満開のクリスマスローズなど

中庭ではクリスマスローズ(Helleborus orientalis)が満開だ。ご覧の通りビッシリと咲いている。その次は赤紫花の品種マダム・ラモニエ(H.orientaris 'Madame Lemonier')で、数日前友の会の会員ハマウツボさんが寄贈して下さったもの。当園が緑っぽい花ばかりなので寄贈して下さったらしく、感謝。キンポウゲ科でヨーロッパ原産。次も土手で咲いているシラユキゲシ(Eomecon chionantha)だ。年々分布を広げ、クリスマスローズとスペースを二分する勢いで繁茂している。こちらはケシ科で中国原産。この頭上ではシャクナゲモドキが満開だが、もう散り始めた花弁で芝生はピンクに染まり、そこでモラエア・オクロリューカ(Moraea ochroleuca)が1輪咲き始めた。芝生の縁に植えたのだが、こぼれ種が芝生の中で育ち開花株になったということ。南アフリカ原産でアヤメ科だ。その横では昔植えたユーフォルビア・シパリッシアス(Euphorbia cyparissias)の実生苗が咲き始めた。絶えたと思うと、また出て来るしぶとい植物だ。トウダイグサ科でヨーロッパ原産。鳥小屋の正面では早咲きの水仙、テータティート(Narcissus'Tete-a-tete')やアイスフォーリス(N.'Ice Fallis')が咲き始めた。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"満開のクリスマスローズなど" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント