アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
華麗なウチワサボテンの花
華麗なウチワサボテンの花 先日、友人に手配を依頼された多肉苗を受け取りに知人の農場を訪ねたら、折から華やかなウチワサボテンが満開で大感激。今日はカメラはよかろうということで、車に置いてきたカメラを慌てて取りに戻り、駆け足で撮影してきた。このオレンジ色のウチワサボテンは私の最も気に入っている種で、ウルグアイ原産のオプンチア・メガポタミカ(Opuntia megapotamica)だ。私はパラグアイ原産のパラグアエンシス(O.paraguaensis)と独断で同定していたが、専門の友人がきっちり同定してくれた。明度の高いこの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/29 09:52
パンダも喜ぶヤマモモの季節
パンダも喜ぶヤマモモの季節 伊豆高原の溶岩台地を中心に伊豆半島にはヤマモモ(Myrica rubra)の木が多いが、ワニ園のレッサーパンダの放飼場にも雌雄の大株が2株あって、温室側の雌株が今鈴生り状態。この時期になるとパンダもヤマモモばかり食べているようだが、とにかく凄い量の実が成っている。画像はそのヤマモモの結実風景と居眠りしているパンダ。当園のヤマモモは野生種なので実も小さく、パチンコ玉程度の大きさだ。ワニ池ではアメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)が満開で、見事なものだ。そのかわり池に花が落ち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/28 17:58
クリナム揃い踏み
クリナム揃い踏み しばらく中庭を見ない間にクリナム各種が見頃を迎えている。先ずバナナ温室入り口横で咲いているクリナム・ポウェリー(Crinum x powelii)のピンク。これは在来の貧弱な花ではなく、白花種同様観賞価値の高い花だ。次がポウェリー・アルバム(C. x powelii 'Album')。最も丈夫で良く殖える大型庭園の定番だ。次が在来のポウェリー。写真だと最初の株と大差無いように見えるが、花が貧弱で、ふつうなら捨てるべき系統だろう。ただ、これが最初に日本に導入され、インドハマユウなどの名前で広く普及... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/27 18:24
青い絨毯の驚異、再来!!
青い絨毯の驚異、再来!! ワニ園の周囲でも、国道脇の法面でも一斉開花が目立つヒルガオ科のイリオモテアサガオ(Ipomoea indica)が、ここ数日で我が家の下の空き地でも満開になった。昨秋何度も記事にしたが、正に青い絨毯の再来である。今後、伸びて来るツルと格闘が始まるのだが、見事な花を喜んでいられないのがこの植物。十分心して対処しよう。ところで、このアサガオ学名はインディカだが、原産地はどこなのだろう。広く熱帯に害草として広まってしまったため、原産地が特定できないのだが、古い文献にはインディカなんて出て来ないので、最... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/26 10:14
ブロメリア温室の化粧直し
ブロメリア温室の化粧直し 先日、大雨の降った水曜日に本園ブロメリア温室の手入れと化粧直しに行って来た。ベテランスタッフが4人がかりで、ビカクシダの古株を片付け、新しく立てた木(ボク)にブロメリアを縛り付け、ついでに枯れた鉢なども片付けて小綺麗仕上げた。次回は中央の木の補強、充実があるのだが、それは木の準備が出来てから。木にブロメリアを縛って固定して行く場合は、当然の事だが光線を好む赤く発色するような植物を先端部に付け、下には弱光線、多湿を好む植物を付けて仕上げて行くのだ。片方で、鉢から抜いた株の根元に水苔を巻き、一方では... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/25 16:22
大雨の後で
大雨の後で 去る21日の夜、我が家の温室では夜の王女(Selnicereus pteranthus)が5輪咲き誇っていた。でも最近は、夜の女王も王女も明るい窓側、東を向いて咲くため写真が撮りにくくてしょうがない。この日も表に回って窓を開け、そちらから撮ったのだが、まだ小雨は降っており、びしょびしょになっての撮影だった。でも奇麗に撮れているでしょ。面白いことに、この日は台木用に養成しているキリンウチワ(Pereskiopsis porteri)にも花が1輪さいていたみたいで、これには驚いてしまった。そろそろ咲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/24 19:56
バショウの群開に遭遇
バショウの群開に遭遇 昨日、病院への道すがら、道路脇でバショウ(Musa basjoo)の群開風景を見かけたので、帰りに車を停めてゆっくり写真を撮ってきた。私もこれまで各地でバショウを見てきたが、こんな素晴らしい群生株のサンプルは初めてだった。7〜8本開花しており、しかもまだ苞だけの状態から、咲き始め、咲き進んだ花房、結実状態までが連続して見られ、正に生きた教材で私は大喜び。大体、普通のバショウは夏に一気に生育して10〜11月頃花を出し。小さいバナナが房状になった状態で冬を迎え、寒さで傷んでその房が枯れるというパター... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/23 18:58
今日もサボテンですよ
今日もサボテンですよ 実は今日は病院通いの日。別にどこも悪くないのだが、健康診断で必ず肺が引っかかるので、2年前から定期的に通院して大丈夫のお墨付きをいただいてくるのだ。そんなこんなで、この記事も昨日仕上げてあり、早朝アップして病院に出かけるという段取りだ。先ずはペルー原産、夜咲きの小型種ピグマエオセレウス・ビーブリー(Pygmaeocereus bieblii)だ。ご覧のとおり奇想丸に似た良い匂いの花をトランペット状に咲かせる。今年は本当に花数が多くてすてきだ。次はメキシコの小型種群。最初が黄花のオルテゴカクタス・... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 07:13
刺物ですよ
刺物ですよ 今日は大雨のなか終日温室の手入れでびしょ濡れに、写真どころの騒ぎではない。ということで先日の我が家の画像でご勘弁を。丁度刺物も咲いていたので、今日は刺物シリーズ。最初は長野の西沢カクタスさんからレコンテ玉(Ferocactus lecontei)としていただいたフェロ。私が仕掛けたキリンウチワブームの時、キリンウチワを送ってあげてお礼にいただいた植物だ。レコンテとは鯱頭の変種扱いされるごく近縁の植物だが、この株は太刺で非常に生育旺盛、そして刺落ちしないと、いいことづくめ、しかも正木なのだ。それが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 18:19
熱帯並みの華やかさ
熱帯並みの華やかさ 先日、近在でも屋外でブーゲンビレア(Bougainvillea)が見事だと書いたので、昨日写真を撮って来た。品種はワニ園でサンディエゴ・レッド(B.hybrid 'San Diego Red)と呼んでいる非常に鮮やかな花のタイプに良く似ている。最初は我が家の近くの整体師さんの治療院で、ご覧の通り、見事ブーゲンの花に覆われている。傍から見るのは良いが、近くでは枝に引っかかったり管理が大変だと思う。でも毎年同じように見事に咲かせているので、プロ顔負けの管理と言えよう。もう1つは海岸線で見た株で、これ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/20 19:11
花、花、花
花、花、花 今日の休みは久し振りに花の洪水に接し、温室は朝から暑かったけど大満足。特に最初のロビビア・ハエマタンサ・変種レブチオイデス(Lobivia haematantha var.rebutioides)の満開を見られたのは最高だった。ボリビア、アルゼンチンの産だ。本種は夜の王女に接いであるが、非常に生育旺盛で、今日が2度目の開花ピークだ。前回は早朝、開きかけの花しか見られなかったが、今日はピッタンコ。とにかくこのパステルピンクの色合いが最高で、これで原種なんだから神の仕事の素晴らしさに感謝したい位だ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/19 10:19
見慣れた花で御免
見慣れた花で御免 この時期になると被写体が少なくなり、どうしても我が家のサボテンを登場させてしまうが、そのサボテンも今シーズン何度目かの登場という定番ばかりで恐縮。まあカラフルだからということでお許しを。最初は三角ランポー玉(Astrophytum myriostigma)だ。有星類は丈夫な植物で滅多に枯らすことはないが、その分老株になって増稜したり形が乱れたりと、イメージからずれてしまうことが多い。本種も花に隠れているが稜が殖えそうな雰囲気だ。次は黄小輪花が特徴のチューレンセ(A.tulense)。メキシコ自生... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/18 19:15
ジャカランダとブーゲンビレアですよ!
ジャカランダとブーゲンビレアですよ! 昨日、本園のジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)に言及したので、今日写真を撮りに行ってきた。ブラジル原産で、世界に普及した熱帯花木の代表種でノウゼンカズラ科に属する。今年は花数が少なくちょっと寂しいが、そろそろ満開かという状況だ。やはりこの木を見るにはワニ園売店前かマイクロバス乗り場からで、下から見上げても高過ぎて駄目だ。今日は橋の上、マイクロ、6号への階段、マナティーの屋根の上など各方向から撮ったが、マナティーの屋根に乗っても花は5mも上で、随分大きくなったものだ。やはり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/17 20:11
アメリカデイゴなど
アメリカデイゴなど 今日は高校時代の友人が訪ねて来たので、園内を案内し、あれこれ話もしたが、私がワニ園に来て40年、初めて名指しで訪ねてくれたということだ。大学時代の友人は農学部で同じ専門が多いから訪ねてくれる人も多いが、高校時代の友人は初めてだったのだ。考えてみたら過去に、中学時代の友人が一人、小学校時代の知人も一人で、これだけ有名な園にしては随分少ないと思う。多くは私が働いていることなど知らずに通り過ぎていくのだろうが、それだけ私が畑違いの職場に就職しているということだ。 さて、分園ワニ池の周囲ではブラジルが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/16 20:07
ティランジアがいいね
ティランジアがいいね ここに来てティランジアがあれこれ咲いている。最初がキセログラフィカとブラキカウロスの交配種(Tillandsia xerographica x T.brachycaulos)だ。まるで大型のカピタータみたいだが、生育も旺盛で大きな株だ。ただ、花序の色着きは今一で、もっと鮮やかだったらと思うのは高望みか。今日はコロンビア原産のアンドレアナ(T.andreana)も咲いていたが、いつ見ても可愛い花だ。交配種の横ではエクアドル原産、多肉フリーセアのエスピノーサエ(Vriesea espinosaeが咲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/15 19:48
球根ベゴニアが2度目のピークに
球根ベゴニアが2度目のピークに 当園の場合、球根ベゴニア(Begonia tuberhybrida)は冬の展示のメインだが、残りのストック球根を2月以後に催芽し育苗した株が今開花のピークを迎えている。暑さに弱い球ベゴだけに、非常に手間がかかるのだが、梅雨の間は良い状態で飾れそうだ。今後株の保ちは温度次第で、なるべく曇天、降雨の日が続いてくれると助かるのだが、園の作業として雨は困るわけで、この辺にジレンマもある。球ベゴに続いて蒸し暑さに強いイワタバコ科のグロキシニアも咲き始めた。驚く程生育旺盛な植物で、株がたちまち大きく成ってス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/14 09:46
アンスリウムがいいね!
アンスリウムがいいね! 分園の1号温室では今アンスリウムが見頃だ。兎に角花数が多くてとても素晴らしい景観を演出している。春からの好天と高温がこれらの生育にとても効果的だったということだろう。ここに植えてあるアンスリウムは、1982年にハワイから導入した品種群がもとになっており、それが35年間連綿と維持されて来たということだ。当時、ハワイのアンスリウム(Anthurium andreanum)は日系人の独壇場で、品種名もオザキ・レッド('Ozaki Red')だカンダ・ピンク('Kanda Pink')だとか日本語由来が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/13 18:26
サボテンの果実など
サボテンの果実など 今年は好天が続いたせいかサボテンが自然結実してカラフルな果実を見せているので、今日はその特集だ。 最初はお馴染み大きな果実のメロカクタス・シャッツリー(Melocactus schatzlii)。ここに来て大きな果実を沢山突き出し始めた。次は刺物でフェロカクタス・レッペンハーゲニー(Ferocactus reppenhagenii)だ。自家受精することの少ないのがサボテンの特徴だが、本種だけは毎年よく結実する。だからこれら親木も私が自家採種して育てた株だ。次は天城(F.macrodiscus)... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 16:54
ベニバナグスタビアなど
ベニバナグスタビアなど 本園の花木温室でベニバナグスタビア(Gustavia gracillima)が咲いているので撮影に行ってきた。サガリバナ科の珍しい花木でコロンビア原産。木が3mにも伸びて花をどうやって撮ろうなんて思いながら行ったが、枝をたわめたら案外簡単に撮影できた。現物より写真の方が奇麗に写っている印象もあるが、写真を撮る時は背伸びして必死で撮っているので、花を愛でる余裕がなかったということだろう。2005年に苗木をいただき、2014年に初開花、以後毎年咲いているはずだが、今年は特に沢山咲いたので皆が注目する... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/11 18:49
ハワイを思い出すね!
ハワイを思い出すね! 今日が本園シリーズ3回目。今春8号温室でヘリコニアの植え替えをやっていたはずだが、先日見にいったら、それらが本当に良く咲いていて感心してしまった。まるでハワイに行ったみたいで、逆に言えばお客様は居ながらにしてハワイの雰囲気を味わえるということだ。ヘリコニアはフミリス、ロストラータ、ジャマイカ(Heliconia humilis, H.rostrata, H.'Jamaica')などだがやはりこういう大型植物が咲くとエキゾチック感も半端ではない。同様に今満開で華やかさを演出しているワルセウィッチア... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/10 09:42

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる