初冬の温室風景

我が家の温室で、またぞろ花が多くなってきた。やはり休みの日に花が咲いていると嬉しいものだ。今日は南米物からでピンクが可愛らしい小型柱サボテンのピエールブラウニア・バイエンシス(Pierrebraunia bahiensis)、そしてユーベルマニア・ペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera)とフラビスピナ(U.flavispina)。どれもいい感じで咲いている。3種ともブラジル原産。DSCN5967.jpgDSCN5964.jpgDSCN5989.jpgDSCN5987.jpgDSCN5978.jpgDSCN5991.jpg北米物では冬の代名詞、マミラリアの玉翁(Mammillaria hahniana)が咲き始めた。そして定番の白星(M.plumosa)、カルメナエ(M.carmenae)のピンク縁取り花も咲いてきた。これはとても可愛らしい花だ。DSCN5963.jpgDSCN5977.jpgDSCN5974.jpgDSCN5972.jpgDSCN5970.jpg小型種では紅梅殿(Gymnocactus horripilus)と薫染丸(G.knuthianus)、チュルビニカルプス・ディキソニアエ(Turbinicarpus dickisoniae)、刺物の日の出丸(Ferocactus latispinus)もまだ咲いている。全てメキシコ原産だ。DSCN5981.jpgDSCN5968.jpgDSCN5984.jpgDSCN5983.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント