コピアポアの秋

低気圧の影響で大荒れの今日、日射しもなくて温室の花はまだ5分咲きだが、他の写真もないので、今日はこれで紹介する。先ずは南米物の雄、黒王丸(Copiapoa cinerea)。サボテン趣味家なら誰もが大小の株が不毛の砂漠に累々と横たわる本種の自生地風景に感動し、あんな姿を再現したいものだと栽培に血道を上げる。私も例外ではない、刺物専門で南米物には殆ど手を出さない私だが、黒王丸だけは別だ。種を注文する度に本種の種だけは頼み、何度も実生を繰り返してはキリンウチワに接ぎ、イメージに近い植物を目指した。その1株が直径10cm近くになり、この春から花を着け始めたのには驚いた。そして秋になって咲いた最初の花がこれだ。まだ開き切っていないが、まさにコピアポアの花そのものだ。株の姿は思い描く黒王丸のそれではないが、咲いてくれたのは何にも増して嬉しいものだ。来年以降、他の株も咲いて来るのではないかと夢を持たせてくれるから余計嬉しいのだ。次は同じコピアポアでも小型で花付きの良いエスメラルダナ(C.esmeraldana)、そして最小型種のコピアポア・ラウーイ(C.laui)も咲いているから、この時期がコピアポアの花期なのであろう。DSCF7471.jpgDSCF7477.jpgDSCF7480.jpg次は同じ南米物のマツカナ・マジソニオルム(Matucana madisoniorum)の白花タイプ。我が家では基本種の緋色花では無く白花株が多いのは自家採種種子を蒔き直したからで、白花は固定している。南米物ではアロハドア・ナナ(Arrojadoa nana)も良く咲いている。前種マツカナ同様、年に4回も5回も咲いてくれて嬉しい植物だ。DSCF7469.jpgDSCF7468.jpgDSCF7482.jpg北米物では久し振りに光山(Leuchtenbergia principis)が咲き、常連のエスコバリア・ヘステリー(Escobaria hesteri)がまた咲いている。DSCF7473.jpgDSCF7478.jpgキョウチクトウ科、南アフリカ原産のアデニウム・オレイフォリウム(Adenium oleifolium)も相変わらず満開だ。棚下の通路ではツユクサ科のトラデスカンティア・シラモンタナ(Tradescantia sillamontana)、和名:白雪姫が咲いている。私のメキシコでの恩師、松田先生の記載種だけに思い入れは多い。勿論メキシコ原産。DSCF7484.jpgDSCF7486.jpg

"コピアポアの秋" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント