ディエテスが満開。サルノシッポは108輪

分園駐車場の縁でディエテス2種が満開だ。白い大輪花はグランディフローラ(Dietes grandiflora)で、花着きも抜群。黄色はビカラー(D.bicolor)で、花は小振りで輪数も少ないが、同時に咲いて、好一対だ。南アフリカ原産でアヤメ科だ。DSCN8776.jpgDSCN8778.jpgDSCN8774.jpgDSCN8771.jpgDSCN8779.jpgDSCN8783.jpgDSCN8785.jpgDSCN8782.jpgアヤメ科繋がりで、我が家では植え付けて10日余りで咲き始めたエレウテリネ・プリカータ(Eleutherine plicata)がある。夜咲きなので中々、撮影のチャンスがないのだが、この日は夕方に写真が撮れた。熱帯アメリカ原産、ティグリジャに近縁の小球根。DSCN8848.jpgDSCN8845.jpg最後は昨日紹介したサルノシッポ(Hildewintera colademononis)昨日は60輪だったが、今日は108輪でお見事。ボリビア原産でサボテン科だ。DSCN8858.jpgDSCN8865.jpgDSCN8861.jpgDSCN8863.jpg

"ディエテスが満開。サルノシッポは108輪" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント