アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
娘の晴れ姿
娘の晴れ姿 昨日、友人の温室を訪ねたら私が実生して育苗し彼にプレゼントしたダドレア・アントニー(Dudleya anthonyi)が見事な大株になって花芽を上げていた。若苗の頃は葉幅が狭くて、ちょっと物足りないかなという雰囲気だったが、尺鉢サイズになってみると、株径と葉幅のバランスが良くて実に美しい。この株は実生で病気もなく素直に育っているので、本当に娘の晴れ姿に接した親のような気分だった。奇麗に育ててくれた友人に感謝。次は同じく真っ白なエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)。これも彼の特技で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/19 18:54
ツバキの裏年
ツバキの裏年 今年はワニ園でも我が家でもツバキの花が少ない。昨年は早くからこれでもかという位花が咲いたのだが、今年はチラホラ程度だ。ただシャクナゲモドキの下に植えてあるデミューア(Camellia saluenensis hybrid 'Demure')は例年同様よく咲いている。ピンク一重の皿状に咲き、とても上品で素敵な花なのだ。鉢植えのミニツバキ、港の曙(C.lutchuensis hybrid 'Minato-no-Akebono')もちらほら。葉の黄色い斑が売りの金世界(C.japonica'Kinse... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/18 10:23
刺物の春本番
刺物の春本番 先だって刺物に蕾が見えて来たと記事にしたばかりだが、好天に恵まれた1週間で、一気に咲いてきた。最初はオアハカ州産の日の出丸(Ferocactus latispinus)だ。丸く、背が高く成るタイプなので鉢物としては扱いやすく、5号鉢で2株を育てている。故平尾博氏の実生苗なので勿論正木苗だ。普通の幅広刺の日の出丸も良いが、この細刺で真珠に似た姿の日の出も趣があって良いものだ。蕾は毎年沢山出るのだが、開花まで行くのは少なく、今年はこれ1輪だけみたいだ。次は小型種の新緑玉(F.flavovirens)... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/17 18:34
鳥羽玉の春
鳥羽玉の春 連休があって一週間休まなかったら、その間に、温室に春が来ていたようだ。今日は鳥羽玉類だ。早春の日射しの中で、ムチムチした身体からピンクの花を咲かせて可愛らしいこと。私はこの鳥羽玉好きだな−。最初は小型種のコエレシアナ(Lophophora koeresiana)、そして鳥羽玉(L.williamsii)、銀冠玉(L.fricii)の順だ。コエレシアナが花弁の筋が目立ち、やや大輪だ。鳥羽玉が基本種で、銀冠玉は明るいピンクでやや細弁か。私は刺の強い刺物が好きだが、この鳥羽玉類も昔から好きでずっと維持... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 16:37
中庭の手入れ
中庭の手入れ ここ1週間位、時間のあるときは中庭の手入れをしていた。主にツルニチニチソウ(Vinca major)の剪定で、毎年春の恒例行事みたいになっている。ヨーロッパ原産でキョウチクトウ科の植物。ツルニチニチソウより学名のビンカの方が身近な通り名かもしれないが、中庭にはこれが沢山使われている。ツルである以上、伸びた先々で根を降ろし、殖えて行くため、それを整理するのも仕事なのだ。普段の管理ではブロワーでゴミを吹き飛ばすため、このビンカのツルも風であおられてからまり、剪定と言っても簡単ではない。要は新芽を残し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 11:26
バナナの収穫量は
バナナの収穫量は 当園で栽培しているバナナで、何が美味しいと言われると、完熟した台湾バナナの仙人蕉(Musa acuminata 'Sen-nin-sho)は勿論美味しい。ただ物珍しさなども含めて評価すると、本園8号温室に植えてあるアイスクリーム(M. x paradisiaca'Ice Cream')や斑入りのコアエ(M. x paradisiaca 'Koae')、分園のアップル(M. x paradisiaca 'Apple')やプラタ(M. x paradisiaca 'Plata')、小型ビルマバナナ(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/14 19:12
クンシランの季節
クンシランの季節 ワニ園の栽培温室には大量のクンシラン(Clivia miniata)がストックしてあり、この時期になると本園の売店入口と分園のパパイヤ温室に飾ってお客様の目を楽しませている。黄花のクンシランがメインだが、最近は黄花でオレンジ覆輪のような品種も登場してきて、とても奇麗だ。担当の薗田君が好きで、毎年大量に実生しているので、黄花でも随分と選抜が進んで、良い花ばかりだ。選抜残りの株は、分園の山の中、ヒノキの植林の下草代わりに植えてあって、季節になるとそれは見事だ。山のなかに黄花のクンシランが咲いているの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/13 18:25
錦蝶、ビカクシダなど
錦蝶、ビカクシダなど ここのところ、時間があるので売店前の温室植物の植え替えや手入れをしている。ずっとほったらかしだったので、根詰まりや雑草だらけの鉢を植え替えている。先日は棚下のアロカシア類、今日は棚上の柱サボテン類だ。この温室の雑草の最たるものがカランコエの錦蝶(Kalanchoe tubiflora)で、ムカゴで無数に殖えるので、手の着けようがないくらいだが、年に何株かは花が咲く。要するに2m位まで伸ばしてしまったということだが、咲けば奇麗な花だ。昨年、かなり整理したので、今年の開花は1株だけだ。ただちょっと殖... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/12 18:41
バナナの異常の原因は
バナナの異常の原因は バナナの花芽は茎の根元の生長点部分から伸び始めて、茎の中心を伸び上がって、最後に先端部の葉の間から顔を出す。しかし何かの原因で、その道がふさがれると、途中で花芽が大きくなってしまい、蛇がネズミを呑み込んだような、中膨れの状態になる。こうなるとにっちもさっちも行かず、枯れるのを待つだけなので、帝王切開よろしく幹を切り開いて花芽を横に出させる手術をすることがある。沖縄では台風被害予防のため、幹を切り開いて花芽を低い位置に出させ、そこにバナナを成らせるテクニックがある。要するに、それを模して幹を切り開... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/11 18:37
刺物の春
刺物の春 昨晩、たまたま欧米の種子業者のリストをネットでチェックしたら、フェロカクタス・ジョンストニアヌス(Ferocactus johnstonianus)の種を販売していて、これには驚いた。刺物としては貴重品中の貴重品で、私も30年近く前にメキシコのラウーさんから来た種を播いたことが1回あるだけだ。千載一遇のチャンスなので早速注文したが、エキノケレウスなどにも珍種が満載で、ついあれもこれもと注文してしまい、先々どうなる事やら。昨日紹介したルビスピヌス(Echinocereus rubispinus)の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/02/10 18:48
ようやく春らしく
ようやく春らしく 昨日、我が家の温室では小型マミの白斜子(Mammillaria pectinata)やロフォフォラが咲き始めて、ようやく春らしくなってきた。白斜子はキリンウチワ接ぎで育てたのだが余り大きくならず3号鉢に3本植えでちょうど良い大きさだ。逆に鳥羽玉の類である銀冠玉(Lophophora fricii)はキリン降ろしの生育が猛烈に旺盛で、たちまち4号鉢サイズに育って驚かされた。見る見る大きくなるという表現がぴったりの育ち方で、育てる側も思わずニヤニヤしてしまう。小型種として導入したロフォフォラ・コエレ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 18:32
ツバキなど
ツバキなど 我が家のシャクナゲモドキは正に満開で、今日も帰宅後は切り花にしてご近所に配る予定だが、ツバキもいくつかが見頃を迎えている。最初のピンクはサルウィンツバキ系交配種のデミューア(Camellia hybrid 'Demure')だ。ただしこの花は一重でノッペリと開くためヒヨドリのターゲットになってしまい、目立つ花はみな食害されている。次は原種ツバキ、グリシーの八重花品種菊花茶(C.grijisii)だ。良い香りがあるので十里香の中国名もある。昨年伸び過ぎた枝を切って半分位にしたが、結構良く咲いている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 11:31
カルメナエなど
カルメナエなど 今日は堆肥の切り返しなどの仕事に追われ写真も撮れなかったので、あり合わせの写真でご勘弁を。最初は我が家のマミラリア・カルメナエ(Mammillaria carmenae)、ピンクの花が1輪咲いて可愛らしいこと。本種は故アルフレッド・ラウー氏がメキシコで自生地を再発見し、アメリカのサボテン誌、カクタス・アンド・サキュレント・ジャーナルの表紙になるほど話題になった植物だ。基本種はクリーム色花だが、いろんな花色変異があってその園芸的価値を高めている。ラウー氏はフィールドに行くとき、自分が面倒を見ている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/07 19:24
早くもアマリリスの季節
早くもアマリリスの季節 パラモンガイアの花が終わったと思ったら、今度はブラジル産のアマリリス(Hippeastrum)が咲き出した。典型的なアマリリスなのだが、友の会のSさんにいただいた3タイプのうちの1つ。普通すぎてかえって同定に窮するという困った事態だ。普段、アマリリスのことなど分かったような事を言っていても、いざ現物を見せられるとこの有様だ。次は棚下で咲き始めたノボタン科のアルスロステンマ・パルビフォリウム(Arthrostemma prvifolium)、こぼれ種で自由に育てさせているが、季節になればちゃんと花... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/06 18:41
満開のホンコンドウダン、クリスマスローズ、アサガオなど
満開のホンコンドウダン、クリスマスローズ、アサガオなど 先日紹介したツツジ科のホンコンドウダン(Enkianthus quinqueflorus)がいよいよ満開で奇麗なこと。とにかく砂糖細工のように花がつやつやしていて最高の美しさだ。出来る事なら皆さんに実物をお見せしたい、そう思うくらい可愛らしいのだ。中庭の土手ではいつの間にかクリスマスローズのオリエンタリス(Helleborus orientalis)がわさわさと咲き始めた。つい先日まではその気配もなかったのに、咲き進むのは速いものだ。以前から咲いていた。ヘレボルス・フォエティダス(H.foeti... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/05 19:11
地涌金蓮は豊作
地涌金蓮は豊作 秋に満開だった中庭の地涌金蓮(Ensete lasiocarpa)、今は冬ごもり中だが、どの株にも果実がびっしり成っていて今年は豊作だ。とは言って食べられるわけではないし、何の利用方法もないのだが、お客様にこれがバナナの仲間だと説明するときには好都合だ。昔、まだ本種が日本に導入されたかしないかの頃、当時友の会の会長をされていた竹下康雄先生のお宅へ、種を3粒だか5粒いただきに行ったのも懐かしい思い出だ。勿論、発芽せず空振りに終わったのだが、それぐらい貴重品だったということだ。ここでも種は毎年、50... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/04 10:00
真っ赤な紅葉祭りなど
真っ赤な紅葉祭りなど 昨日、薗田君が入口の小花壇をやり直して、クラッスラの紅葉祭り(Crassula 'Momiji Matsuri')をメインに姫花月(C.ovata 'Hime Kagetsu')を植えてくれた。ここは雨は当たらないし、光線は強いしで、両種ともこれから益々色が冴えてくるのではないかと楽しみだ。そろそろ球根類のトップを切ってイヌサフラン科のアンドロシンビウム・カペンセ(Androcymbium capense)も白く色付いてきた。まだこれからだが、3鉢も置いてあるので、これから日ごとに立派になって行... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/03 19:22
ソテツの植え替えと消毒
ソテツの植え替えと消毒 今日は思い立ってソテツの鉢上げに取りかかった。実生で育てていたマクロザミア(Macrozamia)などが大きくなりすぎてどれも尺鉢に上げるのを迫られていたのだ。と言っても長年小さな鉢に押し込まれていた根株は簡単に抜けるものではない。角材で鉢の周りをたたき、縁をたたいて抜こうとしても、半分は鉢を割るような結果になってしまう。最初から鉢がはじけて割れ目の入っているものもあり、これだと割るしかないので、簡単だ。出来たら、抜いた鉢は次の苗の鉢上げ用に使いたのだが、そう計算通りには行かない。結局在庫の尺鉢... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/02 18:37
メキシコのアサガオが咲いたよ!
メキシコのアサガオが咲いたよ! 分園1号温室、入口の頭上には10年来メキシコのアサガオ、イポメア・ランビー(Ipomoea lambii)が植えてある。夏に咲くのがアサガオらしいのだが、本種に限っては今からが花時だ。夏はツルばかり繁って、短日のこの時期に咲くという変わり物だ。ただ咲かせるにもノウハウがあって、夏に繁り過ぎたツルを切り過ぎると、この時期ツルの伸びが悪くて花芽をつけない。かといって手心を加え過ぎると、今度はツルが天井を覆う位に伸びて持て余してしまう。結構面倒なのだ。去年は切り過ぎて花が少なかったが、今年は順調で、こ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/01 20:12
シャクナゲモドキの季節
シャクナゲモドキの季節 昨日、20℃にもなる春陽気で我が家のシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)が一気に咲き進んで、切り花にちょうど良い具合になった。マンサク科で中国からニューギニアまで分布があるが、この株は香港から来た優良クローン。そこで、今日は休みを利用して大枝を切り、園に持参して展示室や売店のカンザクラの生け花を片付け差し替えた。我が家の方が2週間ほど花が進んでいるので、先取りの展示には持って来いだ。実を言うと、我が家のシャクナゲモドキが大きく成り過ぎて持て余しているのが実情で、この際3m... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/31 11:25

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる