満開の朝顔、イオナンタなど

今日は1号温室入り口の頭上に繁っているアサガオ、イポメア・ランビー(Ipomoea lambii)が満開だった。ちょうど10輪だ。昨年は育苗に失敗してろくに咲かなかったが、今年は絶好調だ。エアプランツのコーナーではイオナンタ(Tillandsia ionantha)の群生が赤く色付いて良く咲いている。やはりイオナンタが咲くと華やかでいい。通路上に吊ったドゥラティー(T.duratii)もずっと咲いている。以上3種はメキシコ原産。棚の上ではブラジル原産のフリーセア・サウンデルシー(Vriesea saundersii)がもうすぐ開花だろう。同じく赤い花序のピトカイルニア・オリバエステバエ(Pitcairnia oliva-estevae)も明日あたりから咲きそうだが、夕方、花序に黒いものが見えるので良く見たらアブラムシだった。慌てて薬をかけたが、こぼれ種で生えていたマダガスカルのハイビスカスにアブラムシがいて移ったらしい。まったく油断もすきもありゃしない。これはエクアドル原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"満開の朝顔、イオナンタなど" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント