アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
フォウケリアの開花
フォウケリアの開花 昨日、売店前の温室を覗いていたら,鉢植えのフォウケリア(Fouquieria)に花が出ているのを知った。こんな小さな株で花が咲くのに驚き、部屋に持って来て撮影した。本種のラベルを見ると実生したのは1983年11月8日、メキシコのラウーさんが送ってくれた種で、採集地点はバイア・エンセナダ・チカ、ソノラとある。要するにカリフォルニア湾岸、メキシコ本土側のソノラ州、エンセナダ・チカ湾で採集したということだ。高さ50cm、拡がり30cmで、枝が5本程の株だが、これで33年も経っているとは驚いた。さて種名... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/24 10:45
バナナが元気
バナナが元気 暑い日が続き、人間が夏ばてするころ元気なのがバナナだ。5月に堆肥入れが済み、暑い上に高温が続き、水をたっぷりもらえるとなれば、バナナは一気に大きくなる。もともと草みたいものだから、育つのが早いのは当然だが、とにかく良く育つ。この間うち、収穫の済んだ古株を片付けて、温室内が寂しくなった印象があったのだが、温室内が明るくなれば、バナナは一気に育ちを加速する。そんなこんなで、最近はまた開花ラッシュで、担当の玉利君が花吊りに追われているようだ。花吊りとは、花の重さで花の軸の部分が折れないように天井から吊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/23 20:03
台風、台風、台風、そうじ、そうじ、そうじ
台風、台風、台風、そうじ、そうじ、そうじ 今日の台風は伊豆を直撃。雨はひどかったが、風はそれ程でもなく、園には大した被害がなく助かった。ただ、伊豆急線がずっと止まって観光の予定が狂ったり、被害に遭われた方も多かったと思うのでお見舞いを申し上げます。 この台風、昨夕時点では風が何も吹いておらず、規模も小さいし、何とかやり過ごせるのではないかと、余り深刻には考えていなかった。しかし、明け方からの豪雨と風に驚かされ、ワニ園はどうかと出かけて見ると、その時点では大したことはなかった。熱川近くは道路も散らかっていなくて、稲取とはえらい違いだ。そ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/08/22 19:52
香料温室では
香料温室では 今香料温室では斑入りのハナショウガ(Zingiber zerumbet'Darceyi')に花が咲いている。ショウガ自体は花着きの悪い植物だが、このハナショウガは棍棒状の花序を沢山生じ、しかも斑入りなので観賞価値も高い。観賞花卉的な扱いだが、ハワイでは伝統的な有用植物で、勿論食用である。ただハナショウガは別名ニガショウガとも呼ばれ、何となく試食しにくい雰囲気があり、私も今まで食べてみたことはないので、今度試してみよう。植物の事を知っているようで、実は何もわかっていないとは、こういう事かも知れない... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/21 09:20
珍しいコンニャクが開花
珍しいコンニャクが開花 数日前、本園8号温室で栽培していたコンニャクに花が出たので本園の下の温室に持って来たというので見にいってきた。蕾を一見して珍しい種ということがわかったので、種名を下調べしてから、本日、撮影しに行って来た。本種は先頃退職した佐藤さんが中国雲南省に行った時採集してきた植物らしく、勿論初めての開花だ。下調べの段階で2種ほど候補があったが、今日開花した花を見て、一発で同定できた。アモルフォファルス・クラウセイ(Amorphophallus krausei)で、タイやミャンマーの北部、中国の南部に分布する... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/20 20:03
苦しい時の果樹頼り
苦しい時の果樹頼り ここのところ天候不順のおかげでワニ園のお客様が多いのは有り難いが、私等は駐車場を離れることが出来ず、園内管理も後手後手になって、何かとせわしない。これは喜ぶべき事だが、友の会総会の準備等、私には気がかりな事も多く、そんなこんなで何となく落ちつかない。そうすると、このブログも時間に追われることになり、話題集めも容易ではない。そんな時、有り難いのが果樹温室で、行けば必ず話題の1つや2つは見つけられる。今日も香料温室と果樹温室で当面の写真を撮ってきた。果樹温室ではやはりマンゴーが旬だ。今年は大果品種の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/19 19:54
夜来の雨
夜来の雨 昨晩から今朝の明け方にかけて、伊豆はかなり激しい雨に見舞われた。また園内が散らかっているだろうなと思いながら来てみたが、前日の台風でゴミはみな散ってしまったので、案外綺麗で一安心した。入口ではバウヒニア・フォルフィカータ・プルイノーサ(Bauhinia forficata var.pruinosa)が水をたっぷりと吸って綺麗に咲いていた。丁度花数も多く、良いシャッターチャンスと思ったら、コガネムシがもう花を囓っており、なんてこったと独り言。虫も目が速いものだ。ブラジル原産、マメ科の小灌木。温室で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/18 19:21
熱帯スイレンの季節
熱帯スイレンの季節 今年はスイレンの生育が順調なので、桶の数がいつの間にか10個を越えてしまい、ベランダはスイレンの展示場のようになっている。最初の黄色はメキシコ原産のスイレン、ニンフェア・メキシカナ(Nymphaea mexicana)だ。これは葉ばかり繁って花着きが悪いので、去年から粗末に扱っていたのだが、気がついたら小鉢で花芽が出ていたのでベランダにデビューした。4号鉢で100円バケツで咲いてくれればこんな有り難い話はない。これで白、ピンク、赤、黄色、紫と、一通りの色が揃い、観賞上もカラフルで好ましい状況にな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/17 09:21
ブロッキニアなど
ブロッキニアなど ティランジアコーナーでブロッキニア・レドゥクタ(Brocchinia reducta)が咲いている。ギアナ高地原産の植物で、導入当初は枯れる寸前まで行ってしまったが、管理のこつを覚えたら、年々殖えるようになった。要は日当たりを良くして水を切らさないことで、他の植物の陰になったりするととたんに元気がなくなるようだ。今その横でティランジア・ブラキカウロス(Tillandsia brachycaulos)も咲いている。当園在来の大型タイプだが、水は好きだけど夏に蒸れやすいのはこの仲間の特徴。年々苛酷に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/16 19:31
温室の小品など
温室の小品など ティランジアの棚の奥で、気が付いたらペラルゴニウム・ルーテオルム(Pelargonium luteorum)が咲いていた。休眠期に花を着け、花が終わった頃やおら生育を開始するという、南アフリカの植物によくあるパターン。この植物、地元のサボテン愛好家のアフリカ土産でいただいたもので、もう20年位になるかも知れない。最初は研究室の窓辺で小鉢に植えて管理していたが、ちっとも大きくならず、種名同定するまでに何年もかかったと思う。今はもう4号鉢サイズになったから温室に持ち込み、やや粗放な管理をしているが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/15 18:36
アンモカリスの花
アンモカリスの花 秋の球根シーズンに先だって我が家では南アフリカ原産、ヒガンバナ科の球根植物アンモカリス・ティネアナ(Ammocharis tinneana)が咲き始めた。ベランダに置いてあるが、香りがクチナシのようにリビングまで匂う時もあり、朝などは嬉しいものだ。画像は1日目、2日目、3日目の順で、花色は2日目にはピンクが濃くなる。ただ1輪の花に関して言えば、3日目にはもう駄目になってしまうようで、短命と言えば短命だ。この植物、以前アマリリスの三宅さんにいただいたもので、最初は扱いに慣れなかったが、ここ数年はコ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/14 08:21
プヤの手入れ
プヤの手入れ 分園入り口、入園券売り場の反対側、園内図看板の横にパイナップル科のプヤ・チレンシス(Puya chilensis)が植えてある。植えてあると言うより、尺鉢植えで大きくなった株の持って行き場がなくて、ここに置いておいたら下から根が出て、もう動かせなくなったというのが正しい説明だ。夏休みもお盆近くになると、私も半日はここで券切りをするので、頭の上に見えるプヤの枯葉が気になってしょうがない。かと言って、本種の刺の凄さはワニ園一で、私の知る限り、園内で最も狂暴な植物だ。だから簡単に枯葉切りと言っても、血... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/13 19:22
頭が真っ白
頭が真っ白 昨日は昼間からコンピュータの具合が悪く、ネットに繋がらない状況が続いていた。夜になって、あれこれチェックしてみたが段々事の重大さが分かってきて途方に暮れてしまった。モデムの電源を抜いてしばらく置き、やおら接続すれば赤灯が消え復帰するのがいつものパターンだったが、今回はモデムが点灯していないから、ここまで情報が来ていないということなのだ。そこで線をたどり、3階から1階まで、ADSLがどのラインで、どのような経路で来ているのか追っかけて見るが、所詮素人、それで何ができるわけではない。明日からお盆で忙... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/08/12 19:42
夏の中庭では Part2
夏の中庭では Part2 猛暑で満開の水無月などは茎葉に萎びが見えたので、昨日あわてて潅水したりしたが、庭は乾ききっている。と言うより、雨はあってもこの猛暑でたちまち乾くということだ。そんな暑さの中でショウガ科のキバナシュクシャ(Hedychium gardnerianum)やベニバナシュクシャ(H.coccineum)が咲き始め、園内に彩りを添えている。両種とも多分こぼれ種で生じた株だが、前者はヒノキの山の下草として、後者はブラジルヤシの幹から育って咲いている。特にこのベニバナシュクシャ、ニクイロシュクシャの系統の果実... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/10 10:11
ビカクシダが元気
ビカクシダが元気 夏本番の暑さの中で、分園入り口に飾ったビカクシダ(Platycerium bifurcatum:オーストラリア)も温室で栽培している大型種もとても元気だ。ただ入口のビカクシダ、高い所に吊ってあるのに、下に糞が落ちていて,何かと思えばヨトウムシだ。新芽の柔らかい所を食べられてしまうから、その後の形が不格好になってしまって面白くない。ヨトウムシなんて想定していないから、つい発見が遅れたのだが、歳をとって視力が衰えたのもその原因だろう。情け無い話だ。画像は今まさに胞子を散布しているワンダエ(P.wan... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/09 18:48
夏の中庭では
夏の中庭では 今日は台風の運んできた熱気でたまらない暑さだったが、夏本番で中庭でも紅白のモミジアオイ(Hibiscus coccineus)が咲いて、夏らしさを演出している。白の方が弁幅が広く優雅な咲き方をするのでアメリカフヨウとの雑種なのだろう。と言うよりそう言っていただいたような記憶がある。赤は勿論典型的なモミジアオイだ。その赤のモミジアオイの根元にいただいたユッカの斑入り(Yucca gloriosa'Variegated form')を植えておいたら、今頃芽が出てきた。いただいたのが4月2日で,植えた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/08 18:56
ソテツを殖やす
ソテツを殖やす ここに来て,温室に少し余裕が出来たのでソテツ類の植え替えを始めた.貴重なコレクションでもあり、雌雄の揃っている種は肥培管理して種穫りに挑戦しようということだ。まず売店前小温室に収容してあるメキシコ産のディーオーン(Dioon spp.)を全て植え替えて、順調に大きく成るように整理した。その次はやはり中米産のザミア(Zamia spp.)で、鉢が大きすぎて根腐れ気味なのは鉢を小さく、水はけよく植えて仕立て直しだ。温室の床に並べた鉢は、先頃、1号温室に地植えしてある株から外した子株群で、尺鉢サイズの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/07 15:46
オオオニバス温室の花
オオオニバス温室の花 イベント紹介などが先になって、本園8号温室の綺麗な花を紹介しそびれてしまったので、遅ればせながら紹介する。 先ずラン2種で、池の縁に植えられたカトレアに似た豪華な花のソブレリア・マクランサ(Sobralia macrantha)と赤が鮮やかなレナンセラ・ストリエイ(Renanthera storiei)だ。どちらも満開で見事なものだが、オオオニバスという人気植物があるので、誰も注目しないのが勿体ないところだ。前者はメキシコ、後者はフィリピンの産だ。同じく池の縁ではニッパヤシ(Nypa frut... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/06 18:37
庭の草刈り
庭の草刈り 我が家は墓地のとなりにあり、不動産屋さんが墓地の目隠しに植えてくれたサンゴジュやカクレミノが大きくなり、段々手に負えなくなってきた。そこで昨日は1日がかりでこの境界の剪定と片付けをしたのだが、中には太さが5cmもあるクズが3本も束になって生えていたりして、これではクズのツルがどんどん侵略してくるわけだ。そこで境ではクズなどのツルをもっぱら片付け、我が家の地所では伸び過ぎたハナモモを半分位にばっさり切り、ハルサザンカやツバキも半分程度の大きさに切り込んだ。伸び過ぎたソシンロウバイも2m程切り、アジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/05 19:44
ブラジルの花木
ブラジルの花木 今日は花の咲かない花木の話。最初は美花で有名なカシア・レプトフィラ(Cassia leptophylla)。ブラジル在住の植物学者橋本梧郎先生や友の会の坂崎さんの思い入れ十分で導入育苗した本種だが、残念ながら1度も咲いた事がない。冬に枝が傷んで花芽の着くべき枝が残らないのが未開花の原因だが、他の時期はやたら元気で旺盛な生育をするのに残念な話だ。御本家の坂崎さんはとうに切り捨てたとのことだが、当園ではまだ残してある。もう1つは分園第2駐車場に植えたティプアナ・ティプー(Tipuana tipu)だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/04 08:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる