皇帝ダリアの八重花

中庭では皇帝ダリアの八重花ダブル・オア・ナシング(Dahlia imperialis 'Double or Nothing')が咲き始めた。11月とあって温度較差のせいか、実によい色に咲いてきた。白の八重もあったはずだが、本種に負けてしまったようだ。キク科でメキシコ原産。DSCN4529.jpgDSCN4530.jpg南アフリカ原産、キク科で黄花のユーリオプスデージー(Euryopus pectinatus)やメキシコ原産、シソ科で赤花のパイナップル・セージ(Salvia elegans)、どれも鮮やかな色に発色している。DSCN4535.jpgDSCN4533.jpgDSCN4543.jpgDSCN4541.jpgカラフルと言えば斑入りのセイヨウダンチク(Arundo donax var.versicolor)も今花穂を出しており、秋空を背景に美しいこと。イネ科でヨーロッパ原産。DSCN4537.jpgDSCN4539.jpg1号温室のパフィオのコーナーでは、主役の花が少ないので、栽培温室からセロジネを2種持って来て飾っている。1輪咲きはセロジネ・ユニフローラ(Coelogyne uniflora)で可愛らしい。もう1つは不明種(C.sp.)だが、実に小さな花で、私は初めて見た。ラン科で東南アジア原産。DSCN4526.jpgDSCN4523.jpgティランジアのコーナーではトックリアナナスが咲き始めた。ピンク花基本種(Aechmea recurvata)、3株は小型変種のベンラシーだ(A.recurvata var.benrathii)。パイナップル科でブラジル原産。DSCN4518.jpgDSCN4521.jpg最後は細紐状の茎に丸い花を咲かせるシナンクム・マルニエラヌム(Cynanchum marnieranum)。キョウチクトウ科でマダガスカル原産。DSCN4515.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント