アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
白い多肉のその後
白い多肉のその後 11月6日に日本ブロメリア協会の見学会があり、研究室に見えた皆さんに白い多肉をおねだりされるのはいつもの事。今年も大株2鉢など6鉢を差し上げる結果に。その後、棚上は一気に寂しくなってしまったので、私も早々に誤魔化したくて、自宅から何株か持ち込み、鉢上げ、株分けなどもして、今はまた元のように戻った。有るべき所にあるべき鉢数がないとこの景観は維持できないので、いつも出し入れを繰り返しているのだ。今日はまた突然、富士多肉植物愛好会の一行8名がお見えになったので、最初にこの多肉をお見せして、それから園内... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/05 13:12
人気の花
人気の花 画像のピンクの花、ポリキセナ・エンシフォリア(Polyxena ensifolia)は誰にも人気のある植物。南アフリカ原産でヒアシンス科の小球根だ。秋植えのドワーフ球根ではピカ一だと球根の大家小森谷さんが書いておられるが、正にそうだと思う。先だって売店に1トレイ置いたら、客が少ないのに数日で売り切れてしまった。ワニ園では、私が一度採種して実生したので、球根が一気に殖え、今年から賑やかに咲くようになった。蕾のピンクも美しいし、咲いたピンクもまた美しい。本当に可愛らしい花で特に女性に好まれるようだ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/04 20:47
珍品到来
珍品到来 先日、日本ブロメリア協会会長の滝沢さんが家族サービスで遊びに来られ、お土産に下さったのがティランジア・ストラミネアのディープパープル(Tillandsia straminea 'Deep Purple')という優良クローン。花序が濃い紫色に色付く大変美しい植物で、先に日本ブロメリア協会会報47号の表紙になったばかりだ。今日、それを撮影しようとしたら、折からの好天で甘い香りも漂っていて、写真を撮りながらその匂いにも魅了されてしまった。何とも嬉しいプレゼントではないか。ストラミネアはワニ園で良く育つ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/03 20:44
久し振りの晴れ間に
久し振りの晴れ間に 最近は休みのたびに冷たい雨で、自分の温室に行っても気分は乗らないし、何となく鬱々としていた。やっと先日の水曜日、お天気に恵まれ、日の燦々と差し込む温室を満喫した。植物にとっては勿論だが、人間にとってもお天道様は有り難いものだ。その明るい日射しの中で撮った写真が今日のテーマ。我が家の温室も築20年。最初はガラガラで、大きな金鯱(Echinocactus grusonii)の横に龍神木(Myrtillocactus geometrizans)やマリーゴールド(Tagetes cvs.)を植えて、メキ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/02 20:10
やったね!マツダエ
やったね!マツダエ 最近は花枯れでブログネタに乏しく苦労することが多い。今日も何かと思い後述のザミア・ロエズリー(Zamia roezlii)の雌球果の写真を撮りに行った。ついでにアンスリウムの間に置いてあるセラトザミア・マツダエ(Ceratozamia matudae)の果実の成熟具合を確認に行った。そうしたら何と、球果が成熟して分解し、下に落ちているではないか。しかも完熟した受精種子だ。やったね!この春私が花粉をかけて人工授精を試みたのだが、それが見事に受精し、この日を迎えたということだ。しかもこれは珍種マツダ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 20:33
ザミアの交配
ザミアの交配 私はこれまで、セラトザミア、マクロザミア、サイカス、スタンゲリアの人工交配では全て種を得ることに成功している。しかし考えてみたら、一番花を咲かせ易いザミアの類では一度も人工交配に成功していない。個体数がたくさんあって、その必要性を感じなかった面もあるが、自然に結実する例も極めて少なくて、難しいのかなという印象はあった。画像はザミア属の珍種パナマ原産のザミア・ニューロフィリディア(Zambia neurophyllidia)で、雌雄の標本株が揃った私の自慢のソテツだ。昨年から種を穫りたくてせっせと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 12:31
早くもアロエの季節
早くもアロエの季節 私の通勤路の途中、稲取高校下の道路脇に植栽されているキダチアロエ(Aloe arborescens)が見頃を迎えた。南アフリカ原産でユリ科の多肉植物だが、多分原産地よりはるかに見事に咲いているはずだ。毎年紹介しているが、高さが3mもある大群生は、他所では見られない壮大な景観なので、皆さんに実際に見てもらいたい程だ。道路脇なので、車で通るとほんの数秒の景色だが、アロエの植え込みは30〜50mずつ3個所になっていて、その2番目の植え込みが一番見事なのだ。稲取の港を見下ろす一番の高台にあり南向きで日当... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/29 18:32
寒波の影響は
寒波の影響は 先日の寒さ、当地で気温3度、ややみぞれ交じりの雨が降るという真冬並の厳しさだった。翌日、売店のハイビスカスがチリチリになっていてこれには驚いた。じっくり寒さに慣れさせれば年内はもつ植物だが、突然の寒さには駄目なのだろう。そこで昨日は園内の植物の傷み具合をチェックしてみた。先ず入口、ナス科の斑入りのダチュラ(Brugmansia)は、葉がぽろぽろと落ちてはいるが、その程度でまた花が咲いてきている。その下に植わっているツルボラン科、南アフリカ原産のブルビネ(Bulbine frutescens)やミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/28 10:10
スタンゲリアの根挿し
スタンゲリアの根挿し 4月に友の会OBの尾崎さんと話をしたとき、南アフリカ原産、スタンゲリア科のオオバシダソテツことスタンゲリア・エリオプス(Stangeria eriopus)の根挿しの話になった。私自身、これは常識的に可能なのは見当がつくし、どこかでそんな記事を見た気もする。ただその確認は自分で試してみるのが一番早い。早速翌日、私の実生苗で6号腰高鉢に2株寄せて植えてあった株を抜いて、その長いゴボウ根を、太さ3cm、長さ6〜7cm位に切ったところ8本取れた。勿論、親株にも枯れないだけの根を残してある。それをガーデ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/27 18:31
レサパン祭り、あれこれ
レサパン祭り、あれこれ レッサーパンダの双子誕生を記念して行われているレサパン祭り、展示室では子パンダの写真展の横に稲取保育園の子供達の絵が飾られて、また賑やかになった。おまけに本園と同じようなパンダのぬいぐるみのクリスマスツリーも飾られて、ほのぼのとした雰囲気。やっぱりクリスマスはいいなー。この会場にはレッサーパンダ検定の用紙も置いてあって、子供達が挑戦できるようになっている。本当は問題も写っていたけど、それは内緒。一方、フルーツパーラーの壁面にもパンダの写真が飾られていてパンダ尽くしだ。斜めからの写真で見にくいが、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/26 18:49
そんなバナナ!
そんなバナナ! 先日来テレビ局の取材があって、岡山でバナナを露地栽培し、もう収穫にかかっているという。ある特殊な処理をすると耐寒性が増し、生育が脅威的にスピードアップし、収量も多いと、いいことづくめらしい。私も最初、電話で応対している間はそんな馬鹿なということで、真に受けていなかった。しかし次々送られてくる画像、記者が見えてPCで見る栽培場の様子、取材済みのニュース内容等を見せられて、段々、これは本物だぞと認めざるを得なくなってきた。しかし、園の誰に話ても笑うばかりで取り合おうとしない。どうみても荒唐無稽な話に... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/11/25 18:13
冷たい雨の中で
冷たい雨の中で 東京で初雪という冷たい雨の中で、我が家のベランダの下ではネリネ・マンセリー(Nerine mansellii)が咲いている、吹き込んだ雨で濡れていて、写真の条件は悪いがご覧の通り。丁度アガパンサスくらいの花茎の長さと太さ、花序の大きさで見事なものだ。これを見る度に、サルニエンシス系のネリネと何でこんなに生育量とスピードが違うのかと思うが、事実は事実、同じネリネでも千差万別ということを認め、それに合った管理をするということだろう。ここのところ休みのたんびに雨で暗いし、ろくな写真が撮れないで参ってし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 10:44
ソテツの種はできたかな?
ソテツの種はできたかな? そろそろ、今年交配したソテツの収穫期だ。先般収穫したマクロザミア・ミケリー(Macrozamia miquelii)3果は人工授粉したのが1果だけだったのに3果に受精種子が入っていたが、受精率は悪く、未受精種子が多かった。当然と言えば当然か。最初の画像はサイカス・ミコリッチー(Cycas micholitzii)で、これは完全に受精していて間違いない。もう収穫しても良かろう。次の画像はセラトザミア・メキシカナ(Ceratozamia mexicana)で、2株3果受粉させたが、既に1株2果は未受... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/23 19:56
赤いリプサリスの由来は
赤いリプサリスの由来は 寒くなって来たら、入口スロープ上に吊したリプサリス・ラムローサ(ディソカクタス・ラムローサス、エリスロリプサリス・ラムローサ:Rhipsalis ramulosa)の赤さがいよいよ際立ち、とても見事だ。本種を寄贈して下さった岡崎の三浦園芸さんに感謝。その今日の様子を画像3枚で紹介する。とにかく良く目につく色で、お客様にも好評だ。この導入経路、三浦さんには確認していないが、多分タイあたりではないかと思う。タイの人達も日本人同様、園芸においても新しい物好きで、次々と新しい植物を世界から導入繁殖して市... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/22 20:15
まだ目が覚めないの、球根さん!
まだ目が覚めないの、球根さん! 画像は南米の珍花パラモンガイア(Paramongaia weberbaueri)の球根だ。休眠期はティランジアの棚下に置き、こうして管理している。例年11〜12月に発芽して正月前後に開花するのだが、ようやくお目覚めの気配で、2枚目手前の球根に緑の新芽が見えてきた。新芽が見えたら植え替えて潅水を開始するのが管理マニュアルで本種だけは植え替えを焦ってはいけない。幸いというか、今年は球根ベゴニア用の棚がまだ一杯で、これらを並べたくても、まだ場所がないので慌てる必要はない。新芽が2〜3cm伸びてから植え... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/21 20:18
刺物シリーズと思ったけれど
刺物シリーズと思ったけれど 昨日は冷たい雨で朝から暗く、サボテンの花も無いので刺色が美しくて豪華な刺物シリーズでまとめるつもりだった。ところが最初の数枚を撮っただけでカメラの自動焦点が効かなくなり、以後の写真はみんなピンボケになってしまった。そこで理由を考えたのだが、勿論安いカメラというのが最大の理由だが、それ以外に自働焦点カメラの苦手な環境なのだと気付いた。暗い上にサボテンは複雑な形をしていて光を乱反射するため、測光できるだけの光量が画素にとどかないのではと思うのだ。だから自働焦点が働かず、焦点が固定したままになってぼけ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 19:19
南アフリカ産球根類が順調
南アフリカ産球根類が順調 研究室入口に置いたマッソニア・ピグマエア(Massonia pygmaea)が咲いて来た。例年より株が小さくて貧弱な気がするが、今年は他の株も皆小さくて、これも陽気のせいなのだろうか。ピグマエアは元々小さくて飾りにもならないのでここに置いてあるが、そろそろ種を取って実生更新の時期なのかも知れない。飽きっぽい私は、同じ植物を定期的に播いて更新するという地味な仕事が駄目で、それで2回目。3回目には億劫になって無くすことも多い。奇想天外のような珍奇植物でも、もう1度種からと言われてもやる気にはならない... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/19 10:10
レサパン祭りあれこれ
レサパン祭りあれこれ 11月7日からスタートしたレサパン祭り、園内各所に案内や飾り、写真などがあってとても賑やかだ。分園を入ると、まず先日紹介したクリスマス飾りがあり、次にこの看板が出てくる。看板は適宜差し替えが可能で、イベントの案内などもする。次が展示室の入口でパンダの赤ちゃんの写真展の案内、そしてその写真。パンダの所には募集中の子パンダの名前の投票箱。箱の頭に多肉の寄せ植えが乗っているところが山下君らしい飾り付け。とてもユニークで真似のできない芸当だ。売店に行くと、雪だるまとパンダのクリスマス飾り、ぬいぐるみの所... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 18:45
今日もヘロヘロ
今日もヘロヘロ 今日は朝から道路脇の石垣上のフェンスの草刈り。本当は本園のスタッフにも頼んで10人位でやる団体作業なのだが、今年はどのパートも仕事が間に合わなくて大忙しなので、分園の2人で始め昼から3人だった。草刈りにも要領があって、道路から見て一番目立つ金網部分を刈っておけば、それなりに綺麗に見える。7月もそうやって誤魔化したのだが、おかげで手の届く範囲の上がかなり繁ってしまった。そこで今日は1日がかりで、下から2m幅で3段階に刈ったから都合6m幅で刈ったことになる。おかげで今までに無いくらい綺麗になった。片... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/17 19:28
ネリネ・マンセリー
ネリネ・マンセリー 今日は休みなので、ネリネ・マンセリー(Nerine mansellii)を上手に咲かせているイチゴ農家に伺い写真を撮らせてもらった。いつも車で通りかかると目に入るので、そろそろ良かろうということだ。我が家の株も元々はここから出たものだと思う。以前、農耕と園芸にここの写真を使った時はプランター2つだったと思ったが、今回4つに殖えていて、置いてあった場所が違ったのかプランターごとに時差があるようだ。大体、1つのプランターで花が30本立っており、球根の画像を見てもわかるように、1株で10本以上花が立つ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 10:20

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる