アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
復活の日
復活の日 今年の冬は寒くて、香料温室では開園以来の古木ストロファンタス・グラトゥス(Strophanthus gratus)が枯れ、有名な香木の沈香(Aquilaria agallocha)も葉を落とし、枯れ込んでしまったので、太い所まで切り戻し、管理していた。当然、枯れたものだと思っていたが、最近になって上部にチョビチョビ芽が出て来て、復活の兆し。これは嬉しかった。ジンコウはジンチョウゲ科で東南アジア原産。この他にも、ショウガ科のクスダマジンジャー(Tapeinochilus ananassae)が枯れ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/20 18:34
夏の花、咲く
夏の花、咲く 今日は猛暑の中、温室のソテツ類の旧葉切り。当初は3株だけの積もりで始めたのだが、始めてみると、あっちにもこっちにもで結局8株位切ったろうか。ついでに他の株の葉も減らしたりして整理し、全体をすっきりさせた。暑いし,痛いし、引っ掻いて血が出るし散々だったが、担当である以上,やらざるを得ない。刺だらけで痛いからオニソテツというのだが、まさにその通り、どんなに姿は立派でも,管理人泣かせなのは昔も今も変わらない。画像は昨日の我が家からで、100円バケツに植えたハスの粉松球。ハスは5〜6鉢あるのだが、昨年か... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/19 18:49
暑さの中で清楚な花
暑さの中で清楚な花 昨日は猛烈な暑さの中、中庭のソテツの旧葉切りを行ったのだが、中庭ではちょうどノリウツギの水無月(Hydrangea paniculata f.grandiflora)の花が咲いてきて、その涼しげが姿が夏の暑さを忘れさせてくれるような雰囲気だ。夏というと、サルスベリやキョウチクトウの如何にも夏らしい植物がイメージされるが、この水無月はその正反対、炎天下で咲いていても涼やかな沢の中で咲いているようなイメージなのだ。勿論、日本原産でユキノシタ科だ。その裏ではセイヨウニンジンボク(Vitex agnus... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/18 08:33
ブロッキニアとクプアスー
ブロッキニアとクプアスー ブロッキニア・レドゥクタ(Brocchinia reducta)はギアナ高地原産のパイナップル科植物で、食虫植物としても認められているユニークな植物だ。当園には2系統あって、1つは食虫植物の会の柴田さんがネブリナ山で採集してきた株、もう一つは夢の島の植物園に寄贈された系統だ。導入当初は大きな株がすぐ駄目になって横の小苗しか残らず慌てたが、以後は順調で株も殖えている。今日ちょっと見たら花が1輪咲いていたので紹介する。白い小さな花で清楚なものだ。今日はもう1つ珍しい植物の話題だ。ブラジルのアマゾン域... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/17 18:51
カンポマネシアなど
カンポマネシアなど 今年はバナナ温室の裏のミョウガに花が出ないね、と先日話したばかりなのだが、昨日気が付いたら花が出ていた。そこで撮影がてら温室の裏に回ったら、ブラジルの小果樹、フトモモ科のカンポマネシアにもビッシリ実が成って、もう地面に落ちているのもあるのに気がついた。本種は果樹温室にも植え込んだのだが、温室ではほとんど結実しないのに、外では鈴生りなのだ。もっとも果実は小さくて、大きさもせいぜい小粒のブルーベリー程度、直径1cm余りというところか。これだけ丈夫なら、温室に植える意味もないし、黄色くなれば実はすぐ落... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/16 19:00
甘い香りの正体は
甘い香りの正体は この時期になると、どこからともなく漂って来る甘い香り。ただ甘いだけではなく体にまとわりつくような濃厚な香りなのだ。私は勿論すぐわかる。ああ、ワニ池の縁に植えてあるクロツグヤシ(Arenga engleri)が咲いているんだなとピンと来る。ところがいざ他の植物の写真を撮っていると、すっかり忘れてしまい、撮影が1週間も遅れてしまった。当初はワニ池の温室側の株で雌花が咲いているのだけが分かり、今年はこれ1つなんだなと納得していた。おかげで雌花でも同様の香りがあることを認識できてよかった。今日になって、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/15 18:53
シンビジウムなど
シンビジウムなど 以前から1号温室ブロメリア飾りの前に大型のシンビジウムを掛けてあるのだが、最近次々に花茎が出て花を咲かせている。とうにラベル落ちになっているのだが、これだけ特徴があればということで調べてみたらフィンレイソニアナム(Cymbidium finleysonianum)だった。こうして咲かせて見ると、長い花茎を垂下させて次々咲いて来るので、展示植物としても面白いし有用だ。ジャワ・スマトラが原産地。1号温室の入口には栽培温室の薗田君が小型のユーコミスを持って来て飾ってくれた。花茎の先端まで30cmもない... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/14 18:32
ガーデニア・ツンベルギア
ガーデニア・ツンベルギア 例年より1ヶ月も早く咲き始めた我家のガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)、南アフリカ原産の大型花木でアカネ科に属する。ベランダからの死角に当たる反対側に回ってみたら、既に満開で驚いた。今はまだ梅雨の花、同じ南ア原産でアカネ科のロスマニア・カペンシス(Rothmannia capensis)が満開なのに、ガーデニアまで咲き出すとは何たることだ。このガーデニア、花は大きくて見事だし香りも良い。如何にもエキゾチックな花木で芝生広場の中央にでも植えたら、さぞ見栄えがするだろ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/07/13 18:51
エクメア・アズテック・ゴールド
エクメア・アズテック・ゴールド エクメア属、トックリアナナスの黄斑入り品種アズテック・ゴールド(Aechmea recurvata 'Aztec Gold')が当園に導入されたのは1998年6月。日本ブロメリア協会会長の滝沢さんに1株寄贈されたのが最初だ。とても奇麗な植物で、私の好みにもぴったりなので、大事に大事に管理してきた。幸い子吹き旺盛な性質もあって良く殖え、たちまち個体数は殖えたのだが、導入後暫くは花が咲かずブロメリアの会報に花の咲かない植物云々という記事も書いた事がある。ただし、一度成株になって花が咲くようになってか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/07/12 07:13
ソテツの新芽など
ソテツの新芽など 分園1号温室で最大のオニソテツ、南アフリカ原産のエンセファラートス・パウシデンタータス(Encephalartos paucidentatus)の新芽が出て来た。本属ではいつも最後に新芽を出すので、これの旧葉を切って片付けてようやくソテツの手入れが終わるのだ。それにしても本種の生育は旺盛で大きな株は幹が高さ150cmもあり、重さは100kgを越えるだろう。新芽はたちまち天井につかえてしまうので、毎年葉を展開させるのに苦労している。できればどこかに嫁入りさせたいのだが、こんな大きなソテツを引き取る... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/11 18:25
マダニに喰われて大騒ぎ
マダニに喰われて大騒ぎ 確か1日の日曜だったと思う。左膝の裏がむずがゆいのでズボンをたくし上げてみたら、ダニが1匹食い付いていた。まだ血を吸って膨らんでいないし、食い付かれて間もないのかも知れないが、患部周辺の赤さをみると、結構時間が経っているのかなとも思った。とにかくダニを取らなければということで、見回したらテーブルの上に手消毒用のアルコールが置いてあった。そこでそれをティッシュにしみ込ませ、ダニに押し当て、窒息させる感じでしばらく待ち、やおら毛抜きでダニを挟み引っ張ったら簡単に取れたから、正解だったのだろう。その場... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/10 18:54
ペイショトアなど
ペイショトアなど 1号温室の裏でペイショトア(Peixotoa reticulata)が咲き始めた。ブラジル原産のツル植物でキントラノオ科に属する。今年の冬は寒さが厳しく、ここに植えた多くのツル植物も上部が痛み、かなり切り戻した。本種も例外ではなく、ようやく新芽が奇麗に伸びて花を付け始めたということだ。この横には更に旺盛に伸びる同じキントラノオ科のスティグマフィロン・ビティフォリウム(Stigmaphyllon vitifolium)も植えてあるが、こちらはまだ咲いて来ないようだ。同じくここで旺盛に伸びていたウリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/09 09:40
香料温室から
香料温室から 香料温室でインドシクンシ(Quiscualis indica)の一重花の方が咲いていたのでその撮影に行った。八重品種より花着きが悪い印象だが、むしろこれが普通で、八重の方が多すぎるのかも知れない。虫下しに使うシクンシ科の薬用植物で東南アジア原産。その横に赤い実のトランキライザーとラベルの着いた植物が植わっている。じつはこれ昔から学名がわからないで、だからこのブログでも取り上げなかった。ただ今回余りにも可愛らしいので、つい撮ってしまった。本種の由来は、ワニ園の元スタッフで、後年サボテン栽培を業とし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/08 19:22
ピトカイルニア咲く
ピトカイルニア咲く 花序が赤く大きくなっていたベネズエラ原産、ピトカイルニア・オリバエステバエ(Pitcairnia olivaestevae)が咲いてきた。非常に生育旺盛な植物で、周囲の植物を弱らせる程の勢いなので、今日は少し鉢を動かしてスペース調整をした。去年の花序はもっと赤かったような印象があったが、私の気のせいだろうか。とにかくカラフルな花なので飾りには持って来いの植物。外の通路上ではティランジア・コンカラー(Tillandsia concolor)が咲いてきた。20年、30年吊りっぱなしでも、季節になれば... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/07 19:35
クルクマ、フクシアなど
クルクマ、フクシアなど かつてタイに毎年研修旅行に行っているときは、市場のショウガ類を全て購入して持ち帰るなど、ショウガ科植物のコレクションに力を入れたものだ。その生き残りというか、栽培温室で維持しているクルクマが咲いたので、入口に飾ってある。改めて文献を当たってみるとクルクマ・オーランティアカ(Curcuma aurantiaca)というのが本種の学名らしい。小さくて咲いているし、花も長持ちするので、飾りには持って来いだ。次は吊り鉢で飾ってあるフクシア、南米原産、アカバナ科でマゼラニカ系のエンジェルス・イアリング(F... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/07/06 19:02
ユーカリが早くも見頃に
ユーカリが早くも見頃に ワニ園の風物詩にもなっている分園ボイラー室前のフィシフォリアユーカリ(Eucalyptus ficifolia)、例年だと7月半ばから梅雨明けにかけて見頃を迎えるのだが、今年は今日時点で赤花の大株が5分咲き、オレンジ花の小株はもう満開に近い。5月以来暑い日が続いたので開花が2週間もはやまったのだろう。今年は3株に花芽が着き、蕾の数も非常に多くて、この数年で1番の見事さだろう。これらのユーカリがワニ園に導入されたのは1975年、現在友の会の客員会員である坂アさんに苗木を寄贈されたもので、以来43年... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/05 19:00
我が家のあれこれ
我が家のあれこれ 奇想天外の咲く我が家だが、1つ目立つサボテンが咲いていた。ロビビアの亀甲丸の大輪変種(Lobivia cinnabarina var.grandiflora)だ。ボリビア原産。友人に頂いてから結構時間がかかったが待つだけの価値のある見事な花だ。朝一でこんな花を見ると終日気分が良いものだ。次は大きく成った南アフリカの花木ロスマニア・カペンシス(Rothmannia capensis)。アカネ科の大型花木で、生育旺盛花着き抜群。咲き始めに一度紹介したが、夜間、濃密な香りが部屋にも漂って来て頭が痛くな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/04 09:33
奇想天外咲く
奇想天外咲く この暑さのおかげで奇想天外(Welwitschia mirabilis)が早くも咲いてきた。南アフリカ原産、乾燥地性の裸子植物で、キソウテンガイ科に属し1属1種という世界の珍奇植物の代表的存在だ。大株ということもあって、花序が出て来たと思ったらムクムクと大きくなり7月2日の昨日から咲き始めた。これは同じ尺鉢に植わった雄株2株で、その2株目も今日明日には咲いて来るだろう。私の希望は残った1株が雌株で、我が家で交配して種を穫ることなのだが、その3株目、今年は他株に先駆けて花芽が出たにもかかわらず、そ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/03 09:30
いよいよイリオモテアサガオの季節
いよいよイリオモテアサガオの季節 先日、庭の草刈りをしたのだが、温室の下の空き地でイリオモテアサガオ(Ipomoea indica)が満開になって、侵略準備完了の合図だ。覗いて見れば、ツルの先端が再び温室下の擁壁に届いている。ということで否応なしにアサガオ退治。つるを全てたどって、1m位の空白地帯を確保した。昨日、膝の裏が痒いのでズボンをたくし上げてみたら、ダニが一匹、膝裏の柔らかい所に食い込んでいた。多分、この作業中にたかられたのだろう。よくダニを落とすにはタバコの火がいいなんて言うが、禁煙の進んだ昨今、ライター1つ身近にない... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/02 19:30
ティランジアの花がボツボツと
ティランジアの花がボツボツと 今日、夕方になってティランジアの交配種、キセログラフィカ X ブラキカウロス(Tillandsia xerographica x brachycaulos)の咲いているのに気が付いた。潅水をしていて気が付いたのだ。慌ててカメラを持って来てパチリ、その下で咲いていたカピタータ(T.capitata)もパチリ、そういえば通路の上でも咲いていたよなと思いだし、ファシクラータ変種クラビスピカ(T.fasciculata var.clavispica)もパチリ、入口頭上のフロリバンダ(T.floribun... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/01 18:14

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる