八重の皇帝ダリアなど

分園の中庭で八重の皇帝ダリア、ダブル・オア・ナシング(Dahlia imperialis 'Double or Nothing')が見頃だ。花が直径5〜6cmと小さくて、株も小柄で咲くので扱い易く、一重の基本種や白の八重が負けてしまったようで見当たらなくなってしまった。しかも今年は春にも咲いたので、つい本種を大事にしてしまうのだ。その近くではレモンマリーゴールドことタゲテス・レモニー(Tagetes lemmonii)も咲いて来た。本種も晩秋咲で夏は伸びるだけなので、2回位切り戻さないと2mにもなってしまう。共にキク科でメキシコ原産。DSCN4790.jpgDSCN4789.jpgDSCN4793.jpgDSCN4787.jpgDSCN4795.jpgカメ温室の所では赤い実が目立つアロニア・アルブティフォリア(Aronia arbutifolia)が見頃。毎年、ビッシリ実を着けてくれるので有り難い。バラ科でアメリカ原産。DSCN4799.jpgDSCN4797.jpgDSCN4801.jpgバナナ温室の裏では黄色い実のピラカンサ(Pyracantha angustifolia)が、これもびっしり実を着けていて見事。黄色い実はタチバナモドキという和名みたいだ。バラ科で中国原産。DSCN4815.jpgまたバナナ温室を出て上を見上げると隣の地所のクロガネモチ(Irex rotunda)の大木が、これもビッシリ実を着けていて見事。モチノキ科で日本原産。DSCN4808.jpgDSCN4807.jpgDSCN4805.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント