アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
いよいよ水生アマリリスのシーズンに突入
いよいよ水生アマリリスのシーズンに突入 アマリリスの世界に新しい波を起こしてくれる水生アマリリス(Hippeastrum harrisonii)が咲き始めた。今年は尺鉢4つで30本近くも花が立っていて、花着きの良さは抜群。花茎の伸びも良くて、開花株の花茎は1mくらいあるはずだ。水槽に入れ、しかもプラの尺鉢に植えてあるので、赤い花はちょうど私の目の高さ170cm位の高さで咲いている。今はまだ2本しか咲いていないが、これが10本、20本と咲いてきたらどれだけ見事か、恐ろしいほどだろう。ちなみに白花の紅筋花が原種のハリソニーでウルグアイ原産... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 18:52
奇麗に撮れた
奇麗に撮れた 今日、ワニ園は年に1度のバナナの堆肥入れの日。ところが我が家ではロビビアの1種が今日満開になりそうな雰囲気。今朝まで私はワニ園に持参して咲かせ、写真を撮るつもりだった。そうしたくなるほど蕾がビッシリと着いて、再現不可能と思える程だったのだ。そこで持ち運べるように支度してリビングに置いておいたら、朝一でもう咲き始めていた。えい、撮っちまえということで撮った写真がこれ、実に見事でしょ。3年程前にサックシードで種を買い、夜の女王に接いで育てた株だ。種名はロビビア・ハエマタンサ変種レブチオイデス(Lob... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/05/22 18:49
プヤの植え替えなど
プヤの植え替えなど プヤ・アルペストリス(Puya alpestris)に花が出て来たのに刺激され、近くに置いてあるプヤの鉢植えも植え替えないとと思い立った。そこで昨日、駐車場に出るまでの一時を使って、何株かを植え替えてみた。地上部は貧弱なのだが、抜いてみると根は案外ガッチリしていて、切るわけにも行かず、結局元の鉢に収めて元通りの場所に置き直した。長年植え替えないと、雑草やタカサゴユリが鉢に入り込み、開花株にまで育っているので、目的の半分は雑草取りなのだ。おかげで植え替え後は鉢土が奇麗で気持ち良いこと。これで当分は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/21 18:52
セレージャの結実など
セレージャの結実など 果樹温室に昨年植え込んだブラジル原産、フトモモ科の果樹セレージャ(Eugenia involucrata)によく実が成っている。最近は果樹温室の掃除をしないもので、つい撮影が間遠になりがちだが、今日、思い立って撮りに行ってきた。セレージャの果実は完熟すると真っ黒になりオリーブ大、もしくは金柑大だが、下ぶくれの果実だ。味は淡泊で、前々から何と表現してよいか悩んでいたのだが、最適の比喩を今日思いついた。ユスラウメの味だ。これだとその味を思い浮かべられる人が多いだろう。果樹温室横の水生アマリリス(Hi... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/20 19:11
むむっ!なんと!
むむっ!なんと! ワニ池の縁で昨日ディエテス・ロビンソニアナ(Dietes robinsoniana)が咲いていたので喜んで写真を撮った。オーストラリア原産で、陶器のように真っ白な花弁が美しいアヤメ科の宿根花卉だ。私は南アの他種を含めても一番美しい花だと思っているが、思うように殖やせないのが欠点だ。種子繁殖が一番簡単なので、毎年結実させるのだが、乾燥地性の植物のせいか、梅雨時にかかると果実が腐るのだ。また腐らなくて今年はいいと喜んでいると、いつの間にか実が無くなっている。ワニ池の縁に植わっているため、何かワニに投... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/19 19:32
赤花兜など有星類が賑やか
赤花兜など有星類が賑やか 私はサボテンの場合、原種が好きで、余り園芸化の進んだ牡丹類などは好きでないが、ことカブト(Astrophytum asterias)となると違う。紅花を目指した赤花兜が我が家の温室に並んでいて、昨日は全株が同時に咲いて奇麗なこと。咲き始めの蕾状態では特に色が濃くワイン色で私の大好きな色だ。それが咲き進むと、花の芯の黄色が目立って来るので、満開より6〜7分咲きが一番奇麗かも知れない。どなたが育種してくれたのか知らないが、その努力に感謝したい。これらはもう直径7〜8cmあって、結構立派な株だが、より... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/18 18:53
白い多肉の世界
白い多肉の世界 先日、友人の温室を訪ね白い多肉の様子を見せてもらった。そろそろダドレア・アントニー(Dudleya anthonyi)やパキフィツム(D.pachyphytum)の花が咲いている頃だと思ったからだ。1〜3枚目はパキフィツムがメイン。花序は沢山出ているが花はまだこれから。でも観賞するにはこれくらいがいい。4枚目、私の実生起源のアントニーは満開で、見事なものだ。花弁の赤いのが本種の特徴だが、生憎アップの写真はみなピンボケでだめ。自動焦点のカメラは、お天気や対象物によってうまく働かない場合があり、よく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/17 09:36
お天気が悪くて
お天気が悪くて 昨日の休み、折角昼間家にいても曇天でサボテンの花は一向に開かず残念な限り。それでも写真を撮らないわけにはいかないので、半開きの花が多いけど、今日はご勘弁を。5月も半ばになると刺物の花が多くなってくる。最初は黄彩玉(Ferocactus schwarzii)だ。昔苦労して自生地を見に行った想い出の植物で、懐かしさで一杯だ。毎年花時になると、毎日アリが砂を頂部に積み上げてしまい。洗っては積み上げの繰り返しだ。その横では天城(F.macrodiscus)の実が熟して赤くなっている。交配したつもりはない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/16 17:27
ヒッペアストラム・プニセウムの八重など
ヒッペアストラム・プニセウムの八重など 我が家の温室で今、ヒッペアストラム・プニセウムの八重(Hippeastrum puniceum 'Double form')が咲いている。南米熱帯域原産のプニセウムは江戸時代に日本に渡来した3種のアマリリスのうちの1つでキンサンジコの和名があるが、今この和名を使う人はいない。本種、だいぶ前に香港の友人にいただいたのだが、鉢植えでは一向に咲かなかった。ところが鉢からこぼれた小球が夜の女王の下で発芽し、数年で群生株となって花を上げるようになり本種と判明した。原種とは思えない豪華な花で、他にこんな雰囲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 10:26
ハリミノウゼンと球根ベゴニア
ハリミノウゼンと球根ベゴニア 1号温室の裏の棚でハリミノウゼン(Clytostoma callistegioides)が満開になった。南米原産のノウゼンカズラ科ツル植物には美花種が多いが、育て易さ、耐寒性、花着きの良さで本種に勝る種はないだろう。カエンカズラも花着きの良い種だが、耐寒性という点では、ハリミノウゼンの方が上だ。ただ本種は一斉に咲いて一斉に終わるので、花期が短いのが欠点か。満開の今日は見事なものだった。これはブラジル原産。続いてはその温室内の球根ベゴニア。昨年10月1日に催芽開始した百数十株が6ヶ月であらかた終わ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/14 19:13
イオナンタの季節
イオナンタの季節 今日は2年に一度の高校の同窓会の日。4年前にスタートしてから3回目になる。ということで、今から出かけるので今日は画像の羅列でご勘弁を。昨日は、ティランジアが良く咲いていた。5月の日射しで赤く色付いたイオナンタ(Tillandsia ionantha)に沢山花が咲いていたし、緋色の花のアンドレアナ(T.andreana)も咲いた。イオナンタはメキシコ原産で、アンドレアナはコロンビアだ。バラ色の花のブラジル原産ゲミニフローラ(T.geminiflora)も咲いているし、パラグアイから来た小型のベルニ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/13 07:11
ロスマニア、ヘルベルティアなど
ロスマニア、ヘルベルティアなど 我が家の庭には南アフリカ産の花木が3種植えてある。どれもアカネ科で今時咲くロスマニア・グロボーサ(Rothmannia globosa)と梅雨時に咲くロスマニア・カペンシス(R.capensis )、そして盛夏に咲くガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)だ。勿論、今はロスマニア・グロボーサが満開なのだが、本種は寒さで葉を振るっても、花は坊主の枝にびっしり咲くので、実に見事。どちらかと言うとハゴロモジャスミンのような濃厚な香りを発散し、息苦しいくらいだ。毎年花後にこれで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 19:24
ジャケツイバラのこと
ジャケツイバラのこと 昨日、久々の休みで買い出しに行ったところ、伊豆高原の直線道路脇2個所でジャケツイバラ(Caesalpinia decapetala var.japonica)が咲いていた。これは写真を撮らねばというので、帰りに車を停めて、満開の花を撮って来た。このジャケツイバラは熱帯植物のオオゴチョウ(Caesalpinia pulcherrima)やホウオウボク(Delonix regia)の近縁種でマメ科に属し、花の美しさでは定評がある。昔からこの赤沢近辺に野生株が見られ、季節になるとこうして目を引く景観と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 19:44
原種アマリリスなど
原種アマリリスなど 連休中の10日間休めなかったので、我が家の温室のサボテンは写真を撮りそこねた花が多いが、アマリリスは早朝でも開いているので、何とか記録にはできた。最初はブラジル原産の原種、ヒッペアストラム・コレイエンセ(Hippeastrum correiense)だ。コレイエンセ変種コンプレッサム(H.correiense var.compressum)でいただいた植物だが、現在はコレイエンセに統一されている。ワニ園のやたら元気な原種もコレイエンセだろうと同定しているが、こちらはその半分の大きさで地味な色合い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/10 09:47
ロニケラ・ヒルデブランディアナのこと
ロニケラ・ヒルデブランディアナのこと 連休中からパパイヤ温室では巨大な花のスイカズラ、ロニケラ・ヒルデブランディアナ(Lonicera hildebrandtiana)が満開だ。まあ外で咲く日本のスイカズラの4倍サイズの拡大版だから、あの群開風景を思い出していただけば、その咲き具合がわかるだろう。ところが、これだけ見事に咲いていても、その存在に気付くお客さんは少ない。園のスタッフですら一顧だにせず通り過ぎる例が多いのだから無理も無いが、苦労して導入し、ようやく本領発揮の大開花風景を演出した私にとって、この無視されることほど辛いことは... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/09 19:35
鮮やかな花など
鮮やかな花など ティランジアコーナーでティランジア・ダイエイアーナ(Tillandsia dyeriana)が咲いてきた。エクアドル原産で、本属中でも特に鮮やかな花序で人気種の1つ。オランダで大量生産されたので、国内でも安価に販売されたようだが、栽培にはそれなりの技術も必要で、ほって置いてもという訳にはいかない。次も鮮やかな、多肉マツバボタンのポーチュラカ・ウェルデルマニー(Portulaca werdermannii)だ。ブラジル原産で、姿良し、花良しで、多肉好きが楽しむにはベストチョイスではないかと思う。私... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/08 20:19
銀葉樹が開花
銀葉樹が開花 蕾が着いたと紹介したばかりの中庭の銀葉樹(Leucadendron argenteum)、今日見たらもう咲いていて驚いた。昔は本種に花を咲かせるなんて、実現不可な夢みたいものだと思っていたが、いざ咲かれてみると、何となく呆気ない気がして物足りない。でもアップの画像は奇麗でしょ。次は水生植物のコーナーのセネシオ・イコグロッサス(Senecio icoglossus)の開花。パラグアイから苗を採集して来て25年、枯らさずに水槽で維持しているが、今年は奇麗に咲いてきた。先日、上に被さっていたツバキを切... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/07 20:02
春真っ盛りの中庭
春真っ盛りの中庭 先日まで球根のスパラキシスと牡丹が満開だった中庭で今度は斑入りのタニウツギ(Weigela hortensis )が満開になっている。切っても切っても良く伸びる花木で、管理や剪定は大変だが、咲いた時は素晴らしいものだ。今日は切り花にして売店にも飾ったが、華やかで好評のようだ。その下ではピンクのオオデマリ(Viburnum plicatum f.plicatum 'Kerm's Pink')が満開で、これも奇麗だ。タニウツギもオオデマリも日本の花木。ウツギ科とスイカズラ科になる。冬から咲きっぱなし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/06 19:34
入口の花など
入口の花など 最初は小森谷さん交配のキルタンサス・サターン(Cyrtanthus hybrid'Saturn')、丈夫で良く殖え、花も大きくて、私は本属のベスト品種ではないかと思っている。それ位素晴らしい花だ。次は入口ワシントニアのヤシの下に植えてあるハナアロエことブルビネ・フルテッセンス(Bulbine frutescens)だが、その間に青花のアリステア・エックロニー(Aristea ecklonii)が咲いて美しいこと。たくまずして作られた美観だ。これらは皆南アフリカ原産。展示室前の花壇ではモーリシャス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/05 20:39
果樹温室から報告
果樹温室から報告 この時期果樹温室ではブラジル原産のピタンガ(Eugenia uniflora)が鈴生りでとても奇麗だ。味はそれ程のものでもないが、熱帯地では庭先に植えて楽しむには良い果樹だ。とても可愛らしい実だから、観賞用には持って来いなのだ。同じフトモモ科では同じくブラジル原産のジャボチカバ(Myrciaria cauriflora)もボチボチだが、まだ絵になる程の成り方ではない。木自体も老化して成り自体も良くないのだ。その横では東南アジア原産のフトモモ(Eugenia jambos)の花も咲いている。これも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 19:56

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる