花が増える

先日、もう涼しくなるだろうと秋一の潅水をしたら、また暑くなって参ってしまった。それでも水を吸って花が多くなったようだ。最初は定番のエスコバリア・ヘステリー(Escobaria hesterii)年に10回位この満開を繰り返してくれそうな雰囲気だ。DSCN7552.jpg次はロフォフォラのコエレシアーナ(Lophophora koehresiana)、象牙丸2タイプ(Coryphantha elephantidens)、武者影(Thelocactus hexaedrophorus)、白刺玉(T.leucacanthus)、マミのブーリー(Mammillaria boolii)、アストロフィッツム・カプトメドゥーサエ(Astrophytum capto-medusae)。以上は全てメキシコのサボテン。DSCN7556.jpgDSCN7564.jpgDSCN7553.jpgDSCN7557.jpgDSCN7565.jpgDSCN7560.jpgDSCN7572.jpgそして夜にはブラジル原産、ディスコカクタスの小型種ブエネッケリー(Discocactus buenekeri)とカリフォルニア半島原産、ペニオセレウス・ストリアータス(Peniocereus striatus)。ディスコは夜の12時過ぎでも開き切れず、この有様。多分花が多すぎて開けなかったのだろう。DSCN7573.jpgDSCN7578.jpgDSCN7576.jpgDSCN7579.jpg

"花が増える" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント