ティランジア・アンドレアナ咲く

気が付いたらティランジアの所でアンドレアナ(Tillandsia andreana)が咲き出した。これからうんと花数が増えるだろうが、楽しみなことだ。コロンビア原産。メキシコ原産のエーレルシアナ(T.ehlersiana)も満開だが、株が立派なので、花数も多く見事。DSCN9271.jpgDSCN9166.jpgDSCN9164.jpgその近くでは木の葉サボテンのペレスキア・ブレオ(Pereskia bleo)の1番花が咲いた。先般本種の種を播いたが、発芽の気配がなく残念。DSCN9276.jpgDSCN9274.jpg反対側ではショウガ科、東南アジア原産のケンフェリア・ロスコエアナ(Kaempferia roscoeana)とフクジンソウ科のコスタス・スペクタビリス(Costus spectabilis)が咲いている。前者は葉の色との対比が美しく、アフリカ原産の後者は大きなロゼット様の葉の中心に咲き美事。DSCN9278.jpgDSCN9281.jpgイワタバコ科のグロキシニア・ブロケードミックス(Sinningia speciosa 'Brocade Mix')も良く咲いている。昨年挿し木して殖やした株がちゃんと咲いてくれた。紫は一重のシンニンギア・スペシオサ(S.speciosa )の原種近いタイプ。どちらも球根が老化して、休眠中に腐るので、適宜株の更新が必要だ。原産地はブラジル。DSCN9282.jpgDSCN9284.jpgDSCN9286.jpg屋外では寄せ植えの多肉が良く咲いている。最初はエケベリアの金晃星(Echeveria pulbinata)だろうか。次は斑入りのアプテニア(Aptenia cordifolia)、セダムの斑入り(Sedum)など。DSCN9374.jpgDSCN9377.jpgDSCN9349.jpgDSCN9347.jpgDSCN9345.jpg私の作った交配種グラプトベリアのチェリー・プリンセス(Graptoveria 'Cerry Princess')が休み明けに出て来たら飾ってあって驚かされた。DSCN9372.jpgDSCN9370.jpg最後は可愛らしいミニトマトの鉢物。今年ようやくうまく行ったと担当者の弁。DSCN9363.jpgDSCN9361.jpg

"ティランジア・アンドレアナ咲く" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント