春の花が次々と

我が家のリビングでは昨年購入した和蘭の初音(Cymbidium hybrid 'Hatsune')が咲いている。昨年ガーデンセンターでその素晴らしい香りに感激し、衝動買いしたもの。ところが我が家では温度不足か、私の在宅時には余り香らず、残念。ベランダでは本物のクリスマス・ローズのヘレボルス・ニゲル(Helleborus niger)が咲…
コメント:0

続きを読むread more

パパイヤあれこれ

黄色い鈴生りのパパイヤ(Carica papaya)が一際目立つパパイヤ温室、ブラジル原産の原種のカリカ・ケルシフォリア(C.quercifolia)の縞々の実も熟してきた。木はやたら元気なのだが、果実は指先1関節程の大きさで、グミの親分みたいものだ。画像の3枚目が普通のパパイヤの結実風景もう1つ原種でユカタン半島に自生するカリカ・メキ…
コメント:0

続きを読むread more

マミラリアの花

カンザクラが咲き、沿線のカワヅザクラも一気に色付いて来た今日この頃、我が家の温室では可愛らしいマミラリアの花が増えてきた。先ずはカルメナエ(Mammillaria carmenae)で、今黄色の基本種、ピンク大輪系、やや白っぽいタイプが咲いている。本種は花期が長く、本当に良い品種だと思う。大きな株はもう4号鉢一杯のサイズだが、本種は直径…
コメント:0

続きを読むread more

ユークロシア、プヤ、ティランジア

開花中のユークロシア・ミラビリス(Eucrosia mirabilis)が見頃になって来た。雄しべだけが発達した花で、その雄しべがシャワーのように垂れ下がるというユニークな花だ。球根はテニスボール大で、もっと大きく成るようだが、このサイズになると子株も出して群生を始める。必ずしも毎年咲くようではないみたいだが、葉が無くなると花芽が出て来…
コメント:0

続きを読むread more

我が家のツバキ

庭で,ちょっと見ない間に菊花茶(Camellia grijsii)が満開に成っていた。今年は蕾が少ないなと思って見ていたのだが、咲いてみれば結構賑やかだ。隣に植えてある、赤一重の紺屋小町(C.japonica 'Koya Komachi')は蕾が少なく、枝ばかりが伸びている。これは名古屋椿協会会長の前田さんが、氏の好きなベスト・レッドだ…
コメント:0

続きを読むread more

オキザリスの大群落

昨日は休みだったので、園からの帰りに片瀬白田駅の線路土手のオキザリス・ペスーカプラエ(Oxalis pes-caprae)の大群落を見て来た。昨年、撮ったことを思い出し、道を迂回して寄ってみたのだ。何とも想像以上の見事さで、立派なオキザリス花壇である。伊豆だから可能なのかも知れないが、こんな安上がりで見事な花壇は滅多にないだろう。その近…
コメント:0

続きを読むread more

ザミアの収穫、ユークロシアの花など

昨日、売店前の温室でザミア・ニューロフィリディア(Zamia neurophyllidia)の果実が赤くなっていたので2果収穫した。せっせと交配して沢山種を穫りたかったのだが、今年も10粒にも届かないみたいだ。ザミアは若いうちから花が咲くが、種子を得るのは案外難しいソテツだ。ザミア属は10種位は毎年雌雄の球果を見るが、自然に結実する例は…
コメント:0

続きを読むread more

カンザクラだ満開に

分園第2駐車場のカンザクラ(Prunus kanzakura)が満開になって今が見頃だ。つい先だって咲き始めたと思ったら,暖かい陽気 に後押しされて、一気に咲いてしまった。2月から桜祭りが始まる河津桜(Prunus hybrid 'Kawazu Zakura')もこれで一気に花が進むだろう。当園の河津桜もチラホラ咲いており、アップの2…
コメント:0

続きを読むread more

ベランダの花など

ここの所、休みの日に好天が少ないので、ベランダのオキザリスも蕾を見るばかりだったが、昨日は幾らか開いていて、何とか写真を撮った。最初は白弁紅覆輪のバーシカラー(Oxalis versicolor)、非常に繁殖が良いので鉢もギュウギュウだが、これで満開になれば見事だろう。黄花のマンジャナ(Oxalis 'Manjana')も久し振りに開い…
コメント:0

続きを読むread more

エビや緋冠竜など

花が無いので、奇麗な刺のエビ、エキノセレウスの各種を紹介する。最初は赤刺のルービスピヌス(Echinocereus rubispinus)と白刺の錦照蝦(E.fitchii)。紅白で目出たい感じで良い。次の3本寄せはルービスピヌスの白花とされるW.K.ベイゼル(E.rubispinus 'W.K.Beisel')だが、昨年1輪咲いたのは…
コメント:0

続きを読むread more

黄色いツバキ咲く

分園中庭、鳥舎の角で黄色いツバキ、黄調(Camellia nitidissima hybrid 'Kicho')と初黄(C.nitidissima hybrid 'Shoko')が咲き始めた。黄調は水を吸って一気に開いたので奇麗な花だが、3、4枚目初黄はどれも弁端が傷んでアップに耐えない。その近くでは太郎冠者(C.hybrid 'Tar…
コメント:0

続きを読むread more

カランコエとフブキバナ

バナナ温室出口とパパイヤ温室入り口にカランコエが飾られて久しいが、ようやく花が多くなり見頃になって来た。2品種植わっていて、立ち性で赤い花がカランコエ・マンギニーのミラベラ(Kalanchoe manginii 'Milla bella')、オレンジで吊り下がって咲くのがマンギニー・サンライズ(K.manginii 'Sunrise')…
コメント:0

続きを読むread more

刺物など

正月明けでまだ花が少なく、今日は刺物などの紹介。最初は今年、特に力を入れて管理したい柿﨑さん形見の金冠竜(Ferocactus chrysacanthus)だ。氏の晩年、無理を言って種を採ってもらった最優系の金冠竜で、今年から5号鉢サイズだ。今後、私の理想としては大鉢に仕立てた刺物の標本株を並べて、なるべく鉢数を減らし管理の楽なようにと…
コメント:0

続きを読むread more

菊花茶など

気付かないうちに庭の菊花茶(Camellia grijsii)が見頃になってきた。ツバキらしからぬツバキだが、花付きは良いし、上品だし、私の好みだ。針葉樹のようにひょろと高く育つので、花がどうしても高い所に集まってしまい、年々撮影が面倒になるのは仕方ないか。中国原産、ロウバイ科のソシンロウバイ(Chimonanthus praecox …
コメント:0

続きを読むread more

アンドロシンビウムとシャクナゲモドキ

ここに来てアンドロシンビウム(Androcymbium capense)の白い苞が目立って来たので1鉢をリビングに取り込んだら1日でこの通り。本種は暖かい部屋に置くと,一気に苞が育つことは認識していたが、僅か1日でベランダとこれだけ差がつくとは驚きだった。南アフリカ原産でイヌサフラン科の球根植物。ベランダの横に植えて有るシャクナゲモドキ…
コメント:0

続きを読むread more

スイセンなど

我が家のベランダでカンタブリクス系のペチコートスイセン、ナルシッサス・ロミエウキシー変種ザイアニクス(Narcissus romieuxii var.zaianicus)が満開だ。見事に花が揃って咲き、類似品種では見られないような豪華さだ。スイセン、プランターでは同じ白花のナイロン(Narcissus hybrid 'Nylon')が咲…
コメント:0

続きを読むread more

ツバキとハルサザンカ

しばらく休めなかった間にツバキがだいぶ咲いて来た。昨晩も雨で、ツバキが水を上げて瑞々しい花が咲いている。最初は一重の銘花「婆の木」だ(Camellia japonica 'Ba-no-ki')。花の姿が整っていて、とても素敵な花だ。次は百合絞り(C.japonica 'Yuri-shibori')。これも長筒で紅白の目出たい花で私の好み…
コメント:0

続きを読むread more

リンゼイの花など

正月10日間も休めない間にフェロのリンゼイ(Ferocactus lindsayi)が咲いた。これはキリンウチワ接ぎで育てた株で、種は長野の故柿﨑さんからのもの。そもそも刺物名人柿﨑さんとのなれそめは、リンゼイの種を採るべく、平尾さんの紹介で花粉交換したのが始まりだ。何度やってもうまく行かず、結局柿﨑さんが、別口の花粉で採種に成功し、そ…
コメント:0

続きを読むread more

スイセン、カンザクラ、球ベゴの催芽

今年は暖冬の割にスイセン(ニホンスイセン:Narcissus tazetta var.chinensis)やカンザクラ(Prunus kanzakura)の咲き出しが遅く、例年より2週間位遅い気がする。それでもカンザクラは咲き始めれば一気で、1週間もすれば見頃になるだろう。スイセンも正月はやけに花が少ない年だなと思っていたのだが、要は蕾…
コメント:0

続きを読むread more

球根ベゴニアとスミシアンサなど

球根ベゴニアの花が今やピークを迎え、そろそろ下葉が黄ばんだり、1番花が傷んだりして、手がかかるようになって来た。そろそろ2番手をということで、今日冷蔵庫から冷蔵していた次の球根を取りだし催芽にかかった。今催芽しても咲くのは2ヶ月後だから、むしろ遅い位だ。球ベゴの横にはメキシコ原産、イワタバコ科の秋植え球根スミシアンサ・オーランティアカ(…
コメント:0

続きを読むread more