アジサイ、スイカズラ、テイカカズラなど

我が家では今露地植えのアジサイ・ダンスパーティー(Hydrangea macrophylla hybrid 'Dance Party')が見頃だ。ダンスパーティーは促成のピンク花が定番で、実際一番奇麗に見えると思うが、こうして露地で育てても見事なものだ。階段の横ではスイカズラ(Lonicera japonica)とテイカカズラ(Trachelospermum jasminoides)が2段重ねに咲いていて良く香ること。それだけで幸せな気分になれる。スイカズラ科とキョウチクトウ科だ。温室の横では私がパラグアイから持ち帰ったクリーム花のハナチョウジ(Russelia equisetiformis)が咲いているが、時々基本色の緋色が混じって、とても目立つ。ゴマノハグサ科でメキシコ原産。温室の中ではベンケイソウ科のタキトゥス・ベルス(Tacitus bellus)が奇麗に咲いている。この温室は刺物用に高温管理しているので、ベンケイソウ科の多肉には苛酷な環境だが、ずっと我慢していきていてくれる健気な植物だ。亡くなった知人、メキシコのラウー氏が発見した新属新種、想い出の植物だけに無くしたくはない。ブラジル原産でスベリヒユ科のポーチュラカ・ウエルデルマニー(Portulaca werdermannii)も満開だった。最後は花芽が大きく成ってきた奇想天外(Welwitschia mirabilis)。南アフリカ原産、キソウテンガイ科の裸子植物で1科1属1種の珍品。手前の株は、今年こそ花が咲くと期待していたのだが、春先根腐れ気味になって、花芽は駄目になり、生育にも段が着いてしまった。色の青い部分が新たに育った部分で、それでも10cm位は伸びていて今は元気だ。。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"アジサイ、スイカズラ、テイカカズラなど" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント