バックヤードの植物

先日、用があったついでに栽培温室の花を撮ってきた。私にとっては旧知の植物だし、園内に植えていつの間にか消えてしまった植物が、こうして保存してあるというのは有り難いことだ。最初はナス科のジュアヌロア・オウランティアカ(Juanulloa aurantiaca)。珍しい植物で、かつてメキシコのラウーさんが種を送ってくれたものだが、花木温室で駄目になって以来、園内には植えていない。ソランドラに接いだら面白かろうなどと思っているが、何十年来いまだに実践していない。次はシナボウシの仲間でアフリカ原産、クマツヅラ科のホルムスキオルディア・テッテンシス(Holmschioldia tettensis)。紫の奇麗な花だが鉢植えがいいとこで、大きくして飾れるほど旺盛ではない。次はキツネノマゴ科、南アフリカ原産、キツネノマゴ科のルスポリア・ヒポクラテリフォルア(Ruspolia hypocraterifolia)。私が南アの植物学会から種を入れたものだが、やはり鉢植え止まり。花は可愛いが、旺盛に繁るというものでもない。次の紫花は欧州原産、キク科のセントーレア・ジャセア(Cemtaurea jacea)。当初ブラジルから入ったもので、名前の調べがつかず苦労したが、分かってみればポピュラーな植物。ヤグルマギクの類だ。花木温室にも植えてあったが、いつの間にか見えなくなった。次は大型の花のサンダンカ、マダガスカル原産、アカネ科のイクソラ・オドラータ(Ixora odorata)。これはオオオニバスの横に沢山植わっているが、鉢植えでも花付きが良いので、飾り用に仕立てている。次は先に記事にした赤いリプサリス(Pseudorhipsalis ramulosa)、分園入り口に吊って飾ってあるが、既に次代の苗が旺盛に育っている。白花はキョウチクトウ科のマンデビラのボリビエンシス(Mandevilla boliviensis)。今は本属で華やかな園芸種が沢山出回っているので、こんな地味な原種は出番がない。ピンクはトケイソウ園芸品種(Passiflora)。以前は何種もトケイソウの類を温室に植えていたが、今なみんななくなってしまった。最後は売店用の黄金花月(Crassula ovata)。金の成る木として知られる花月は、売店の売れ筋商品なので、こうして苗を養成しているのだ。南アフリカ原産でベンケイソウ科。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"バックヤードの植物" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント