オニバスの発芽

オニバス(Euryale ferox)は場合によってはオオオニバスより大きくなる植物だが、我が家では漬け物桶で毎年種子更新して維持している。最初は大きくしようと頑張ったのだが、そうすると葉が桶の外に飛び出して干からびてしまう。そのうち小株でも花を付け最低限の種子も稔らせることがわかったので、それからは自然任せ、要するにほったらかしである。それでも、今年もちゃんと芽を出して、生育準備OKだ。これで大きくしたければ、今のうちに肥沃な土で鉢上げし、個別に管理すれば良い。難しいことはない。本種の花は紫色で可愛らしいので、それを見るためだけでも鉢上げする価値はある。場所がなければ100円バケツでも大丈夫。株元が見えていれば発雷してもすぐ気がつくので見逃すことはない。スイレン科で日本原産。次はもう開花期に入っている熱帯スイレンの紫式部(Nymphaea micrantha hybrid 'Murasaki Shikibu')だ。ベランダに置いて1ヶ月位になるかも知れないが、ようやく生育のサイクルが整ったようだ。芯の開いた上が1日目の花、交配はこの時おこなうのだ。芯の閉じているのが2日目、3日目の花でもう交配はできない。次は6月になって植え替え、1週間で花の咲く予定だったメキシコ産アヤメ科のティグリジャ・メキシカナ(Tigridia mexicana)の鉢だ。毎日土に穴が開いているので、雀の土浴びだと思って、毎日土をならしていた。数日して、新芽が食いちぎられて倒れており、地下の球根を食われていることに気が付いた。多分ごく小型のネズミ、カヤネズミの仕業だと思いあたり、鉢をベランダ下の棚上に移動した。ところが翌日もごく当然のように穴を開けられて、この時点でほぼ全滅したことを覚悟した。先日の休み、これらの鉢をひっくり返してみたら、案の定、球根は1つも出て来ない。食い残された根が僅かにあるだけで、見事に全滅だった。ところが憎たらしいことに、ネズミが食ったのはメキシカナだけで、同じように植えてあったドゥランゲンシス(T.durangensis)やムルティフローラ(T.multiflora)は食われていない。ある面助かったが、何でメキシカナだけなんだよと恨み言も言いたくなる。こんな事は初めてだ。幸い、先日デンパークを訪問した際、関係者2名に球根をお土産にしておいたので絶やさずに済みそうだ。次は温室の中で咲き始めたキョウチクトウ科のアデニウム・オレイフォリウム(Adenium oreifolium)。南ア原産の小型種で、しかも地上の幹は殆ど伸びず、塊根状の根が下へ下へと伸びる変わったタイプのアデニウムだ。我が家では根挿しで殖やした1クローンなので種はできない。兎に角面白い植物だ。最後はいよいよ満開のアジサイ(Hydrangea macrophylla)、ダンスパーティーだ。青味が強くなってしまったが、花型の特徴は良く出ている。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"オニバスの発芽" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント