アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
雲南ハギなど
雲南ハギなど 中庭で雲南省西双版納で採集して来たハギが咲いている。先日お見えになった友の会のハマウツボさんが、多分四季咲き雲南ハギ(Campylotropis macrocarpa)ですよと教えて下さったのだが、本種は年に一度この時期にしか咲かないので、四季咲きは当たらないと思う。でも考えてみたら、花が終わると枝を剪定してしまうので、春に咲くかどうかは未確認なのだ。雲南ハギは春咲きが基本なのだ。いずれにせよ、この辺の植物ということで間違いはなかろう。アドバイスを下さったハマウツボさんに感謝。勿論、ハギはマメ科... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/10 20:23
天城で初雪
天城で初雪 今朝は寒かった。天城が初雪で白くなっており、分園の朝の外気は1℃。まるで2月頃の寒さだ。温室洗いは今日の昼で何とか終わらせたが、今日も疲れた。温室では球根ベゴニア(Begonia tuberhybrida)に1番花が咲き始め、催芽70日目で何とかということだ。あと10日もするとかなり賑やかになるだろう。ベゴニアが咲き始めると、鉢のローテーションもなくなり管理はうんと楽になるので、私もホッとする。芽が動き始めたペルーの珍球根パラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)は、早く... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 20:34
エチオピアのカランコエ
エチオピアのカランコエ 今日も1日温室洗いで日中は全然余裕がなく、今日はベンケイソウ科の多肉植物、カランコエ(Kalanchoe)1種のみ。これは食虫植物の会の柴田さんが2004年にエチオピアに行った際採集してきた植物で、今だに同定出来ていない。とにかくこぼれ種で旺盛に育つので、種を播かなくてもちゃんと翌年の苗が確保出来るという重宝な植物。画像の株も金鯱の鉢に生えてきたものを育てたもので、たちまち大きくなり、今が満開だ。花が終われば種がびっしり成って、細かい種が無数に飛び散ってしまう。でも苗の数は錦蝶ほどひどくはなく、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/08 20:19
温室洗いですよ
温室洗いですよ ワニ園では暮れになるとスタッフ総出で温室洗いやペンキ塗りに追われる。分園では月曜から温室洗いが始まって、私の担当はアクリルのドームの屋根洗い。私が慣れているので毎年やるのだが、今日も1日屋根の上で疲れること。作業中は気が張っているので、何とも感じないが、下りて来るとげっそり。特に今日の最後は入園券の上のドームだったが、4時近くになって勾配の急な一番危ない所をやったので、もううんざり。でも今日は汚れがひどかったのでモップは使わず、全て布タワシで手洗いしたので見違えるように奇麗になって我ながら感激し... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/07 20:17
晩秋咲きグラジオラス2種
晩秋咲きグラジオラス2種 私は今の時期に咲くグラジオラスが好きでせっせと殖やしている。小型種なのでプランター1つ位の球数がないと賑やかさが演出されないので殖やすわけだ。1つはグラジオラス・プリオリー(Gladiolus priorii)でこれは普及種なので、皆さんご存知だと思うし、実際栽培も容易で実生繁殖も難しくはない。もう1つはグラジオラス・マクラータス変種メリディオナリス(G.maculatus var.meridionalis)で、サイズ的には前種とほぼ同じで、花が朱色とショッキングピンクの違いだ。前者は国内で入手... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/06 09:53
ドンベヤ・セミノール
ドンベヤ・セミノール 昨日、栽培担当の薗田君がドンベヤ・セミノール(Dombeya'Seminole')の開花株を持って来て飾ってくれた。ご覧のようにピンクが奇麗なドンベヤで、花着きもいいし、展示に持ってこいだ。私が本種を最初に見たのはハワイ・マウイ島の武田さんの植物園だった。帰国後、千葉のエクゾチックプランツにお願いして大株を入手。花木温室に植えたらたちまち大きくなったのだが、次代の苗木を作る前にパッタリ枯れてしまい、これには参った。このセミノールは挿し木の簡単なドンベヤには珍しく挿し木の効かない植物で、取り木で苗... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/05 19:39
ポートランディア・グランディフローラ
ポートランディア・グランディフローラ 先だってのクバノラ(Cubanola)に続いて、同じアカネ科で同じくカリブ海域を原産地とするポートランディア・グランディフローラ(Portlandia grandiflora)が咲いた。ごく小さな木で、葉も5枚しかないのに、頂点に2個蕾が着いて、3日程前から咲いている。私は以前本種とクバノラをハワイのワイメア植物園で見ており、花の見かけはナス科のブルグマンシアにそっくりなので、それ程魅力を感じなかった。それがたまたま苗木をプレゼントされ、育ててみたら難しいこと。全然育たないし、元気も出ないので、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/04 18:11
ブルンスドンナ・新世界
ブルンスドンナ・新世界 球根の小森谷さんが作出したヒガンバナ科大型球根の属間交配種、ブルンスドンナ・新世界(Brunsdonna 'Shinsekai')は、ブルンスビギア・オリエンタリスとアマリリス・ベラドンナ(Brunsvigia orientalis x Amaryllis bella-donna)の交配で作られた極めて花の美しい植物だ。私は数年前知人に1球頂いて翌年花を見、その美しさに魅せられてしまった。そこで、植物交換で何か欲しい物はと小森谷さんに聞かれた時、躊躇なく新世界が欲しいとおねだりし、5月の掘り上げ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/03 18:55
万両・紅孔雀
万両・紅孔雀 昨年、ホームセンターで本種、万両の紅孔雀(Ardisia crenata'Beni Kujaku')を見つけ、大喜びで買って帰った私だが、その後ずっとリビングのテーブルの上に飾りっぱなしなのに、ちゃんと育って、たった2粒だが可愛い実も付けてくれた。写真に撮ったらどうだろうと、撮ってみたらとても奇麗に写ったので、改めて紹介する。本種は万両の実生から生じた新しい品種らしく、とにかく奇麗だ。登録されてパテント品種になっている。でも大量生産されたようで、安価で手に入るし、私のように放任でもちゃんと育って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/02 18:23
ネリネ・マンセリー交配など
ネリネ・マンセリー交配など 我が家のネリネはマンセリー(Nerine x mansellii)が最後だが、もう1つマンセリー交配とされる丈夫な品種がある。もう20年来維持しているはずだが、基本種マンセリーの半分位の大きさで、4号鉢に3球植え位で丁度良いサイズだ。結構花着きも良いのだが、今年は不順な天候のおかげか、4鉢もあるのに花は1本しか立たなかった。大事にしているのに、こんな結果になると裏切られたような気になる。せめて1本の花を楽しむようにしよう。温室では多肉のフエルニア・ゼブリナ・マグニフローラ(Huernia zeb... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/01 12:12
ようやくリンゼイに花が!
ようやくリンゼイに花が! 刺物で暮れに咲く種類と言えば、フェロカクタス・リンゼイ(Ferocactus lindsayi)と日の出丸(F.latispinus)だが、そのリンゼイの1番花が咲き始めた。微細な種から苦労して苗を育て、キリンウチワに接いで大きくし、接ぎ降ろしで仕立て、ようやく咲くようになって3年目か。とにかく本種の種は驚く程小さく、私の技術でキリンウチワに接げる大きさまで育てるのに1年かかったと思う。だからこの開花株、4号鉢植えだがもう10年近く経っていると思う。驚いたのはユーベルマニア(Uebelmanni... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/30 20:00
ソテツの種を収穫、調整
ソテツの種を収穫、調整 画像は収穫してようやく皮をむき終わったマクロザミア・ミケリー(Macrozamia miquelii)と未調整のサイカス・シンプリシピンナ(Cycas simplicipinna)。種を収穫するのは簡単だが、この皮むきが面倒で結構時間がかかる。幸い、マクロザミアは種皮が軟らかくなり、大福の皮を剥ぐような感じで簡単にむくことができる。要は数が多くて大変ということだけだ。一方、サイカスの種は皮が乾いて粉質になった所で、ナイフを使い、1粒ずつ削り落とすのだが、これは面倒だ。播種するまで半年は追熟の期間... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 09:22
分園、ワニ池のペンキ塗り
分園、ワニ池のペンキ塗り 今日は全員総出で分園ワニ池のペンキ塗りをやった。水を抜いて作業をするので、寒いとワニが可哀想だが、今日は好天に恵まれ汗ばむような陽気で、最高のペンキ塗り日よりだった。暖かいとワニもリラックスしていて大人しいので大助かり。勿論、危なくないようにしての作業だが、ワニが大人しいに越したことはない。おかげで仕事もはかどり、例年2日がかりでやる仕事を1日で終わらせてしまい、まずは一安心。画像はペンキ塗り終了後に撮った物。3枚目はナイルワニ(Crocodylus niloticus)。この巨大なワニを横目で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/28 18:41
売店も多肉の季節
売店も多肉の季節 研究室窓辺の白い多肉が奇麗なように、これからは多肉の季節ということで、売店にもあれこれ並ぶようになった。人気はクラッスラの花月(Crassula portulacea)の類や白いエケベリアなど。この辺の苗も栽培温室の薗田君の作。実に奇麗に作っている。1枚目はエケベリアの「霜の朝」(Echeveria 'Shimo no Ashita')、2枚目は赤く紅葉した姫花月。エアプランツは仕入れ品だが、花着きのストリクタ((Tillandsia stricta)が単頭と群生と2タイプ並んでいるが、これから... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/27 19:59
最後のネリネはマンセリー
最後のネリネはマンセリー 我が家のネリネで最後に咲くのが、丈夫で花着きの良いマンセリー(Nerine mansellii = Nerine flexuosa x N.sarniensis)だ。と言っても今年は7本しか花が出ていない。2年前に本種を殖やしたくて8号の大鉢に3球植えにして3鉢作り肥培してきたのだ。しかし、日当たりも悪いのだが、株分かれをして栄養生長するばかりで、花数は全然増えなかった。今、球根の様子を見ると、株分かれが済んで、それぞれの球根が大きくなっているようだから、来年は一気に花数が増えるかも知れない。少... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/26 19:39
クリスマスですよ
クリスマスですよ ハロウィンが終わってカボチャを片付けたと思ったら,早くもクリスマスの飾りだ。殺風景な分園入り口もリースを飾っただけで一気に華やかになる。リースのセンターには三つ子のパンダがいて可愛らしいこと。我々は年末恒例のペンキ塗りで毎日忙しいが、世は連休モードで結構お客様も多く有り難いことだ。次はティランジアのストリクタ(Tillandsia stricta)だ。売店に蕾着き苗が大量に入荷し、これからはストリクタの独壇場だが、ティランジア温室でもちょうど花が咲いてきた。株が小さくて花序も小振りで物足りないが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/25 09:10
久々、ユーフォルビア・プニセアの花
久々、ユーフォルビア・プニセアの花 カリブ海域原産、多肉ポインセチアのユーフォルビア・プニセア(Euphorbia punicea)、昨年苗を沢山作ろうとして、3株の枝を全部切って挿し木をした。発根に時間のかかる植物なので、知人お勧めの発根剤を付けて挿したら、何故か全部腐ってしまい大誤算だった。本種は多肉なので、発根まで半年、1年かかっても枯れたりしないのに、発根剤が悪かったのだろう。おかげで、残された坊主の株を丹精して、ようやく枝も多くなり、ここに来て1枝にだけ花が着いた。兎に角生育の遅い植物なので、仕立て直しも2年がかりだった... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/24 19:28
早くもアロエの季節
早くもアロエの季節 私の通勤路、稲取高校の下の石垣でアロエ(Aloe arborescens)が満開になった。毎年紹介しているので珍しさはないが、季節の風物詩というか、青空に映えるアロエのオレンジ花は鮮やかでいいもんだ。昨日は帰宅途中、わざわざUターンして車を停め、撮影してきた。稲取の町を見下ろす高台にあるので、町を入れて撮れれば絵になるが、向きが逆なので、撮ってもこんなもの。南アフリカ原産、医者いらずの呼び名もある最もポピュラーなアロエで、ツルボラン科の多肉植物。次は我が家のネリネ(Nerine sarniens... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/23 17:59
奇想天外、今年の生長量は?
奇想天外、今年の生長量は? 毎年、この時期になると奇想天外(Welwitschia mirabilis)の葉の長さを計って、その年の生長量を記録している。2枚目画像の最大の株No.3が葉幅21.5cmで長さが20cm増え354cmになる。同じ鉢に植わっているNo,4の株が葉幅21cm、長さで21cm増え315cmになった。ただ実際は葉先からどんどん枯れて行き、実際に生きている長さは1m位だ。もう1株、まだ未開花のNo.6は葉幅15.5cm、長さは14.5cmしか増えていないで305.5cmだ。実生14年でほぼ株は成熟し、目... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/22 09:50
冬が来た。4℃!
冬が来た。4℃! 1977年以来の寒波で今朝は4℃、信じられないような冷え込みに震え上がってしまった。幸いこの温度で枯れる植物はないが、流石に夕方、外に置いてあったオニソテツ(Encephalartos)の大株2つを温室に収容した。我が家ではツバキやハルサザンカが咲き始め、やはり冬の訪れを告げている。最初は白小輪の人気品種「細雪」(Camellia japonica'Sasameyuki')だ。生育の遅い種だがいつの間にか背丈程に育っている。次は早咲きのハルサザンカ「宝塚」(C.vernalis'Takarazu... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/21 19:43

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる