ティランジアの小品など

気が付いたらティランジアの小品スークレイ(Tillandsia sucrei)のピンクの花が咲いていた。私が肥料をやらないもので、株は年々小さくなってしまうが、それでも健気に花を着けてくれる。ローレンツィアナのアルゲンテア(T.lorentziana var.argentea)も1本咲いていた。これらはブラジル、パラグアイ原産。温室の外ではデウテロコニア・ローレンツィアナ(Deuterokhonia lorentziana)の緑の花が沢山咲いている。これはアルゼンチンだ。先日紹介したプヤ・ラクサ(Puya laxa)の紺色の花も今や満開だ。と言っても長い花序に小さな花がポツンポツンなので、何度撮っても満開のイメージとは程遠い。これはボリビア。逆に豪華な花のプヤ・アルペストリス(P.alpestris)の花序は日に日に大きくなっている。これはチリ。球ベゴの所ではごく小型のアマリリス、ブラジル原産のエイセア・ブルーメナビア(Eithea blumenavia)も咲いて来たが、去年から球根に傷みが見られ、もう20年だから球根の寿命なのだろうか。冬越し中にかなり球が腐ってしまった。こんなの初めてだ。勿論株は群生で20鉢もあったのでなくなりはしないが、今も花はとても少ない。暫くは大事にして株の増殖に努めよう。入口の階段には球根の最後を勤めるフリージア・ラクサ(Freesia laxa)が可愛い花を咲かせている。美しさと繊細さを兼ね備え、小鉢向きにこんな良い素材は他に思い当たらない。それ位素敵な植物だ。最後はクリナムのブルビスペルマム(Crinum bulbispermum)。小花壇の裏に鉢植えで置いてあるのが咲いたのだが、ご覧の様に2日目の花はピンクに変色する、それが本種の特徴だ。以上2種は南アフリカ原産、前者はアヤメ科後者はヒガンバナ科だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"ティランジアの小品など" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント