パラモンガイア2輪目開花

今シーズンは2輪しか花の出なかったパラモンガイア(Paramongaia weberbaueri)だが、その2輪目が咲いた。この株はウイルスに汚染されていて、困り物なのだが、花着きの良さは抜群で、これで5年だか6年連続の開花になる。2年に1度が普通の本種の中では際だった花着きの良さだ。しかもウイルスだから後代を残そうと、せっせと交配してこの間、2度も種を穫って株をいじめている。それでも毎年咲いて来るのだから驚異的だ。子供も2株あるのだが、花着きの良さを確かめたくても遅々として大きくならない。まあ花着きの良さは何物にも優先するファクターだけに、大事にしたい。ヒガンバナ科でペルー原産。DSCN6724.jpgDSCN6725.jpgDSCN6752.jpgDSCN6727.jpg1号温室のメイン展示の球根ベゴニア(Begonia x tuberhybrida)も9割方が咲いて美事だ。今が一番手かからずで美しい時期だ。丹精の甲斐ありということか。シュウカイドウ科で原種はアンデス原産。DSCN6739.jpgDSCN6742.jpgDSCN6745.jpgDSCN6747.jpgDSCN6750.jpg最期はメキシコ原産イワタバコ科のスミシアンサ・オーランティアカ(Smithiantha aurantiaca)。今年は茶色葉の方が元気で花着きが良い。DSCN6744.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント