アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
キンモクセイの季節
キンモクセイの季節 分園中庭にはロータリークラブの記念植樹したキンモクセイ(Osmanthus fragrans var. aurantiacus)とギンモクセイ(O.fragrans)があり、これが大きくなって今が満開だ。キンモクセイはパーラーの屋上から正面に見えるが、1株で10坪はあろうかという大株。今が見頃で香りも最高。その横、ゾウガメ温室寄りにギンモクセイが植わっているが、5年位の差があるので、こちらはやや小ぶり、と言っても前種に比しということで十分多きい。10月を前にして秋だなー、ということだ。芝生の奥で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 20:08
蒸し暑さの中で咲いた花は
蒸し暑さの中で咲いた花は 昨日の温室の暑さは異常で、汗まみれになってしまったが、花はそれなりに咲いてくれて目の保養になった。最初は小型種のチュルビニカルプス・アロンソイ(Turbinicarpus alonsoi)。年に何度目かの開花だが、私の好きな花色なのでどうしても目が行く。かつてメキシコで本種の自生地の近くを散々歩いているのだが、記載前の事とて、本種の事など知る由もない。次は銀冠玉(Lophophora fricii)の細弁花。実生して3本育ったうちの1本だが、こんな花を付けて珍しいこと。次はパラグアイで山採りのギ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/29 18:44
今年のキリンウチワ接ぎは
今年のキリンウチワ接ぎは 今年もキリンウチワ接ぎを利用して実生苗の促成をしているが、総じて順調で、各種3〜6本の苗ができて、今や旺盛に成長している。一番好成績なのは、春に茎節の芽先を接いだオーストロキリンドロプンチアのフェルシャフェルティー(Austrocylindropuntia verschaffeltii)で、もう長さが40cmに達している。数年前シャボマニアックさんにいただいたオプンチアの中で、本種の花が綺麗で扱いやすいので、来年の開花を期待して接いでみたものだ。ここまで育つと持て余し気味だが、大株になれば花も沢... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/28 10:21
水遣りの効果は
水遣りの効果は 昨日は潅水後のエアプランツの劇的な回復を報告したが、研究室窓辺の白い多肉も同様だ。うまい具合に涼しくて雨模様の日が続いたので、多肉も水を吸いやすかったのだろう。2回の潅水で、完全に秋の生育モードに突入し、葉は既に水を吸って十分膨らんでいる。これからは1日ごとに大きくなるはずだ。1、2枚目が全景、何となく元気になったのがわかるだろうか。3枚目はエケベリアのラウリンゼ(Echeveria 'Lau-Lindsayi')、完全復活でもうパンパンだ。その後の仙女盃(Dudleya brittonii)と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/27 18:15
エアプランツの手入れ
エアプランツの手入れ 今年の秋の長雨はまさにうんざりする程の長雨で、おかげでティランジアの手入れと潅水が心置きなくできた。温室が涼しいと手入れも落ち着いてできるので、植物にとってもプラスだろう。水苔植えの株、干からびていた水苔から吸水した水苔に植えてもらって、植物も嬉しそう。有る程度片付いた時点で、2度目の潅水をやり、画像の多くはその翌日のものだ。だから一気に吸水してとても元気になっている。画像は1枚目が入口から見た全景、次が奥のカピタータ系(Tillandsia capitata)のコーナー、真っ白なアルビダ(T.... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/26 18:57
新刊書到来
新刊書到来 昨日、東京カクタスクラブの会長松原氏から「にっぽんの伝統園芸」という本が送られてきた。氏が「舶来珍奇植物の雄、仙人掌の歴史」という記事を書いて、サボテンや多肉の素晴らしい写真が沢山出ているからで、趣味家にとってはいかにも楽しい本だ。確かに今日、日本のサボテンや多肉の栽培は、育種の技を競い、優良形質の獲得に血道を上げる、まさに伝統園芸的スタイルが主流になっているようだ。私もそれで芸術品のような美しい植物ができるのだから、それはそれでいいと思う。どうせなら綺麗な方がいいに決まっている。春蘭や風蘭、松... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/09/25 19:33
アフェランドラとアップルバナナ
アフェランドラとアップルバナナ 昨年から栽培温室に預けておいたアフェランドラ・アルボレア(Aphelandra arborea)、花が出たので1号温室に戻ってきた。この1号温室は私が担当している関係で、新規導入植物の実生や試作の場となっていて、本来はバックヤードですべき仕事を兼ねている。展示施設としては好ましくないのだが、そこは球根ベゴニアなどをキレイキレイに飾ってうまくやりくりしている。このアフェランドラも昨年私が咲かせてみて、非常に良い展示素材なので、栽培温室の薗田君に繁殖を依頼したのだ。そして花時に展示用に里帰りしたとい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/24 19:06
小型種など
小型種など 昨日の続きでサボテンの花だ。最初はギムノカクタス・フィーレッキー変種マジョール(Gymnocactus viereckii var.major)。基本種が赤紫の花なのに本種は白花でしかも花着きが良く、年に何回も咲く。小型種のくせに生育も旺盛で、たちまち大きくなった。と言うより、それだけ年月を重ねたということかも知れない。3年や5年はあっという間だからだ。次の黒槍丸(G.gielsdorfianus)もそうだ。群生株が鉢からはみ出す程大きくなった。この2種、現在はチュルビニカルプスにされるようだ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/23 19:54
祝15万カウント
祝15万カウント このブログ、昨日で15万カウントに達した。読者の皆さんのおかげで、開始から4年半、1690日目で到達した数字だ。皆さん、どうも応援ありがとうございました。当初からの目標であった1日平均100カウントは今だに達成されていないが、それが私の実力と思っている。いずれ、その夢を達成したいとは思っているが、仮に2000日目で20万カウントに達すれば平均100になるのだが、それを実現するには今後1日161カウント以上が必要で、やっぱり無理そうだ。高望みはしない方が良かろう。 さて今日は我が家で咲いた珍しい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/09/22 18:53
夜の温室にて
夜の温室にて 自宅に帰り、夕食前に温室を覗くのが私の日課。入口を開けた瞬間に良い匂いがすると、「あっ、ディスコカクタスが咲いているな!」と気付く。台風前の1日、この日もディスコが匂っていたが、メインはこのペニオセレウス・ストリアータス(Peniocereus striatus)の群開だった。2株で20輪位咲いていただろうか。こうして年に4回も5回も咲いてくれるから、温室には欠かせない存在だ。株を殖やすには、若い枝先1cm程をキリンウチワにチョンと接いでおくだけ。先日は夜の女王の新芽があったので、そこに載せてお... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/21 10:16
地涌金蓮が元気
地涌金蓮が元気 今分園の中庭では地涌金蓮(Ensete lasiocarpum)が元気だ。株は元気な葉を沢山伸ばしているし、金の蓮のような花が13株も咲いている。中国雲南省原産、バショウ科の宿根性草本。今晩、これから通過する台風で葉が傷まなければ、近々報道公開してもいいかなと考えているが、どんなもんだろう。そもそも本種の導入は1984年まで遡る。亡くなった木村智園長が中国雲南省の昆明植物園から苗を持ち帰ったのが最初である。残念ながらこの苗は活着せず、11年後の1995年に園長が再び中国から3株を導入したのが今の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/20 18:34
あら、珍しい!
あら、珍しい! 昨日の夕方、分園1号温室を出ようとしたら、入口に飾ってある鉢の根元にモリアオガエルがいるのに気がついた。今年は我が家では1回も見ていないし、ワニ園でも産卵期に排水口の所で鳴いている声を一度聞いただけで、姿はついぞ見かけなかった。それがシーズンも終わり近くになって、こんな所で見かけようとは思わなかった。嬉しくなって慌ててカメラを持って来て撮った画像がこれだ。蛇に睨まれたカエルは動けないと言うが、私の知る限り、このように小型のカエルは、少々の事では動かないものだ。だから安心してカメラを持ちに行けるし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/19 18:30
乾期末の白い多肉は
乾期末の白い多肉は ブルータスの多肉特集号で、見開き写真で紹介された研究室窓辺の白い多肉植物。乾期末の今は干からびて見る影もない。だから本来こういう画像は紹介すべきではないのだろうが、苦しい時の窓辺の植物。ブログネタに困ると、ここを紹介するのが私の逃げで、勘弁していただきたい。全景ではそんなにわからないだろうが、5月から水を切ってあるのでほぼ5ヶ月、いくら多肉植物と言っても干からびる一方で惨めなものだ。流石に一番大きな仙女盃(Dudleya brittonii:3枚目)は体力があるので余り目立たないが、育ちの早いア... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/18 18:55
ナンバンカラスウリなど
ナンバンカラスウリなど 分園1号温室の裏には、キウイーフルーツやハリミノウゼン(Clytostoma callistegioides)、アリストロキア・ガレアータ(Aristolochia galeata)、スティグマフィロン・ビティフォリウム(Stigmaphyllon vitifolium)、ペイショトアなど、耐寒性のある熱帯性ツル植物を植えてある。なかでも今一番旺盛なのがウリ科のナンバンカラスウリ(Momordica cochinchinensis)のツルだ。雌株で1株のはずだが、とにかく生育旺盛でほって置くと、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/17 19:09
今日も同じ花だけど
今日も同じ花だけど 今日もバタバタせわしなく、1日追い回されてしまった。ということでゆっくり写真を撮る余裕も無く、昨日の我が家のサボテンの画像でお茶を濁す所存。ご免なさい。最初は赤花の兜(Astrophytum asterias)、本当にいい色で私の大好きなワインレッドを帯びた花は最高に美しい。2株、微妙に色合いが異なるが、最初の方がいい色だ。次は小型鳥羽玉のロフォフォラ・コエレシアナ(Lophophora koeresiana)。キリンウチワで育てると鳥羽玉と大差無い気がするが、花がはるかに大きいので、観賞価値は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/16 20:27
ロードフィアラ再び
ロードフィアラ再び 昨日、雨に打たれたロードフィアラ(Rhodophiala bifida)の画像を載せたが、余りに惨めなので今日もう一度紹介する。昨日は昼から雨が上がり、花が立ち上がって綺麗になったので撮り直したということだ。何ともいい色で、これだけ咲いてくれれば文句はない。今年は2鉢分、他所へプレゼントしたので、花が終わったら植え替えがてら株分けする予定だ。でないとこぼれ種のタカサゴユリが鉢内にのさばって持て余してしまうのだ。ついでに雲南省のグロリオサ(Gloriosa superba)も新旧の花があったので紹... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/09/15 18:59
八重咲きヒガンバナ
八重咲きヒガンバナ 大雨警報の中、雨の合間に庭の八重咲きヒガンバナ(Lycoris radiata 'Himekujaku')を撮影してきた。ようやく2本程が開いてきた程度だが、数えてみると花茎が25本も立っている。導入記録を見ると,2007年10月に1球頂いたのが始めだから、改めてその繁殖の良さに驚いた次第で、9年でこれだけ殖えたことになる。ただ昨年の経験では、まともに咲いたのは最初の数本だけで、あとは蕾が膨らんだ程度で終わってしまったので、今年も油断は出来ない。品種は最もポピュラーな姫孔雀で、丈夫さは普通のヒガ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/09/14 09:10
秋ですよ!
秋ですよ! 長雨になって、涼しくなって、すっかり秋めいてきた。中庭でもシロバナマンジュシャゲ(Lycoris albiflora)が咲き、シュウメイギク(Anemone hupehensis)が咲いてきて秋モード全開だ。シュウメイギクはいかにも夏の蒸れに弱そうな見かけだが、絶えずにずっとあるということは余程丈夫なのだろう。そうでなければここでは生き残れない。元は中国原産でキンポウゲ科の宿根草だ。2年前植えたノボタンのコートダジュール(Tibouchina 'Cote d' Azur')もあっという間に大きく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/13 20:00
黄色くなったよ
黄色くなったよ 一昨日、月曜にテレビの取材があるので、バナナは収穫しないようにと担当に言っておいたら、今朝ご覧の通り綺麗に黄色くなっていて驚いた。これを撮り逃してはと慌ててカメラを持って来て撮ったのが以下の写真だ。このバナナは千葉の尾崎さんに、斑入りの観賞用バナナとして頂いた、タイの品種クルアイ・ナムワー・コーム(Musa x paradisiaca 'Kluai Namwa Khom)だ。これを直訳して斑入り小型ビルマバナナというラベルを付けてある。最初は本園のブロメリア温室に飾ってあった鉢植えだったのだが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/12 20:29
アマリリスなど
アマリリスなど 今日は終日23℃と肌寒いような雨陽気だった。このような陽気こそがティランジアに潅水するチャンスで、今日は夕方今秋3度目の潅水を行った。ソテツの上に吊ってあるのが3度目で、ガラス内は2回目だ。これだけ涼しいと、植物もじっくりたっぷり吸水できるだろうから、潅水の効果は大きいはずだ。この1週間が勝負ということだろう。 雨ということで、今日は秋咲きのアマリリス、ヒッペアストラム・オーリクム(Hippeastrum aulicum)の植え替えを行った。ワニ園でこれ以上丈夫で繁殖の良いアマリリスは無く、と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 20:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる