アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
本園6号温室の補植
本園6号温室の補植 18日の木曜日は栽培温室の薗田君と協力して、本園6号温室の補植充実作業を行った。現場のスタッフ4名の応援を得て、枯れた植物の補充や新規植物の植え込みなど、合計30数種200株位は入れただろうか。作業が終わっても、補植は植えたとわからないように植えて行くため、普段ゆっくり見ていない人には何が変わったのという感じだが、確実に充実したのは事実だ。要はアラ隠しなのだが、これから暖かくなって、補植した植物が育って来れば、背景が確実に緑で覆われ、よりジャングルぽくなって来るはずだ。後はラベル作りだが、こちら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/20 10:23
パラモンガイアのウイルス
パラモンガイアのウイルス 植物とウイルス罹患は避けて通れない問題で、アマリリス、ネリネ、ブルンスビギアなども問題だが、南米ペルー原産のパラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)も例外ではない。種で導入から23年、3代目の実生まで育てている今日だが、今年は2代目の株にウイルスが出て参ってしまった。マスクされていても一緒に置いておいた親株も罹患していたのだろう。はっきり罹患していても、3年続きで開花していた株は他と離して管理していたのだが、今年もまた花が咲いて、その花着きの良さに驚いてしまった。今日の... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/19 19:32
アンドロシンビウムなど
アンドロシンビウムなど 我が家のアンドロシンビウム・カペンセ(Androcymbium capense)が見頃を迎えた。本種は白い苞が目立って来たらリビングに取り込んで飾るのが常で、部屋の暖房で苞が一気に育って見事な姿になるのだ。南アフリカ原産でイヌサフラン科。昨年はホームセンターのピートモス主体の培養土を使ったら球根がみな駄目になってしまい参ったが、今年は従来の赤玉土の培養土に戻してご覧の通り上手に育ってくれた。同じ球根でもアヤメ科のモラエアはその培養土で大丈夫だったのだが、今年植え込んだモラエア・ネオパボニア(Mo... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/18 19:31
クリスマスローズなど
クリスマスローズなど 世の中はクリスマスローズ人気が相変わらずのようだが、私はサボテンや熱帯スイレンのように鮮明で光沢のある花が好きなので、余り好きにはなれない。ただ園内にも早咲きの原種ヘレボルス・フォエティドゥス(Helleborus foetidus)が植えてあってぼつぼつ咲いてきている。しかし前述の通り地味な花で、目立つものではない。同じ春を言祝ぐなら、私としては福寿草の方が好みだ。キンポウゲ科でヨーロッパ原産。これまで何度か取り上げたソシンロウバイ(Chimonanthus praecox form.conc... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/17 11:31
不明ソテツの名が判明
不明ソテツの名が判明 ここに来て南アフリカのオニソテツが2株同時に雄花を咲かせた。1つはエンセファラートス・ヒルデブランディー(Encephalartos hildebrandtii)、もう1つはずっとE.sp.で扱っていた不明種だ。これまで40年近く、僅か2〜3mの距離なのに一方が咲くときは他方に花が無く、もしくは時期がずれたりして、1度として同種ではないかと考えたことはなかった。以前、本属を徹底的に調べた時、既に何種かは不明種が同定できたので、それ以上はなかろうという思い込みもあった。ところが今回、2株が同時に新... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/16 18:39
27年目の開花?
27年目の開花? 暮れから花が出ていて開花を待ち望んでいたティランジア・ラティフォリア変種リューコフィラ(Tillandsia latifolia var.leucophylla)がようやく咲いた。で、つらつら考えてみるに、本変種の開花は私にとって初めてではないかと思い当たった。昔のスライドをひっくり返してみても写真は出て来ないし、私自身花を見た記憶がないのだ。本種は1991年5月にフロリダのトロピフローラから導入し、早くから通路上に吊ってあった。兎に角生育の遅いのは驚く程だが、丈夫なのも天下一品だ。そして201... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/15 19:41
冬寒の中で
冬寒の中で 我が家の庭も寒中は花が少ない。ベランダに置いたグラジオラス・プリオリー(Gladiolus priorii)が最後の花を鮮やかな色合いで咲かせている。この所毎日0℃前後の陽気で、鉢にも霜柱が立っているような状況だが、それでもこの状態だ。特にこの遅咲きタイプは緋色が濃くて美しいと思う。アヤメ科で南アフリカ原産だ。ツバキでは赤一重の紺屋小町(Camellia japonica'Koya-Komachi')がぽつぽつ咲いている。本来は濁りのない赤なのだが、寒さのおかげでブルーイングして、要するに弁が紫... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/14 09:44
アングレカムなど
アングレカムなど 8号温室に行ったついでにあれこれ撮って来たが、丁度マダガスカルの着生ラン、アングレカム・エブルネウム(Angraecum eburneum)の開花期で良く咲いていた。池の縁では白花のエビネ(Calanthe)、多分タイでの採集品だったと思うが満開だった。。ビカクシタはどれも生育旺盛だが、柱に着けてあるニューギニア原産のワンダエ(Platycerium wandae)が見事だった。これはウラボシ科。オオオニバスの池ではアカバナ科でミズキンバイに近縁のルドウィギア・セドイデス(Ludwigia se... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/13 19:06
本園6号温室
本園6号温室 ここは観葉植物が多いので、カエンカズラやジェードバインの開花を紹介する程度で、余り目立たない温室だ。先日はカメラを持ってゆっくり回ったので、私の植えたソテツの様子も撮って来た。最初はオーストラリア原産スタンゲリア科のボウェニア・スペクタビリス(Bowenia spectabilis)。3株並べて植えてあって、あわよくば採種をと考えていたのだが、生きているのが有り難いという状況なので、種などまだまだ夢の話しだ。ただし先日は雄の球果が2つ見えたので写真を撮って来た。一番元気な雄株はいままでも何度も咲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/12 18:40
熱帯スイレンが見事Part2
熱帯スイレンが見事Part2 昨日は、写真を使いたくても赤花のスイレンの品種名に自信がなく、改めて確認してきた。今の時期、バラ色花の品種が非常に濃く咲いて、赤と言ってもいいような色合いだ。最初がタイの品種プラオウ(Nymphaea hybrid 'Praow')、次がマイアミ・ローズ(Miami Rose)だ。私はプリング博士の作った古い品種はちゃんと覚えているが、比較的新しい品種は、名前と実物がなかなか合致せず、自分で撮った写真でも品種名が出て来なくなったりする。スイレンを一生懸命勉強したのは入社直後の40年前で、当時、園... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/11 18:15
熱帯スイレンが見事
熱帯スイレンが見事 昨日、本園をじっくりと視察してきたのだが、この時期、やはり熱帯性スイレンの温室が一番見事で素晴らしい。冬至を過ぎ、日が長くなってくると株も花も大きくなり、しかも低温のおかげで花が時間をかけて育つため、より豪華に咲いてくれるのだ。最初は全景、これは手すりの間から、なるべく低い位置にカメラを置いて撮るのがこつで、水面に立ち上がった花を見せる事によって、熱帯性スイレンの特徴を伝え易いからだ。次はクリーム色大輪のセントルイス(Nymphaea hybrid'St.Louis')、100年も前の品種だが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/10 10:08
早くもカエンカズラが!!
早くもカエンカズラが!! 今日は正月明けで余裕もできたので、本園の温室を順番に視察してきた。そうしたらちょうどうまい具合に6号温室のカエンカズラ(Pyrostegia venusta)が咲き始めていた。報道に出すのにグッドタイミングだ。例年よりツルが少なく、花数も少ないような気もするが、そのかわり奇麗に整列して行儀よく咲いており、これも管理する担当者の個性だろう。どこからも写真が撮りやすいというのは良いことで、有り難いことだ。このカエンカズラは南米では路傍の雑草で、どこにでもあるのだが、逆にそれ位丈夫な植物でないと地球の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/09 19:14
ディソカクタス・アマゾニクス
ディソカクタス・アマゾニクス アメジストやエメラルドのような素敵な色の蕾を持つディソカクタス・アマゾニクスの花が、珍しくも開いていた。蕾が奇麗なので、咲いた花をあまり気にしないせいもあるが、今回の花はとても奇麗に見えた。もともと本種は、メキシコのプラント・ハンター、アルフレッド・ラウー氏が封書に干からびてシナシナの茎節を同封して送ってくれたもので、パナマで採集したものだ。だから正確にはアマゾニクスの亜種パナメンシス(Disocactus amazonicus ssp.panamensis)で、蕾は基本種より倍も大きくなる、観... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/08 15:42
フリオ・イグレシアス
 フリオ・イグレシアス 私は学生時代、メキシコ行きを夢見てスペイン語の独学をしていた。そして卒業した年の5月、そのメキシコ行きの夢が叶い、新植物園開園準備のためフィールドでのサボテンや多肉植物の採集と荷造り、発送の仕事を行った。勿論、スペイン語はおぼつかなかったが、11ヶ月の滞在期間中にメキシコ人の友人が多数できて親しく行き来を繰り返した。その頃、行く先々の食堂などのジュークボックスで流れていたのが、スペイン人のフリオ・イグレシアスが歌う16歳という曲だった。16歳の少年と15歳の少女の出会いと恋のときめきを歌った曲で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/07 18:59
元旦のサボテン
元旦のサボテン 今年は元旦に休めたと前に書いたが、その時撮ったサボテンの写真を紹介する。最初は刺物の王様、金鯱(Echinocactus grusonii)、この株はかつて長刺金鯱として四国の方にいただいた種の実生で、もう30年近いだろう。ふだんはゆっくり眺めることもないのだが、こうして写真にしてみると、良い刺だなと認識を新たにする。続いて白刺金鯱だが、2本は私の実生接ぎ降ろしで、特に2枚目の株は良い刺だ。前種の白刺版だ。次は折から開花中の日の出丸(Ferocactus latispinus)、両角さんの日の出... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/06 19:01
春の息吹
春の息吹 今朝は朝6℃もあって暖かいなと思いながら園に来たが、気温は日中もずっと6℃のままで寒いこと。終日駐車場は暮れからの恒例だが、日射しがないと気分も盛り上がらない。そんな寒さの中で春を求めてあれこれ写真を撮ってきた。最初がスイセンで、分園ゲート手前の石垣下には道上の石垣から転がり落ちたスイセンが根付いて群生になっている。一重の日本スイセン(Narcissis tazetta var.chinensis)で、下田の爪木崎の300万輪の野生スイセンと言われている種類だ。道下は一重ばかりだが、駐車場横、ビ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/05 18:10
奇麗だね、豪華だね
奇麗だね、豪華だね 私が初めて球根ベゴニアの豪華な花を見たのは、22歳の時。メキシコ滞在中、植物の荷造りで世話になっていた日本人の農場で、1株が咲いているのを見て、その美しさに感嘆したのだ。それが後年、ワニ園の温室でも球根ベゴニアを栽培することになり、日本の第一人者吉江清朗氏の指導を受けて直径20cm以上もある大輪花が溢れるほどに咲いて、こんな嬉しいことは無かった。その後、吉江さんは球根生産から引退したが、地元の生産者のコネを得て毎年球根を納入して貰い、今日まで続いている。そして今シーズンの花がいよいよピークになろ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/04 19:12
ステノメソンなど
ステノメソンなど 実は数日前からステノメソン・バリエガータム(Stenomesson variegatum)が咲いているのだが、派手なパラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)の影に隠れて目立たない存在になってしまった。これもパラモンガイアとおなじ南米ペルー原産のヒガンバナ科大型球根で、これも珍品のうちだ。当園には大株が2つあり、兄弟のはずだが、1つは冬咲き、1つは夏咲きで面白い現象だ。ただし冬の方が圧倒的に花保ちがよいし、葉もないのでよく目立つ。昨年。いたずらで同時に咲いているパラモンガ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/03 18:58
椿の春
椿の春 正月になり、園内の椿も見頃を迎えた。一番派手なのがロゼフローラ交配のヌッチオNo.7501(Camellia rosaeflora hybrid 'Nuccio#7501')で3m以上に伸びて、上の方は満開だ。ピンクの原種、中国原産のロゼフローラ(Camellia rosaeflora)の色変わりみたいな存在で、樹姿はそっくりだが、花色が濃いバラ色なのでミニ系の花としてはとてもユニークだ。その横では香りのツバキ、沖縄原産ヒメサザンカ交配の「香妃」(C.lutchuensis hybrid 'Ko... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/02 18:59
おめでとうございます
おめでとうございます 2018年も好天で新年を迎えました。新春恒例、分園ゲート前で初日の出を撮影し、新年がはじまります。風のない穏やかな日で最高の元旦です。読者の皆様、本年もよろしくお願いします。温室ではパラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)が4輪揃い踏みで、これまた最高の贅沢。更に2株に蕾が確認され、今シーズンは都合7輪咲くことになり、長年の丹精がようやく報われてきました。ペルー原産、ヒガンバナ科の球根植物で、私の最も好きな花の1つです。球根ベゴニアもほぼ半数が咲いてきて、まさにこれから... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/01 08:51

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる