ドリアンテスの果実を収穫

昨日の休み、気がついたら我が家のドリアンテス(Doryanthes palmeri)の果実が完熟し、口を開けていた。大体花後半年で熟したということだ。花序の先まで4mもあり、そのまま切ると温室の屋根に落ちてしまうので、花序にロープをかけ、妻に引っ張ってもらいながらベランダまでたぐり寄せ、ノコギリで切り落とした。画像の通りで、花序の部分が1m、果実は39個収穫できた。実は昨年ワニ園で収穫した花序もそのまま研究室に置いてあり、貯まる一方だ。種を欲しい方にはプレゼントしたいが、この植物、最終的には1株で1坪を占領し、葉は長さ2.5mに達する。開花までは実生15年は覚悟してもらわないと育てられない。一度開花株になれば、花後根元から子株が出て、5〜6年で咲くので、私は既に5回位は咲かせている。元が2株なので、子株を2株ずつ残し、2年置き位に花が咲くようになっている。次の株ももう開花サイズだが、花が出るなら今頃から花茎が伸び始めるので、来年の開花はなさそうだ。ドリアンテスを我が家の窓辺で咲かせられるなんて、こんな贅沢はないだろう。実はこの春、下田に別荘をお持ちの方からドリアンテスが咲いたと連絡があり驚いたのだが、後日、よくよく聞いてみると、どうも元々の出所は私らしいことがわかった。こんな事あるのである。ドリアンテス科でオーストラリア原産。DSCN4581.jpgDSCN4583.jpgDSCN4584.jpgDSCN4589.jpgDSCN4587.jpgDSCN4591.jpgDSCN4593.jpgベランダの下ではブルンスビギアが葉を広げて来た。大きい株はジョセフィーナエ(Brunsvigia josephinae)で、24年前、アメリカ球根学会の会長に種をプレゼントされ実生した物。1度開花したので、今年2度目を期待していたのだが空振りだった。尺鉢に植えてあって下から根が出て動かせないので、植え替えも出来ない。他にミノール(B.minor)とストリアータ(B.striata)の2種頂いたのだが、花も咲かせられずに絶えてしまった。次は友の会のYさんに種や苗を頂いたブルンスビギアだが、思うように育てられず、年々衰退の一途をたどっている。マルギナータ(B.marginata)など丈夫な種だと思っていたが、今年咲かないということは、球根が弱って来ていると言うことだろう。つくづく自分は栽培下手だと思う。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN4577.jpgDSCN4578.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

藤原
2021年11月08日 16:32
10数年先の開花を目指してドリアンテス(Doryanthes palmeri)の子株を育てていますが、耐寒性はいかほどですか? 我が家周辺の冬の最低気温はー4℃程度になりますので、室内に置いていますが-----。
今年、Brunsvigia は、B.リトラリスとB.グランディフローラが開花しました。
Brunsvigia josephinaeは、実生2~3年の球根を入手して、既に約10年経過しましたが一向に大きくなりませんので、今や諦めの境地です。
dolloi
2021年11月08日 17:34
うちは大磯なので伊豆よりは少し寒いかもしれませんが、霜が降りたり水が凍る事も無いので成長した後なら屋外でいけると思います。
もしよければ全国実生してみたいので種をいただけたら嬉しいです。
学芸員
2021年11月08日 18:01
藤原さん、耐寒性は0℃が基準になると思いますが、雪や霜でも大丈夫ですから、そちらの屋外でも大丈夫かも知れません。
dolloiさん、住所を研究室までメールして下さい。wanien@fork.ocn.ne.jp
です。順調に育てて一気に肥培すれば10年位で咲くかも知れません。とにかく育ちの良い植物です。
dolloi
2021年11月09日 09:02
ありがとうございます!
メール送らせていただきました。