ブラジルの絵

一昨年開催されたバナナの会に参加されたMさんは、以来何度か園にお見えになり、このたび素晴らしいハミングバードの絵をプレゼントしてくださった。ブラジルと縁の深い方なので、コロナで苦境に立っている現地の画家を応援したくて画いてもらったとのこと。それほどのお付き合いでもないのに何故という気もあったが、先日お見えになって、是非園に飾って下さいとのことだったので、応接室に飾らせてもらった。タベビアとハミングバード、桜とハミングバードの絵柄で、とても素晴らしい作品だ。勿論、オリジナルで、その証明書を先日は持参してくださったのだ。応接室なので、お客様が気軽に見られる場所ではないが、機会があったら是非見ていただきたいと思う。DSCN2251.jpgDSCN2253.jpgDSCN2255.jpg次は分園入口周辺の植物から。水銀灯の足もと、ゲート脇に植わっているヒメノウゼンカズラ(Tecomaria capensis 'Gold Angel')の黄花品種ゴールド・エンゼルだ。ノウゼンカズラ科で南アフリカ原産。私が播いたオレンジ系のタイプはツルが伸びて数mにもなり、持て余し気味だが、この黄花品種はブッシュ状に収まり、扱い易くていい。DSCN2258.jpgDSCN2257.jpgDSCN2355.jpg次は入口、ワニのトピアリー横の斑入りブルグマンシア(Brugmansia hybrid 'Variegated')。定期的に満開になり、暮れから正月まで咲き続ける優等生だ。ナス科で南米原産。DSCN2263.jpgDSCN2261.jpg最後はフェンス沿いで大きくなっているモクゲンジ(Koelreuteria paniculata)の花だ。丁度1番花が咲き始めた。20年程前に定植したのだが、今や見上げるような大木だ。ただし風船状の果実が成っても、たちまち台風や季節風に吹き飛ばされ、まともな結実風景は滅多に見られない。ムクロジ科で日本、中国原産。DSCN2357.jpgDSCN2359.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント