イズーにて

昨日は、種の保存会議に先立ち、現状把握のためイズーを見学に行ってきた。ヘビ、トカゲ、ワニは嫌って程いるが、驚いたのは屋外の植栽で、ベルティナバナナ(Musa veltina)が見事に実っていて奇麗な事。あっちこっちに大株があってどこもピンクのバナナが大豊作。イヤー、参ったな。叶わないなというのが正直な感想。ワニ園ではベルティナバナナの相性が悪く、ちっとも育たないのだ。バショウ科でアッサム原産。DSCN3260.jpgDSCN3258.jpgDSCN3256.jpgDSCN3296.jpgDSCN3295.jpgDSCN3293.jpg更に驚いたのは世界の珍木、オーストラリアのウォレミ松(Wollemia nobilis)が2株見事に育って偉容を誇っていたのである。2年前には見なかった気がするが、その後導入したのだろうか。当園では私がタイ国出張中に、15号鉢に植えた株が、水切れで枯れてしまい、こんなショックなことはなかった。植え替え直後だったのに、潅水の死角に置いてあったのだ。植物園協会の総会で参加園にプレゼントされた株で、広島植物園では見事に育っていた。ナンヨウスギ科でオーストラリア原産。DSCN3289.jpgDSCN3291.jpgDSCN3275.jpgさらにもう一つ、クワズイモ(Alocasia macrorrhiza)が見事に育ち、赤い実を沢山付けてとても奇麗だったのだ。別に珍しい植物ではないが、大株にすればこうなるのかと感心した次第。サトイモ科で熱帯アジア原産。ということで、動物よりも植物に感心して帰ってきたのだ。DSCN3271.jpgDSCN3272.jpgDSCN3273.jpg

"イズーにて" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント