満開の花

好天続きだった16日、我が家の温室は花のラッシュで凄かった。なかでも珍しかったのはキリンウチワ(Pereskiopsis porteri)の花で、たまたま1個だけ蕾があったのがドンピシャで咲いてくれた。今までは見逃したり、夜帰宅後に見たりしたが、こんな奇麗に開いたのを見るのは初めてだった。この日は有星類も満開で、四角ランポー(Astrophytum myriostigma)、ヘキルリランポー、大鳳玉(A.capricorne)、鳳凰玉、ランポー青般若などがメジロ押し。3株咲いているのはエスコバリア・ヘステリー(Escobaria hesterii)と紅鷹(Thelocactus heterochroms)。次が武者影(T.hexaedrophorus)、ヘステリーの順。ロフォフォラは小型多花性のコエレシアーナ(Lophpphora koeresiana)、最後の黄色は南米物の黄裳丸(Echinopsis aurea)でアルゼンチン原産。他は全てメキシコ原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"満開の花" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント