アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
黄花クンシランの季節
黄花クンシランの季節 今年もクンシラン(Clivia miniata)の季節になった。以前から本園の売店横には飾ってあったが、開花数が多くなると分園のパパイヤ温室にも並べ始める。栽培温室担当、薗田君の専売特許みたいなもので、黄花クンシランを大量に咲かせて順次飾っていくのだ。とにかく上品なクリーム色なので私は大好き。良い目の保養になる。総じて丸弁の優良花が多いが、なかにはまだ弁の細い株も混じっている。もちろんヒガンバナ科で南アフリカ原産。次は入口奥、アロエにからめて育てているトロパエオルム・トリカラー(Tropaeol... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/22 18:19
ダドレヤの開花期
ダドレヤの開花期 楽しみにしていたダドレヤ・プルベルレンタ(Dudleya pulverulenta)の花が咲いて来た。アントニー(D.anthonyi)の花に良く似た淡紅色で、蕾はイチゴのように可愛らしく、むしろエケベリアを思わせるような愛らしさだ。今、一緒に咲いているヌビゲナ(D.nubigena)は地味なクリーム色の花で目立たないが、こちらはとても奇麗だ。ダドレヤは全て自家受精で種が穫れるので、今年本種の種を穫って苗作りを試みるつもりだ。ヌビゲナは広葉、細葉の系統とも2年に1度は分頭して殖えるので、種を播こ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/21 11:20
リプサリスなど
リプサリスなど ここ数日、アンスリウムの上に吊ってあるクジャクサボテンやリプサリス類の植え替えと手入れをしている。これらはランのバンダなどに使う木枠のバスケットに水苔で植えてあるのだが、長年放置してあるため、バスケットは腐って壊れてくるし、針金も銹びて切れたりと傷みがひどい。水苔もランで使った古いのを再利用するので傷みは早いしカタバミなどの雑草も多い。当然、株も弱っているので、それらを全部ひっくるめての植え替え更新なのだ。今日で3日位手をかけたが、大体見られるようになって、バスケットも整然と並び、我ながら奇麗に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/20 18:48
ようやく温室に春が
ようやく温室に春が 我が家の温室、今年は出足が遅くて、ここに来てようやく春らしい花が咲いてきた。最初はまさに満開のマミラリア・サンチェスメホラダエ(Mammillaria sanchez-mejoradae)。可愛らしいし花着きは良いし、早くから咲いてくるし、とても良い種だと思う。次はギムノカクタスの紅梅殿(Gymnocactus horripilus)。年によっては暮れから咲いてくるが、今シーズンはこれが最初だ。いかにも春らしくて、私の好みだ。次は昨年キリンウチワに接いだばかりの薫染丸(G.knuthianus)... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/19 18:18
マクロザミアと河津桜
マクロザミアと河津桜 分園の外に植えてあるマクロザミア・コムニス(Macrozamia communis)の果実が熟して赤い実が覗いていたので収穫した。当園のコムニスは全て雌株で雄株などないから結実する道理はないのだが、近くに近縁のジョンソニー(M.johnsonii)の雄株が植えてあるので種間雑種が出来た可能性はある。昨年も収穫できたのだが、その種子は小さく、やわらかくて、とても稔性のある種とは言えず捨ててしまったのだが、今年の種子は大きく、間違いなく受精している。11粒収穫できたので播いてみよう。以前この株の近く... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/18 19:00
連休を目指し
連休を目指し 我が家のドリアンテス・パルメリー(Doryanthes palmeri)、やや茎が細い印象はあるものの花茎がもう3mに達している。これまでの開花例から見て5月の連休頃が開花の目安になるが、楽しみなことだ。我が家の場合、20年前、この自宅の新築と同時にベランダ横に2株植え、気ままに育てさせたため、定植の遅れたワニ園よりはるかに早く開花期に達し、すでに開花後に出た小株が順次開花期に達しているのだ。これで4回目だろう。ワニ園ではまだ小さな株が1度咲いただけで、しかも貧弱で、とても報道に出せる咲き方では... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/17 09:51
花は正直
花は正直 分園入り口を彩るマツバギクの紫宝(Lamplanthus zeyheri)は、どんなに日射しがあっても気温が15℃を越えないと満開にはならない。だから本種が満開になるのは明るい日射しと汗ばむような気温の時なので、正に春が来たという感じなのだ。朝の最低温度が10℃だった昨日がそれで、突然の暖気にこちらが戸惑ってしまう程だった。私はマツバギクの仲間では本種が一番好きで、また伊豆の気候にピッタリなのだ。日当たりの良い石垣なら数年で素晴らしいショープランツになる。またメセン特有の紫紅色に輝く花弁はとにか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 18:07
刺、花、春
刺、花、春 刺物シリーズで、何度も登場するメキシコ南部オアハカタイプの日の出丸(Ferocactus latispinus))。2株目が咲いたが、丁度花弁がタンポポのように展開してとても奇麗だったので紹介する。南方系は一重っぽく咲く印象があったが、あくまでも開花の過程でそう見えるということなのだろう。兎に角きれいでしょ。次も2回目だが満開の新緑玉(F.flavovirens)。そして3番目は蕾が出始めた王冠龍(F.glaucescens)。2株あって、これに蕾が見えると、春が来たという感じになる。この株も我... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/15 18:10
春爛漫と言いたいけれど
春爛漫と言いたいけれど 我が家のシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)が満開になり、正に春爛漫の雰囲気だ。ただし周囲は冬枯れのまんまで、今年の春は遅いなというのが実感だ。花が少ないため、蜜を求めてヒヨドリが集中し、咲いた花から突っついていくため、見える所の花はみんな傷んでいて、下は糞だらけ。困ったものだ。マンサク科の本種は原産地が香港で熱帯植物なのだが、非常に耐寒性があって、この寒中にトロピカルな花色のショッキングピンクの花を咲かせるのだ。場違いと言えば場違いで、本来は香港の春節を祝う花なのだ。昨... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/14 09:40
刺にこだわるPart5
刺にこだわるPart5 今日も刺シリーズで先ずは金鯱(Echinocactus grusonii)から。我が家には結婚記念、娘の誕生記念などに播いた金鯱があり、余り大きくしたくないので、ずっと鉢で管理してきたが、流石に30年も経つと、鉢では持て余す大きさになってきた。今春は、これらの大鉢を植え替える予定だが、限られたスペースの中でどう展開したものか、頭の痛いところだ。勿論、絵としては大きな金色のサボテンがごろごろしている方が、迫力はあるし、私も楽しい。しかし一方で種もあれこれ播いて、次々にキリンウチワに接いでいるので、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/13 19:34
シーズン最後のパラモンガイア
シーズン最後のパラモンガイア 今シーズン最後のパラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)が咲いた。ペルー原産、ヒガンバナ科の珍球根植物で、シーズン8輪目と成る花は2009年の実生苗だ。だからもう実生9年目ということで、時間の経つのは早いものだ。当初、本種を扱い始めた頃は、文献に、早ければ実生3年で開花などとあったのを鵜呑みにして、5年もあれば十分かと思っていたが、実際に実生してみるとそうは行かない。兎に角、直径5cmの球根まで育てあげなければ、開花の見込みはないのだ。3年では小指の先程の大きさで、とて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/02/12 18:22
寒桜から河津桜へ
寒桜から河津桜へ 分園の寒桜、案内版を立て、現場にベンチを置いたら、大変好評で、ひっきりなしにお客様が登っていく。そして今がピークで見事なものだ。そして風が吹くと花びらが散って、サクラ吹雪とまでは行かないが、ぼつぼつ散り始めている。良くしたもので、丁度今日から河津のサクラ祭りで、河津桜が咲き始め、うまい具合にバトンタッチだ。本園には各所に河津桜を10株位植えてあるが、分園は入口ゲートの近くに1本植えてあるだけで、しかも日当たりが悪いので、本来の華やかさはないが、それでも株がピンクになってきた。今日はまた朝の温度が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/11 18:37
温室にも春が
温室にも春が 厳しい寒さが続く昨今だが、温室内もようやく春の兆しが見え、展示も華やかさが増してきた。分園1号温室奥のエアプランツを飾り付けたコーナーはもともとコチョウランを飾っていたので、これからこれらが咲いてくると間々に突っ込んで賑やかにして行く。その先陣を切ってノビル系デンドロビウム(Dendrobium nobile)とキンギアナム系のデンドロビウム(D.kingianum hybrid)が加わり、急に彩りが明るくなった。やはり春である。室温が上がれば、ランの香りが立ちこめて雰囲気を盛りあげる。黄色いオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/10 09:27
クリスマスローズの季節
クリスマスローズの季節 この1週間、天気も良いので中庭のツルニチニチソウ(ビンカ:Vinca major)の剪定をしている。これはキョウチクトウ科でヨーロッパ原産。この季節の定番作業で、新芽が伸び出す前に古いツルを切ってすっきりさせるのだ。言うのは簡単だか、毎日ブロワーであおられて千々に乱れ、絡み合ったツルを整理していくのは結構大変なのだ。日当たりが良くてびっしりツルが繁った所だと、1uで30分、いやもっとかかるかも知れない。とにかく根気のいる仕事で、せっかちな私にはつらい仕事だ。今日は、そんな作業中、ふと見上げたらオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/09 18:38
6周年です! 寒中に咲く
6周年です! 寒中に咲く このブログも始めて丸6年になりました。単純に2190日、ほぼ休まずに続けてきたわけで、結構頑張ったなと思います。しかしアクセス数は目標の20万件にまだ1歩届かず、残念と言えば残念です。1日90件ですからね。何ともマイナーなブログですよね。でも毎日ご覧下さっている方もおられるわけで、この記念日にあらためて購読の御礼を申し上げます。有り難うございました。7年目を前にしてマンネリ化は明白ですが、要は私の日記みたいものですから、その積もりでお読みいただけたら幸いです。どうぞこれからもよろしくお願いします... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

2018/02/08 20:16
刺にこだわるPart4
刺にこだわるPart4 今日も刺シリーズだ。幸い日の出丸以外で新年初の刺物の花、新緑玉(Ferocactus flavovirens)が咲いてくれた。珍しい花色だし、小さくて咲いてくれるので刺物愛好家としては嬉しい存在だ。また日の出丸(F.latispinus)も2タイプ同時に咲いていて、違いがわかるので改めて紹介する。最初がオアハカの細刺で背が高く成るタイプ。平尾氏が現地で採種、実生した苗をいただいたもの。後者は典型的な北方系の日の出丸で長野の両角さんにいただいた、氏ご自慢の実生選抜苗だ。花色は前者の方が紫味が強く、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/07 18:39
刺にこだわるPart3
刺にこだわるPart3 花が少なく、話題がないからこのような刺シリーズになるのだが、確かにこの寒さは異常で、毎日霜柱がびっしり立ったベランダの鉢を見ると、とても伊豆とは思えない。今日はテロカクタスだ。本属では刺良し、花良しの紅鷹(Thelocactus heterochromus)が私の好みだ。柿アさんに種を3タイプ送ってもらって、キリンウチワ接ぎで育て、余った苗は正木で育ててきたが、ここに来て、正木苗が良い刺を出して来て、促成のキリン降ろしより良い雰囲気になってきている。やはり時間をかけて正木で育てるのが本道かなとも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/06 10:03
刺にこだわるPart2
刺にこだわるPart2 私は想い出と一緒に植物を育てる主義なので、先輩にいただいた植物は大事にしている。特に刺物名人の小林氏、柿ア氏、そして学生時代からお世話になっていた平尾博氏にいただいた植物はどれも想い出の固まりだ。最初の金冠竜 (Ferocactus chrysacanthus)は柿ア氏におねだりして種を穫っていただいたもの。当然柿ア氏のベストクローンの種だろうから、今後最も力を入れて育てて行きたいものだ。黄刺が6〜7株、赤刺が1株あって、今後の育ちを楽しみにしている。次は竜女冠(Echinocactus xer... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/05 18:58
刺にこだわる
刺にこだわる 以前このタイトルでサボテン雑誌に連載したことがあるが、花がなくても花以上に美しい刺があって、1年中観賞に耐えるから、私は刺物が好きなのだ。1枚目の赤い刺は故小林さんに種をいただいた赤刺の鯱頭(Ferocactus acanthodes)、紅鯱だ。我が家で最も豪華な赤刺でもう直径は20cm近い。他の鯱頭は5号鉢サイズ、直径15cm位で花が咲き始めるが、本種はキリンウチワ降ろしで元気が良すぎてまだ花はこない。我が家でこれだけ立派な刺が出るのだから、小林さんや柿アさんの元で育ったらどれだけの刺が出ただ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/04 19:41
球根ベゴニアの管理
球根ベゴニアの管理 球根ベゴニアの栽培に当たり、私は昔から5号の駄温鉢を使っている。頭が重くなるので、自重のある鉢でないとすぐ倒れてしまうからだ。特にこの時期、咲き始めて40〜50日の株は2輪も3輪も重い花が着いているので、すぐバランスを崩してしまう。朝夕の潅水時、なるべく株には触れず、鉢土にだけそっと水を撒いていくのだが、それでも時として何株もが将棋倒しになることがある。咲き過ぎて困る悩みもあるのだ。だからこの時期は、勿体ないが、外弁が傷んで来た花を早めに摘んで水に浮かべて飾り、株を軽くするように心がけている。ま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/03 09:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる