トリメツィアなど

分園駐車場の縁でトリメツィア・ステーヤーマーキー(Trimezia steyermarkii)が咲いている。以前、ハワイから持って来てもらい、ディエテスに匹敵する花壇素材になると期待したのだが、冬の寒さに弱くて、育っては弱りを繰り返し、枯れはしないものの殖えもしないというのが実情だ。ここでももう1週間以上咲いているが、遠目に目立たないため、つい写真を撮りそびれて今日まで来てしまった。アヤメ科で西インド諸島原産。DSCN2443.jpgDSCN2449.jpgDSCN2446.jpg次は売店前温室のアデニウム(Adenium obesum)、春の開花と同時にカイガラムシが猛威を振るい、消毒をすると葉と枝先が枯れ込むため、2度目の新芽が今頃になって花も咲くということ。今回は発芽に合わせてオルトランを散布したので、カイガラにやられないことを願うのみ。DSCN2455.jpgDSCN2453.jpgDSCN2450.jpg中庭ではベラドンナ・アマリリス(Amaryllis bella-donna)が咲き出した。数日前まで草ボウボウで蕾も見えなかったので、丁寧に除草し、花を楽しめるようにした。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN2413.jpgDSCN2410.jpg花の上がってきたダシリリオン・ロンギッシマム(Dasylirion longissimum)も枯れ葉が目立っていたので、1時間もかけて化粧直しをし周りの草取りもした。キジカクシ科でメキシコ原産。お陰で、近くに植えたばかりのロードフィアラ・ビフィダ(Rhodophiala bifida)の花も目立つようになった。ヒガンバナ科でチリ原産。DSCN2401.jpgDSCN2397.jpgDSCN2400.jpg最後は満開のヘディキウム・シルシフローラム (Hedychium thyrsiflorum)だが、何と2羽もアゲハが蜜を吸いに来ていて驚いた。ショウガ科でネパール原産。DSCN2404.jpgDSCN2406.jpgDSCN2408.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント