台風の後で

昨日の台風、幸い熱川に被害は無く,ゴミを散らかしただけで無事通り過ぎてくれた。最初の画像は分園石垣のポドラネア・ブリーセイ(Podranea brycei)で、驚くことに満開のままで,殆ど傷んでいないのだ。下には落ちた花が山になっていたから、派手に雨にも打たれたのだろうが、それ以上に、花が旺盛に咲いて来ていると言うことだろう。ノウゼンカズラ科で南アフリカ原産。近くのモクゲンジは若い果実が殆ど吹き飛ばされ、テコマリア・カペンシスのゴールデン・エンゼル(Tecomaria capensis 'Golden Angel')も花を殆ど吹き飛ばれていていたのと好対照だ。DSCN3382.jpgDSCN3386.jpgDSCN3385.jpgDSCN3381.jpg我が家では台風の後にヘディキウムの金閣(Hedychium hybrid 'Kinkaku')が1本咲いて来た。これがイノシシ除けになるので、庭の各所に植え広げたが、長期間咲いてくれれば有り難いことだ。ショウガ科でネパール原産。DSCN3355.jpgDSCN3353.jpgおなじくトキワネム(Calliandra selloi)もまた咲いてきた。1日で咲く花はこれだから有り難い。マメ科でブラジル原産。DSCN3356.jpgDSCN3376.jpgDSCN3378.jpg
月下美人(Epiphyllum oxipetalum)もベランダ下で、今晩だか明日咲く蕾が膨らみ、楽しみだ。サボテン科でメキシコ原産。DSCN3364.jpgDSCN3366.jpg休眠から開け、ベランダ下に並べたネリネの鉢物も、この雨を吸って急激に蕾を伸ばして来た。今年は沢山咲いてくれたら嬉しいが、出ているのは丈夫な品種ばかり。私とネリネやブルンシビギアとの相性は悪くて、年々減る一方だ。DSCN3369.jpgちなみに昨日記事にしたオシロイバナはみんな倒れてしまい、また回復まで時間がかかるだろう。ベランダの上ではコルチカム・モンタナム(Colchicum montanum)が雨にも負けず咲いている。イヌサフラン科でヨーロッパ原産。DSCN3372.jpgDSCN3371.jpg最後はリビングでプラケースに収めたベゴニア・プリスマトカルパ(Begonia prismatocarpa)。これから花が多くなりそうだ。シュウカイドウ科でアフリカ原産。DSCN3375.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント