アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
早くもアロエの季節
早くもアロエの季節 私の通勤路、稲取高校の下の石垣でアロエ(Aloe arborescens)が満開になった。毎年紹介しているので珍しさはないが、季節の風物詩というか、青空に映えるアロエのオレンジ花は鮮やかでいいもんだ。昨日は帰宅途中、わざわざUターンして車を停め、撮影してきた。稲取の町を見下ろす高台にあるので、町を入れて撮れれば絵になるが、向きが逆なので、撮ってもこんなもの。南アフリカ原産、医者いらずの呼び名もある最もポピュラーなアロエで、ツルボラン科の多肉植物。次は我が家のネリネ(Nerine sarniens... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/23 17:59
奇想天外、今年の生長量は?
奇想天外、今年の生長量は? 毎年、この時期になると奇想天外(Welwitschia mirabilis)の葉の長さを計って、その年の生長量を記録している。2枚目画像の最大の株No.3が葉幅21.5cmで長さが20cm増え354cmになる。同じ鉢に植わっているNo,4の株が葉幅21cm、長さで21cm増え315cmになった。ただ実際は葉先からどんどん枯れて行き、実際に生きている長さは1m位だ。もう1株、まだ未開花のNo.6は葉幅15.5cm、長さは14.5cmしか増えていないで305.5cmだ。実生14年でほぼ株は成熟し、目... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/22 09:50
冬が来た。4℃!
冬が来た。4℃! 1977年以来の寒波で今朝は4℃、信じられないような冷え込みに震え上がってしまった。幸いこの温度で枯れる植物はないが、流石に夕方、外に置いてあったオニソテツ(Encephalartos)の大株2つを温室に収容した。我が家ではツバキやハルサザンカが咲き始め、やはり冬の訪れを告げている。最初は白小輪の人気品種「細雪」(Camellia japonica'Sasameyuki')だ。生育の遅い種だがいつの間にか背丈程に育っている。次は早咲きのハルサザンカ「宝塚」(C.vernalis'Takarazu... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/21 19:43
仙台に行って来ましたPart3
仙台に行って来ましたPart3 動物展示で、私にとってベストはシロクマでした。巨大なクマを目の前で見られる迫力は凄いです。それに大きくても可愛らしさがあり、私の好みにぴったり。爬虫類館の充実にも感激しました。我々の専門であるワニはブラジルカイマンとメガネカイマンの2種だけで物足りませんでしたが、多くの爬虫類をこれだけ見られる施設も珍しく、しかも地元で見られる野生のアオダイショウなども平等に展示していていました。それはほ乳類なども同様で、イノシシやアライグマなど、身近な動物もしっかり展示していました。勿論、ゾウやキリン、サイ、カ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/20 09:47
仙台に行って来ましたPart2
仙台に行って来ましたPart2 種保存会議は2年に1度の大事業で、日本全国の動物園、水族館の専門家が集い、動物園水族館協会の取り組む種の保存事業に関わる課題を検討する場なのだ。私は植物が専門だが15年程前からワニを担当しているので、必ず出席が義務づけられている。獣医さんの集う非常にレベルの高い会議なので、私は隅で大人しくしているだけだが、それでも数出席すれば知己も出来るし、夜の飲み会で多くの情報を得ることもできる。そして開催園を見学して帰って来るという流れだ。開催園は仙台市の八木山動物園で、勿論私は初めて。寸暇を惜しんで見に行... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/19 20:14
仙台に行ってきました
仙台に行ってきました 木、金、土の3日間、日本動物園水族館協会の種保存会議で仙台に行ってきました。画像は八木山動物園です。 今日の午後、雨が心配だったのですが、幸い穏やかな曇天で暖かく、駆け足で園内を見て、今熱川に帰り着いた所です。今日は帰着報告だけでご勘弁を。缶詰にされての会議は苦手です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/18 20:12
ダドレアの挿し木
ダドレアの挿し木 18日まで出張なので、これは18日の分。私は窓辺のダドレアの丈が高くなり過ぎると幹を短く切って挿し木更新する。今年はダドレア・アントニー(Dudleya anthonyi)3株と、ダドレア・パキフィツム(D.pachyphytum)の2頭株がその番だった。秋になって一旦株に給水させ、生育がスタートしてロゼットがはち切れるようになってから切ると、空鉢の上に置いて乾かしていても衰弱せず、1ヶ月ほどで発根して来る。それからやおら植え付ければ良いわけで、これなら絶対腐らせる心配はない。発根すればたちまち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/16 06:58
園内あれこれ
園内あれこれ いよいよ寒くなって来たので外の人形に飾ってあったブロメリアを温室に収容し、ネリネ(Nerine mansellii)を飾ってみたら結構良い雰囲気だ。根元のポリキセナ(Polyxena paucifolia)の鉢植えとの対比が良く、また色合いも明るいピンクでとても良い感じ。温室ではタイのソテツ、サイカス・シンプリシピンナ(Cycas simplicipinna)の実が熟して、さあ収穫して下さいという雰囲気で実を展開している。土曜までの出張から帰ったら収穫することにしよう。ソテツではマクロザミアに続... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/16 06:52
ワニも日光浴
ワニも日光浴 ここのところ暖かい陽気が続いてワニも嬉しいらしく、日がな日光浴だ。先だってアメリカデイゴの枝を全部払って丸坊主にしたので、ワニ池も陸地も日当たり最高。ということで、ワニものんびりと昼寝をしている。陽気が暖かくなれば、水温も冷めないで暖かいので、ワニにとっても天国だろう。週後半には寒くなるという予報もあるので、この際目一杯日光浴をしておいてもらいたいものだ。最初の画像はナイルワニ(Crocodylus niloticus)のペア、横からみると大型の雄はスラッとしているように見えるが、後から見るとご... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/15 18:25
竹切り完了
竹切り完了 昨日、私は休みなのに、出勤したスタッフ総動員で竹切りをやってもらった。結果天井は奇麗に片付きサイドに伸び出した竹だけが残っていたので、今日はそれを片付けた。金曜日から始めて5日がかり、ダンプ3台分の竹を切って、ようやくすっきりしたということだ。誰しも、次はこんなになる前にやろうと思うのだが、毎回同じ事を繰り返している。兎に角、すっきりしてこれで正月が迎えられるということだ。ちょっと早いか。画像は研究室から。 我が家では1本だけ、先に畑の群開を紹介したグラジオラス・ダレニー(Gladiolus ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/14 18:43
大鳥舎の竹切りなど
大鳥舎の竹切りなど 先週の金曜日から懸案だった分園大鳥舎の上に伸び出した竹の刈り取りを始めた。この鳥舎には大型になるバンブー、大型のダイサンチク(Bambusa vulgaris)と小型のダイフクチク(B.ventricosa)などが植えてあり、ダイサンチクは今が竹の子が伸びる時期だ。昨年来、やろうやろうと言いながら先延ばししていた仕事だが、ここまで繁ってはほっておくわけにも行かず、先ず横に飛び出した枝をと言うことで私が切り始めたのだ。金曜日は主に横面、昨日は上面に手を付けたが、兎に角凄まじい繁りようで、金網の上に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 09:06
暖かいといいね!
暖かいといいね! 昨日は朝方の大雨のあと快晴に恵まれ、ベランダの熱帯スイレン紫式部(Nymphaea micrantha hybrid 'Murasaki Shikibu')が奇麗に咲いていた。また傷んで温室の棚下に収容したカペンシスのピンク(N.capensis 'Pink')も暖かい温室の中で元気を取り戻し、これも奇麗に咲いていた。お日様のエネルギーとは大したものだ。スイレンのカペンシスは勿論南アフリカのケープが語源でそこ原産だ。ベランダでは黄花のオキザリス、マンジャナ(Oxalis 'Manjana')とピ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/12 18:56
ベランダの整理
ベランダの整理 我が家では、11月になってベランダの熱帯スイレンを温室に収容し、耐寒性の強い紫式部2株だけを残して、あとは球根類の鉢植に置き換えた。そろそろ芽も生え揃って来て、暮れ咲きのグラジオラスには花芽が出て来たし、オキザリスもボチボチ咲始めた。小型球根のストゥルマリア・トゥルンカータ(Sturmaria truncata)も咲いている。実生で殖やしたのだが、今年は1株しか咲いていない。ネリネ(Narine sarniensis hybrid)も在来の赤がかろうじて咲いているが、今年は天候不順もあって兎に角... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 10:10
八重の皇帝ダリア、紫宝など
八重の皇帝ダリア、紫宝など 分園の中庭では八重の皇帝ダリア、ダブル・オア・ナシング(Dahlia imperialis 'Double or Nothing')が満開だ。先の台風で少し姿は乱れたが、ほとんど折れずに奇麗に咲いている。普通の一重や白の八重もあるはずだが、ここ数年本種が強勢だ。また分園入り口では冬の伊豆の風物詩、マツバギクの紫宝(Lampranthus zeyheri)が咲き始めた。キラキラと光を反射する赤紫の花弁は最高に美しい。本種は晴れていないと花が開かないのは他のメセン類と同じだが、奇麗に展開するには気温... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/10 19:41
ポリキセナ、ネリネ、モラエア等
ポリキセナ、ネリネ、モラエア等 ようやく秋の好天が続くようになり、可愛らしい花も咲くようになった。最初は平鉢に寄せ植えしたポリキセナ・パウシフォリア(Polyxena paucifolia)だ。ピンクの花が可愛らしくて、今の時期の小鉢物としては人気NO.1だろう。育ちは良い、球根は良く殖える、実生も簡単とあって、まさに私好み。南アフリカ原産でヒアシンス科だ。次はネリネの交配種マンセリー(Nerine mansellii)だ。我が家の大鉢と違い、栽培温室では普通の鉢で育てているが、花はちゃんと咲く。これはヒガンバナ科。次は展示室... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/11/09 12:59
パンダの三つ子ですよ!
パンダの三つ子ですよ! ワニ園では今年レッサーパンダに三つ子が生まれ、放飼場デビューを今か今かと待っていたが、11月になってようやく巣の外へ出て遊ぶようになった。私自身、まだ3回位しか見ていないが、この日は飼育係に教えられ、慌ててカメラ持参で見に行ったのだ。こうなると一般のお客さんと似たようなものだ。1回目は2頭がちょこんと飼育室の入口に立っていたもの。2回目は1頭だけ木に登って母親と一緒にいたもの。そしてこの3回目は2頭がお客さんの近く、ツゲの植え込みの横でちょこまかしているのと、もう1頭がエサ場の近くでこっちを見て... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/08 19:27
グラジオラスとツリートマト
グラジオラスとツリートマト 昨日の休み、帰宅後サボテンの花の写真を撮ったのだが、コンピュータに取り込もうとしてカードが入っていないことに気が付いた。画像取り込みの際、電池を替えて試運転したのが間違いで、そのままカードを入れ忘れたのだ。だからカメラの本体に記録されているわけで、その情報を取り出したくても、接続コードも見あたらず、結局あきらめるしかない。ということで、今日のブログネタがないので、朝栽培温室に行く時、宿舎の畑にあるグラジオラスを撮りにいった。そうしたらその畑の入口にツリートマトの実が落ちて散乱しているではないか。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/07 18:21
ネリネがいいね
ネリネがいいね 我が家でもようやくネリネ(Nerine sarniensis hybrid)が咲き始めた。最初の2株は知人の育種品をいただいたものだが、開花株を30株もいただいたのに、2年目からは5〜6株しか咲かず、つくづく自分の下手さ加減にため息がでる。でも1株でも存在感のあるのがこのネリネの良さで、朝日の中で花弁がキラキラと輝き奇麗なものだ。3番目の白は、私のお気に入りで、清瀬の横山園芸で分けていただいたもの。花にチョコレートの香りがあるということだったが、それよりも丈夫で生育の良いことが特徴で、毎年咲くし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/06 09:33
ラウーイが順調
ラウーイが順調 私の研究室の窓辺の多肉、10月から潅水を開始し、ここに来て一気に膨らみ始めた。ただエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)だけは夏に育つということで、これまでの慣例を破って潅水を続けたところ、信じられない位元気に育って驚いている。今まで自分は何をやっていたんだと自己嫌悪に陥るほどの生育振りで、最初の株はもう5号鉢一杯になりつつある。これなら直径15cm も間もなくだろう。次の株が4.5号鉢だ。ラウーイはメキシコ南部オアハカ州の産。3、4枚目はダドレア・アントニー(Dudleya an... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 18:49
秋日和の花−2
秋日和の花−2 我が家の温室には大きなガマガエルが住み着いていて、夏などはスイレン用の水槽で水浴びなんていつもの事だ。ただ困るのは、夜私が温室に行くと、通路に座っていることが多いのだ。気が付けばどいてもらうのだが、気付かずに踏みつけてしまうのも一再ではない。踏みつけた瞬間、それと悟って力を抜くので、蛙もかろうじて逃げるが、相当痛いはずだ。それなのにこの温室から出て行こうとせず、居座っている。先日も、足の部分を踏みつけたようで、慌てて棚下に逃げ込んだが、痛いとは騒がないのでかえって心配になる。その後は数日見かけな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/04 19:27

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる