黄花クンシラン登場

栽培温室担当者の18番、黄花クンシラン(Clivia miniata 'Aurea')が咲き始めて、1号温室とパパイヤ温室に並べ始めた。豪華な仕立てで2枚目画像では1鉢で4本花が立っている。4枚目、5枚目の株は広弁でコンパクトなタイプ。株それぞれに特徴があっていい。これから1ヶ月以上、次から次から鉢が搬入されて、温室を彩ってくれるはずだ。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN3115.jpgDSCN3117.jpgDSCN3120.jpgDSCN3121.jpgDSCN3123.jpgその頭上では地味なリプサリスが咲いている。最初は小茎節の黄梅(Rhipsalis rhombea)、そして瓶状茎節の猿恋葦(Hatiola salicornioides)、コンブ状で赤紫の蕾を着けるディソカクタス・アマゾニクス(Disocactus amazonicus ssp.panamensis=Pseudorhipsalis amazonica ssp.panamensis)。最後のアマゾンクスはこれから一斉に蕾が出て、一帯をカラフルに彩ってくれるはずだ。アマゾン原産だが、これは花の大きい亜種のパナメンシス。だから原産地はパナマだ。DSCN3125.jpgDSCN3128.jpgDSCN3132.jpgDSCN3134.jpgDSCN3136.jpg入口天井ではイポメア・ランビー(Ipomoea lambii)が咲いているが、ここ数年、花が天窓まで登ってしまい、見難いのが欠点。仕立て方1つだが、どうもうまくいかない。ヒルガオ科でメキシコ原産。DSCN3154.jpgDSCN3157.jpg

"黄花クンシラン登場" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント