シャクナゲモドキが咲いて来ましたよ。

都合でここ数日は写真が少なくなります。ゆっくり写真を撮る余裕がなからで、御免なさい。
今日の画像は我が家のシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)ですが、ワニ園の大株も1〜2輪は咲き始めました。本種が咲き始めると河津桜ももうすぐで、春はもうそこまで来ています。我が家の株も大きく成り過ぎて、昨年は1m位の枝をバサバサ切って剪定したのですが、相変わらずビッシリ蕾を付けています。マンサク科で香港原産。DSCN7207.jpgDSCN7205.jpgDSCN7208.jpg
しかしこの冬は異常で、ツバキには殆ど蕾がなく、どうしてしまったのでしょう。暮れ咲きのカンタブリクス(Narcissus cantabricus)系スイセンも同様で、ロミエウキシー(Narcissus romieuxii var.zaianicus)以外は全然咲きません。球根の生育状態は良いし、寒さの害もオキザリス・グラブラ(Oxalis glabra)以外は無いのですが、不思議です。要するに植物は何年やっても奥が深いということです。DSCN7057.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント