カカオ、ストロベリーグワバなど

果樹温室ではカカオ(Theobroma cacao)の花が満開だ。とは言っても直径1cm程の小さな花なので、注意しないと見逃してしまう。早くも小さなカカオが付いている枝もあり、これから一気に果実が増えるだろう。アマゾン原産で今はアオイ科に分類される。DSCF7194.jpgDSCF7196.jpg次はミカン科のシロサポーテ(asimiloa edulis)。今年は豊作だが、なかなか美味しく熟さない果樹なので、今年こそは上手く完熟させて美味しい実を食べてみたいものだが、なかなか難しい注文だ。柔らかくなったと思ったらたちまちグズグズになってしまうし、枝から落ちてベッチャとなってしまう。そんな実でも余り美味しいと感じたことはない。メキシコ原産。DSCF7197.jpg次はバナナ温室裏のフェンス沿いに植えてあるストロベリーグワバ(Psidium cattleyanum)とキミノバンジロウ。前者の方が小さく、びっしり成っているが、余程完熟させないと酸味が強くて甘味に勝ってしまう。味としては実が倍位大きい黄実のキミノバンジロウの方が美味しいが、昨日味見したらこれも酸味が強くて今一だった。本当に落ちる直前まで樹上で完熟させる必要がありそうだ。フトモモ科でブラジル原産。そんなこんなで全然収穫しないもので、1週間もすると木の下は落ちた実の山となる。DSCF7222.jpgDSCF7219.jpgDSCF7217.jpgDSCF7225.jpgDSCF7223.jpgバナナ温室では台湾バナナ「仙人蕉」(Musa acuminata 'Senninsho')の房が多く、ご覧の通り。今年は非常に順調だったのだが、先の台風で天窓が漏電し、猛暑の2日間天窓を開けられなかったので、上の方の葉が手ひどく日焼けしてしまった。ここに来て枯れた葉先などを切っているが、葉が半分駄目な株も多く、困ったものだ。最後はタイの小型バナナでクルアイ・ナムワー・コーム(Musa x paradisiaca 'Kluai Namwa Khom')。小型ビルマバナナとラベルを着けてあるが、非常に強健で生育旺盛、次から次から、周年実をぶら下げている印象がある。系統的にはバルビシアーナの血が濃いABBである。DSCF7107.jpgDSCF7110.jpg

"カカオ、ストロベリーグワバなど" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント