ツリートマトなど

今日は栽培温室でアリストロキア・サルバドーレンシス(Aristolochia salvadorensis)が咲いたと言うので見に行ってきた。途中、宿舎の畑でグラジオラス(Gladiolus dalenii)が咲いているのではと思い寄ってみたら、そちらはもう終わっていてがっかり。でもツリートマト(Siphomandra betacea)があった事を思い出し、見に行ったら案の定鈴生りだった。去年よりは少ない気がするが、植えっぱなしでこれだけ成ってくれれば御の字だ。園内にも植えたいが、ちょうどここが流れの横で風も当たらず、好条件なので生きているが、風の強い所では維持が大変だろう。ナス科でエクアドル原産。DSCN5273.jpgDSCN5276.jpgDSCN5271.jpgDSCN5293.jpg駐車場入口ではフクシアのエンジェルス・イアリング(Fuchsia magellanica hybrid 'Angel's Earling')が見事に咲いていた。原種のマゼラニカは寒さに強いので、今頃の気候が好きなのだろう。アカバナ科でアルゼンチン原産。そのとなりではシシトウだかトウガラシが赤く色付いていて奇麗なこと。DSCN5263.jpgDSCN5261.jpgDSCN5259.jpgDSCN5269.jpg肝心のアリストロキアは動かせない鉢の,株の根元で裏向きに咲いており、絵にならない。無理して反対側からも撮ったがご覧の通り。1輪しか着いておらず、次はないので残念。ウマノスズクサ科で中米原産。DSCN5289.jpgDSCN5279.jpgでもコレクションの中で斑入りのグラプトフィルム(Graptophyllum)に奇麗な実がなっており、その観賞価値の高さに感心した。素敵な植物だ。友の会の尾崎さんから来た植物だが、種名は要確認だ。多分、マンリョウの仲間だろう。DSCN5281.jpgDSCN5283.jpgDSCN5285.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント