、6月から一気に花数が増えて見事なこと。文句なしに美しい。コロナ、熱海の崩落事故等で来園客は数える程だが、ぜひこの美しさを多くのお客様に楽しんでもらいたいものだ。ここのアンスリウムは1982年にハワイのモリワキ氏を通じて40品種くらい導入されたもので、以来ずっと栽培温室とここで維持されている。これらの品種は色と形で品種名が付けられており、紫のARCS以外は、苞の立つのがチューリップ、苞の先がヒョロヒョロ伸びるのがオバケ、苞がダブル、更紗模様のスプラッシュ等で簡単に区別できる。例えば最後の写真は赤八重のオバケということになる。またその後、20年程前に大島の寺田氏よりオランダ系の品種が10種位寄贈されている。ただこの時の記録はPCトラブルで失われてしまい、今では導入記録を確認のしようがない。ここでは、下から4枚目がオランダの品種でルシファーだ。DSCN0093.jpgDSCN0096.jpgDSCN0097.jpgDSCN0101.jpgDSCN0102.jpgDSCN0104.jpgDSCN0106.jpgDSCN0108.jpgDSCN0111.jpgDSCN0113.jpgDSCN0114.jpgDSCN0116.jpgDSCN0118.jpgDSCN0120.jpgDSCN0123.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント