オシロイバナなど

我が家の庭で、あっという間にオシロイバナ(Mirabilis jalapa)が満開になった。メキシコ原産でオシロイバナ科の宿根草。根は小さいニンジン様で、これで越冬する。我が家には黄花系大輪大型タイプと赤系のフタエオシロイバナ(Mirabilis jalapa var.dichlamydomorpha)がある。フタエは要するに八重のオシロイバナということで、苞も色付いて八重花になっているのだ。花は小振りだが丈夫で良く殖え、我が家の庭では雑草化して持て余している。黄花の方は知人に種をいただいたもので、大型に成り花も大きく見事である。なおこのフタエオシロイバナは牧野富太郎先生の命名なのだ。DSCF5549.jpgDSCF5564.jpgDSCF5547.jpgDSCF5551.jpgDSCF5553.jpgDSCF5555.jpgDSCF5560.jpgDSCF5561.jpgDSCF5557.jpgこの日はもう1つ夜咲きの花でティグリジャに近縁のエレウテリネ・プリカータ(Eleuterine plicata)が咲いていた。ブラジル原産のアヤメ科小球根で、可愛らしい花だが、ちょっと作りにくさがあるようだ。DSCF5565.jpgDSCF5568.jpg

"オシロイバナなど" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント