アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
満開のカンザクラ、ソシンロウバイ、フブキバナ
満開のカンザクラ、ソシンロウバイ、フブキバナ −2℃と厳しい冷え込みの続いた熱川だが、一度勢いのついたカンザクラの花は止まる所を知らず、早くも満開だ。今日は静かな青空に映えて美しいこと。お客様もほとんどの方が案内に従ってサクラ見物をして下さり、大いに好評だ。そうだよね−!今時期、こんな見事に咲いた桜を見ようったって、あるわけないもんね。長年ワニ園で本種の開花を見て来た私でも驚く程見事なのだから、見なきゃ損だよね。また中庭鳥舎前のソシンロウバイ(Chimonanthus praecox'Concolor')も今が満開、青空に映えて黄色も濃く見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/17 18:53
白いサボテン
白いサボテン 先日白刺金鯱を紹介したが、いよいよネタ不足で、今日は白いサボテンを撮ってきた。仕事中忙しくてゆっくり写真もとれないし、題材も少ないので、自宅ネタでご勘弁を。先ずはランポー玉チュ−レンセ(Astrophytum myriostigma 'Tulense')の大株。これはキリンウチワで仕立てたが、見事な群生株になって、温室でも一際目立つ存在だ。次は3角ランポーの大株。5号鉢からはみ出す程の大きさだが、ここに来て増稜の気配があり、せっかくここまで大きくしたのに残念な結果になりつつある。3枚目はマミラリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/16 10:59
アレンジメント体験
アレンジメント体験 分園展示室で行っている、エアープランツのアレンジメント体験、要は流木にエアープランツとかわいいフィギアを飾って作るのだが、これがなかなかおしゃれで可愛らしい。私のように頭の固くなった年配者には出て来ない発想で、これならリビングに飾ってもいいなと思わせる雰囲気がある。展示用の大飾りとフィギアを使ったサンプルの画像をお見せするが、なかなか可愛いでしょ。ところで今日はティランジアのある1号温室で、午前と午後2回ティランジア講座「エアープランツてなあに?」を行った。初回の昨日は私が緊張していてしどろもど... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/15 19:35
早春の花めぐり開幕
早春の花めぐり開幕 昨年末のレサパン祭りに続いてイベントの第二弾、「早春の花めぐり 〜美しき花の共演〜が本日からスタートした。今や満開のカンザクラを皆さんに楽しんでいただこうということで、勿論サクラに併せて園内各所で咲いている花も一緒に楽しんでいただこうという企画。本園のブロメリア温室にはカンザクラの大枝を飾り、分園の売店や展示室にもサクラを飾り付けた。本園ではツバキの写真パネルと切り花の展示、熱帯スイレン温室ではスイレン講座、私のいる分園ではエアープランツのアレンジメント体験や「エアープランツてなあに?」というテ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/14 18:40
白さにこだわる
白さにこだわる 我が家のディッキア・マルニエールラポストーレイ(Dyckia marnier-lapostollei)はとにかく綺麗だ。今の時期陽光を浴びると眩しいほど白さが際立つ。これに最近、同じように真っ白で1/3サイズのディッキアが加わった。写真の5、6枚目だ。多分ディッキア・リンデバルダエ(D.lindevaldae)だと思うが、これも私の感性にピッタリで、いませっせと殖やしている。本種は元々ブロメリア協会の矢部さんにいただいたものだが、来た時はエンコリリウムの名前だったと思う。マルニエールラポストーレ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/13 10:12
休みが好天に恵まれ幸せな一時!
休みが好天に恵まれ幸せな一時! 昨日の休みは好天に恵まれ、久し振りに温室の中でのんびりした。最初の画像は光が燦々と降り注ぎ、春のような暖かさに満たされた温室風景だ。見ただけで暖かさを感じるような1ショットだと思う。次は陽気に誘われてあれこれ咲き始めたマミラリアの各種、白星(Mammillaria plumosa)、玉翁(M.hahniana)、カルメナエ(M.carmenae)、花月丸(M.schmollii)、大福丸(M.perbella)、サンチェスメホラダエ(M.sanchezmejoradae)だ。以上はみんなメキシコ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/12 20:30
花祭りを前に
花祭りを前に この1月14日から開催される早春の花祭りを前に、祭りのメインであるカンザクラが見事に咲き揃ってきた。今年は暮れのうちからちらほら咲いていたのだが、正月の春陽気に後押しされて一気に咲き進み、もう5分咲きに近い感じで見事なものだ。今日は青空に映え、とても良い状態で写真も撮れた。この次のメインになるシャクナゲモドキに関しては、分園の株はまだ硬い蕾だが、我が家の株は例年1〜2週間早いので、よく確認してみたところ、もう赤い色が見える蕾があり、あと1週間もしたら咲いて来るだろう。前後して河津桜も咲いてくるは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/11 10:30
エアプランツもぼちぼち
エアプランツもぼちぼち 正月も終わり、外ではカンザクラも咲き揃う季節となり、温室のエアプランツことティランジアも花数が増えて来たようだ。何と言ってもこの時期目立つのは花の出たブルボーサ(Tillandsia bulbosa)で、特に当園の大型タイプはボリュームがあって迫力十分。普通タイプの4倍位の体積があり、これが赤い鮮やかな花序を出してズラッと並んでいると壮観だ。次の1頭立ちは小さいがイオナンタとセレリアナの交配種(T.ionantha x seleriana)だ。大きさはイオナンタと大差ないので、大型のセレリアナの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/10 18:51
白い多肉が絶好調 Part2
白い多肉が絶好調 Part2 苦しい時の多肉頼りではないが、今の時期は窓辺の白い多肉が絶好調なのでつい紹介(自慢?)したくなる。今日の画像はダドレヤ・プーベルレンタ(Dudleya pulverulenta)から。仙女盃、アントニー、プーベルレンタは姿形が良く似ていて、苗木で区別するのは難しいかも知れない。しかし性質は随分違っていて、プーベルレンタが一番気難しくて育て難いし、生育も遅い。今でこそ生育の真っ最中でとても元気だが、休眠期には株がうんと小さくなってしまい、枯れるのを心配する程だった。多分3種のうちで一番北方に分布し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 18:54
スミシアンサ・オーランティアカ
スミシアンサ・オーランティアカ 今、分園1号温室、球根ベゴニアの後の棚ではメキシコ原産のイワタバコ科の球根植物スミシアンサ・オーランティアカ(Smithiantha aurantiaca)が見頃を迎えた。昨年の夏、球根ベゴニアがいつまでも元気だったので、他のイワタバコ科の展示植物の育苗が遅れ、スミシアンサを大量に鉢上げして場所ふさぎに使っていたのだが、それがどれも元気に大きくなって、近年にない咲き様なのだ。花期が1ヶ月以上遅れるスミシアンサ・ラウーイ(S.laui)も珍品だが、どれも大株になってしまい、持て余す程の育ち具合だ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/08 20:46
白い多肉が絶好調
白い多肉が絶好調 研究室の窓辺の白い多肉、ポカポカ陽気の年末年始のおかげか、前の晩に水をやったら正に元気一杯。神々しい程の白さで、驚く程の美しさだ。先ず全景、そして奥半分の画像と続くが、どれも生き生きして綺麗でしょ。先ず仙女盃(Dudleya brittonii)の親株、直径30cm近い株だ。次がその子供で特に葉幅が広くガッチリしたタイプ。直径20cmだ。次は良く似ているがより大型になるダドレヤ・アントニー(D.anthonyi)。これが22〜23cm。最後がダドレヤ・パキフィツム(D.pachyphytum)で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/07 20:16
ランが見頃に
ランが見頃に 分園1号温室の奥、アンスリウムの反対側にコチョウラン(Phalaenopsis)やパフィオペディルム(Paphiopedilum)が置いてあるが、どれも良く咲いて見頃になってきた。やはりランの花があると華やかでいい物だ。最初がコチョウラン、ついで落葉性のエビネ、カランテ(Calanthe)の園芸品種、そして盛りを迎えたパフィオペディルムのコーナーだ。ベッドのアンスリウム(Anthurium)も暖かい冬のおかげでとても元気、花数も多くてとても賑やかだ。ちょうどこの14日からは春の花祭りが企画されて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/06 19:32
たまにはカトレアでも
たまにはカトレアでも カトレアの園芸品種は本園5号温室に飾るので写真を撮ることも滅多にないが、分園テラピアの池奥の温室がバックヤードになっているので花はいつも見ている。たまたま昨日、担当者の休みに管理に入ったら花が多いので、昼に撮影してきた。久々にカトレアの花を楽しんでもらいたい。申し訳ないがせわしなくて品種名はチェックしていない。私は研究室の担当で何度も植物目録作りをしたので、品種名も聞けばすぐ思い出すが、花と品種名がリンクしていないので、花から品種名を思い出せるのは、自分が何年間か現場でカトレアをいじった時に覚え... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/05 12:16
ソシンロウバイが満開に
ソシンロウバイが満開に 暮れから正月を彩る分園中庭のソシンロウバイが(Chimonanthus praecox 'Concolor')満開になった。いつの間にか丈が5mにも達し、見事な開花風景だ。本種を伊豆で普及させたのは当園のつばき展でお世話になった伊東の造園屋さんの故高橋計三氏。畑に本種の大株があって、毎年新聞で紹介されてきたし、またご自身で沢山苗木を作って伊東市に何百株も寄贈したり、ワニ園に持って来てくれたりして、園内各所に本種が植えてあるのだ。その中で、一番条件の良い場所に植えられた中庭の株が大きくなるのは当然... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/04 18:43
ユークロシア・ミラビリスの開花
ユークロシア・ミラビリスの開花 分園の1号温室ではステノメソン・バリエガータム(Stenomesson variegatum)、パラモンガイア(Paramongaia weberbaueri)、に続いて3番目の南米原産球根植物が咲いてきた。雄しべが滝のように下がって咲く珍花、ヒガンバナ科のユークロシア・ミラビリス(Eucrosia mirabilis)でエクアドル原産だ。本種は香港の球根友達に種を貰った物で、年が明けて実生7年目での開花となるが、正味6年半だろう。と言っても同じ実生株を友の会のナガサワさんは1年前既に咲かせてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/03 19:30
正月の床飾り
正月の床飾り 暮れの25日までレッサーパンダの工作教室に使っていた展示室の一角に正月飾りをしつらえた。ちょうどソシンロウバイ(Chimonanthus praecox 'Concolor')が綺麗に咲いていたので、その切り花をメインに鶴の吊し飾りを飾って正月らしい華やかな飾りの完成だ。折から分園の第2駐車場ではカンザクラが咲き始め、暖かい正月にふさわしい景観となっている。温室ではティランジア・ブルボーサが一斉に花期を迎え、花序が赤く色付いて、まずは最初の1株が咲いている。緑の植物体に赤い花序が映えてとても綺麗... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/02 18:18
青空の元旦
青空の元旦 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。今年の初日の出、水平線上に雲があり、日の出が5分以上遅れてスタートだった。私は最初1枚撮ってから待ちきれず、着替えに行って戻って来たらもう日が昇り切っていて、まぶしいだけ。それが2枚目だ。昨日、今日と日中は好天に恵まれて暖かく、ワニ池のワニもみんな陸に上がって甲羅干し。本当に穏やかな年末年始で最高だった。ということで、ワニの日向ぼっこ風景3連発。ミシシッピーワニ(Alligator mississippiensis)、ナイルワニ(Cro... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 19:16
春を求めて
春を求めて 先日の休み、ブログネタを求めて、日中道路際をあちこち見て回って写真を撮ってきた。と言っても今は定番が決まっている。アロエ、スイセン、オキザリス、そしてカランコエである。だからそれらのありそうな心当たりを見に行って来たということだ。晴れた日にはやはりアロエが一番だ。稲取高校下の高台から稲取の港や街並みを見下ろすように咲くキダチアロエ(Aloe arborescens)は圧巻だ。2枚目にはカメラを構えた私の同類が写っているがわかるだろうか。そして路傍で咲く日本スイセン(Narcissus tazet... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/31 19:05
正月準備OK
正月準備OK 今朝は地元のクリーン作戦で朝6時半から道路掃除。と言っても10分前位には始めるから正味20分位、6時40分頃で作業は終わり、大急ぎで家に戻りワニ園に出勤だ。園でも石垣の草取りが終わっていないので、朝一で1時間、夕方も1時間せっせと頑張って、何とか下の道路まで終わらせた。いつもながらせわしい年末で、仕事に追われっぱなしだ。勿論日中は駐車場の整理で、その間にちょっと抜けて図書室の掃除と交換文献の片付けなど。ということで、夕方には門松も綺麗に飾られ、バナナワニの付いた正月飾りも定位置に飾って正月準備は... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/30 18:25
ディオーンの未受精果が崩壊
ディオーンの未受精果が崩壊 分園1号温室ソテツのベッドで異彩を放っていたメキシコ最大のソテツ、ディオーン・スピヌローサム(Dioon spinulosum)の未受精果が崩壊してきたので撮影しながら片付けた。実は休み前の一昨日、既に崩壊は始まっていたのだが、気付いたのが遅かったので1日放置しておいて、今日撮影した。しかし今日も朝は園内案内の足跡標識のペンキ塗りに追われていたので、撮影は昼休み、そして午後は駐車場整理や動物の管理に追われ、ようやく夕方になってこの球果を片付けた。この球果は昨年生じたもので、未受精だが1年半もぶら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/29 19:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる