満開のサボテンはいいね!

我が家で刺物を中心に花が多い。昨日は稲取で31℃だそうで、昼にはもうマツカナやロビビアの花はくたくた。今年唯一奇麗に撮れたのが今朝の画像で、エキノプシス・ハエマタンサ変種レブチオイデス(Echinopsis haematantha var.rebutioides)だ。これまでも5〜6回咲いたのだが、朝では開いていないし、昼では萎びているしで、全然撮れなかったのだ。去年、一昨年は1株で20輪、30輪の開花画像が撮れ、それは見事だった。ボリビア・アルゼンチン原産。DSCN7882.jpgDSCN7880.jpg次はパラグアイから来た青王丸変種(Parodia ottonis var.)と天賜玉(Gymnocalycium pflanzii)。ともに直径2cm位の小苗を当時パラグアイに移住していた小山さんのお土産でいただいたもの。30年もしてこんな立派になった。DSCN7842.jpgDSCN7866.jpgDSCN7848.jpgDSCN7851.jpgDSCN7850.jpg他は北米もので、ごく小型のエスコバリア・ミニマ(Escobaria minima)。2号鉢で実に可愛らしい。次は美花の代表、神竜玉(Echinocactus parryi)、2株で4輪咲いていた。柿﨑さんの形見の鯱頭(Ferocactus acanthodes)も1番花が咲いた。ピンクの太平丸(E.horizonthalonius)は交代で咲いている。DSCN7823.jpgDSCN7853.jpgDSCN7863.jpgDSCN7861.jpgDSCN7827.jpgDSCN7830.jpgDSCN7845.jpg太陽のルービスピヌス(Echinocereus rubispinus)や銀紐タイプのエキノケレウス・リューカンサス(E.leucanthus)やマミの金星(Mammillaria longimamma)も豪華に咲いている。金星など普及種中の普及種だが満開時は見事なものだ。これらは全てメキシコ原産。DSCN7843.jpgDSCN7857.jpgDSCN7840.jpgDSCN7837.jpg

"満開のサボテンはいいね!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント