アメダマノキなど

果樹温室で珍しいアメダマノキ(Phyllanthus acidus)が成っている。これまで周囲のマンゴーとレンブに圧倒されて、辛い立場だったが、最近周囲の剪定が進み、ようやく明るい環境を取り戻したようだ。ブドウみたいに房状になるタイや中国の果樹で、タイでは各民家の庭先に必ず植わっている。指先程の果実は熟しても赤く成らず、このまんま。囓ると渋みと酸味があって唾液の分泌を促すので、喉の渇いた時に囓るのだ。美味しい果物とは意味が違う。トウダイグサ科。DSCN3948.jpgDSCN3947.jpgミカン科のシロサポーテ(Casimiloa edulis)も成っているが、今年は果数が少なく物足りない。熟期の判断が難しく、また一口目にえぐみを感じるので、好き嫌いの多い果樹だが、食べられないと思うと寂しい。メキシコ原産。DSCN3950.jpgDSCN3952.jpgコーヒー(Coffea arabica)も赤く色付いて来た。斑入り葉や紫葉も並んでいるが、やはり収量は普通のコーヒーが一番。アカネ科でエチオピア原産。DSCN3940.jpgDSCN3941.jpgそして今がピークのゴレンシ(Averrhoa carambola)。朝掃除の時には何個も落ちていて、勿体無いと思うが、そのまな片付けてしまう。味を見るには一口も囓れば十分。水っぽいナシのような味と言えば伝わるかな。香りはいいですよ。カタバミ科で東南アジア原産。DSCN3954.jpgDSCN3957.jpgDSCN3958.jpg次はバックヤードの裏で咲いたマツムラソウ(Titanotrichum oldhamii)。スタッフが植え替えて捨てた廃土から育った株で、鉢で育てた株よりはるかに元気で皮肉なものだ。イワタバコ科で西表や石垣島原産。DSCN3938.jpgDSCN3936.jpgDSCN3934.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント