アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
中庭のクリナム、モミジアオイなど
中庭のクリナム、モミジアオイなど 中庭ではクリナムの品種があれこれ咲き始めた。クリナム・サマーノクターン(Crinum 'Summer Nocturn')はこの夏初めての開花なので、喜んで花を確認したら蕾のすぐ下の花茎に粒々が。そうだハマオモトヨトウの卵が産み付けられていたのだ。見ればもう葉に筋が入って幼虫が入り込んで食害している葉がそこここに。先般消毒したばかりなのに再びの発生だ。ということで昨日は、被害葉をむしるだけむしって、夕方早速消毒したが、3株に発生が確認された。サマー・ノクターンは色が淡くて特徴のある花だが、花着きは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/23 09:01
たれパンダ
たれパンダ 昨日の昼下がり、ブログネタを撮りに行ったらレッサーパンダがヤマモモの枝に引っかかって昼寝の真っ最中。こいつはいいやと望遠でパチリ、パチリ。普段は動いていてピントの合わせにくいパンダだが、こんな時は大丈夫。暑さの苦手なパンダは、こうやって暑い日中は高い木の枝の上で、ご覧の通りのたれパンダになる。でも今年の夏は、不順で涼しい陽気が続いているので、パンダも楽だったはずだ。昨日の午後は、久し振りに日射しが出て暑さが戻った感があったので、こうやって脱力感一杯のたれパンダがあちらにもこちらにもということにな... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/22 18:49
ソテツの花ですよ
ソテツの花ですよ ここに来て、南アフリカ原産のオニソテツ属植物に、一気に花が上がって来た。とは言っても雌花(雌球果)を出しているのは最初の赤いエンセファラートス・フェロックス(Encephalartos ferox)だけで、それ以後の種は全部雄花(雄球果)ばかりだ。だから何度も書くように、ソテツの種を採るということは、雄雌の株が同時に咲くことが条件で、2株あっても雄雌セットなんてことは滅多にない。少なくとも当園のオニソテツ属で種の採れる可能性は今のところゼロだ。画像はフェロックス、ヒルデブランディー(E.hild... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/21 19:20
トリメツィアとベッセラ
トリメツィアとベッセラ 最初の黄色い花がハワイから導入したトリメツィア・ステーヤーマーキー(Trimezia steyermarkii)だ。友の会旅行でハワイを訪れた時、路傍で一番目に付いたのが本種だった。。中米原産でアヤメ科の植物。それは私が何か使えそうな物は無いかと、鵜の目鷹の目で植物を物色していたからで、普通の人は気にも止めないさもない花だ。でも私には本種が南アフリカ原産のディエテスに匹敵する露地植え素材になるのではないかという可能性を感じたから、是非欲しいということになったのだ。つてを頼んで半年後に導入し、大株... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/20 19:18
ミニクリナムと夜咲きサボテン
ミニクリナムと夜咲きサボテン 今朝、気が付いたら小型のクリナム・ベノーサム(Crinum venosum)が1輪咲いていた。本種はオーストラリア原産のクリナムで、ラッキョウほどの球根から白い平面的な花を1〜2輪咲かせる珍種だ。ところが子吹きが良すぎて親株が充実せず、花を咲かせるのは結構難しい。というより、翌年咲きそうな球根を単鉢で肥培すれば間違いなく咲くが、この株のように5号鉢に10球位植えておくと、球根の肥大が悪くて咲かないのだ。初めは大事にしていても、たちまち5球、10球に殖えるので、つい大鉢に群植するようにした結果だ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 18:58
刺物の花など
刺物の花など 夏は温室の花の少ない時期だが、刺物の花がポツポツ咲いて彩りを添えてくれる。最初は赤鳳(Ferocactus stainesii)、最近痩せてきてやや弱り加減だが、花は定期的に咲く。昔、本種の自生地、メキシコのホテルでこの蕾をピックルスにして売っているのを見かけたが、それを食べたかどうかの記憶は定かではない。でもピックルスとして覚えている以上、味わったのだろう。現地の赤鳳は兎に角刺が奇麗で、景観として最高だ。その点我が家の株は貧弱で、赤鳳に申し訳ないくらいだ。金鯱(Echinocactus gru... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/18 18:38
タカサゴユリですよ
タカサゴユリですよ 今、園内ではタカサゴユリ(Lilium formosanum)が見頃を迎えている。台湾原産の種が野生化したものだ。前にも書いたが、ユリだと思えば除草の時手心を加えるのが園芸家の常で、その結果、通路以外の場所ではあちらにもこちらにもという具合にタカサゴユリが生えている。それをまた結実させ、自由に種子散布させれば、翌年は更に凄い事になる。同様にベニバナシュクシャ(Hedychium coccineum)もあちこちで咲いており、人によっては、この園はどうなっているんだと思うかも知れない。それくらい株数... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/17 18:04
忙しくて写真どころじゃないよ!
忙しくて写真どころじゃないよ! 気象庁が梅雨明け宣言をして以来、伊豆は天候不順が続き、来園者の数が多くて、園としてはとても有り難いことだ。ただ受け入れ側としては毎日接客に追われ、ブログの写真どころではない。そこで昨日は窓辺の多肉で誤魔化したり、今朝は我が家の庭の花を手当たり次第に撮影してそれで済まそうということだ。 最初はクリーム色のヘディキウムの自然実生(Hedychium hybrid seedling)だ。20年前ここへ引っ越して来た時植えた3種のヘディキウムが多数の自然実生を生じこうして奇麗に咲いている。香りは良いし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/16 08:49
白い多肉の夏、地涌金蓮の夏
白い多肉の夏、地涌金蓮の夏 研究室窓辺の白い多肉植物、夏は休眠期で全く水を切っているので見る陰もないが、それでも奇麗だと言ってくれる人は多い。私としては不本意だが、もともと大株が休眠しても植物体の上半分は真っ白だから、それなりに奇麗なのは事実だ。逆に株の下半分は脱水して乾燥し、カラカラになった茶色い葉が重なっているだけだから、画像の2、3枚目のようだ。2枚目がダドレア・アントニー(Dudleya anthonii)、3枚目がダドレア・パキフィツム(D.pachyphytum)だ。今年はエケベリア・ラウーイ(Echeveri... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/15 18:23
アンモカリス咲く
アンモカリス咲く 先日の台風で1日庭に出なかった翌日、気が付いたらアンモカリス・ティネアナ(Ammocharis tinneana)に花が出ていてその生育の素早さに驚いた。そして翌日にはもう開花した。最初は咲いたその夜の画像でまだ花弁が白いが、翌朝にはピンクに変色していた。この株2010年、アマリリスの三宅さんに開花株をいただいたのだが、その由来は1984年に故平尾秀一氏が実生した苗だそうで、今年で実生33年ということだ。私にとって平尾秀一氏は最も尊敬する園芸人で、その方の実生苗がこうして我が家で花開くというのも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/08/14 18:36
やばいよ!やばいよ!
やばいよ!やばいよ! 分園中庭の銀葉樹(Leucadendron argenteum)、2株のうちの1本が急に元気がなくなり、下葉が枯れ上がって、各枝先も萎れ気味だ。私は農大に在学中からプロテア類の栽培には親しんでおり、50年近い栽培経験がある。だからこの症状を見れば、枯れるのは時間の問題で、手の施し用がないことはよくわかっている。最初の3枚は昨日の画像で、3枚目が元気な株の方で、その差は歴然。お盆でもあり、お客様に余り見苦しい植物を見せるわけにも行かず、今朝は朝一でノコギリを持参し、切り倒そうとした。スッパリ切る積... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/13 18:57
ガーデニアは満開だけど
ガーデニアは満開だけど 今朝、我が家のガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)は満開だった。しかし夜来の強い雨でベランダにも出られず、朝一にはリビングから望遠レンズで撮影した。幸い出かける間際に雨が止んだので、ベランダに出て、数メートル近づき一番近く3〜4mの距離から撮影した。この距離だと匂いは感じなかったが、今晩帰宅したら周囲に匂いが充満しているはずだ。こんな幸せ独り占めしていいのだろうかと思う。報道に出しても恥ずかしくない内容だが、自宅の庭では皆さんに見せるわけにも行かず勿体ない話だ。昔懇... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/08/12 18:35
今日はサボテンの花ですよ
今日はサボテンの花ですよ 毎日毎日、5年、6年、ブログを2000日近く続けているとネタに窮するというか、何を書こうかと困る日が多くなる。そんな時、我が家でサボテンが沢山咲いているとホッとする。奇麗な花を並べておけば怒る人もいなかろうという安易な発想だが、実際私は奇麗な花を並べるのが好きだ。目で楽しんでもらえれば良いと私自身が思い込んでいるからで、これが私のブログの特徴だ。と言うことで、今日もサボテンの花尽くしだ。最初は季節の花、象牙丸(Coryphantha elephantidens)の濃いピンク花。私の最も好きな色合... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/11 19:55
ガーデニア・ツンベルギア咲く
ガーデニア・ツンベルギア咲く 今朝、庭のガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)が咲き始めた。大型に育つクチナシの1種。いつもは一斉に咲くのだが、今回はまずパラパラ咲き始めたということだ。本種は勿論ワニ園にも植えてあるが、植栽場所がパパイア温室横で、小さく仕立てられているため、これまで一度も咲いたことがない。このガーデニアは剪定をしても、再生した枝が45度の角度で出て来るため、いつまで経っても芯止めした中央に枝ができず不格好に育ってしまう。だから放任栽培が一番で、伸ばし放題の我が家で良く咲くのは当然... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/10 09:02
バウヒニア・フォルフィカータが咲く
バウヒニア・フォルフィカータが咲く この春園内に定植した、バウヒニア・フォルフィカータの亜種プルイノーサ(Bauhinia forficata ssp.pruinosa)が咲き始めた。本種は基本種フォルフィカータよりはるかに小型で育て易く、花着きの良い半耐寒性のお勧め潅木だ。5鉢あったので、園内5個所に植え込んだのだが、どこもほぼ同時に咲き始めた。今から咲き始めれば、当分の間花が楽しめるのではないかと思われる。本種、鉢で育てておいて露地で越冬させると、発芽がうんと遅れ、下手すると花の咲かないままシーズンが終わってしまう。そこで、春... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 20:42
根挿しの結果は
根挿しの結果は 昨年、エクゾチックプランツの尾崎氏との話で、ソテツのスタンゲリア(Stangeria eriopus)は根挿しが効くよね?と聞かれ、それならと試した結果がこの画像だ。6号深鉢に植わっていた2株寄せの根を大根を切るように太さ2〜3cm、長さ5cm 位に切り分けて、ガーデンパンに横たえ、鹿沼土で埋めておいた。大体半年で発芽し、順次7鉢鉢上げしたが、最後の根はまだ発芽していない。でも時間の問題だろう。切った根が腐るということは一切なかった。だから非常に効率的な繁殖方法と言えるだろう。発芽した根は4.5... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/08 19:51
ポーレン・バンク
ポーレン・バンク ソテツの世界では、雌雄の株を同時に咲かせて受精させることの難しさから、花粉を融通しあうポーレン・バンクの発想が昔からあった。実際、150種近いソテツを栽培している当園でも、雌雄の株が揃った種は10種もないと思われ、毎年採種可能な種はせいぜい3〜4種である。同じように世界的な貴重品で、雌雄の花が揃い難い奇想天外(Welwitschia mirabilis)も、昔から花粉のやりとりが行われて、京都府立植物園で結実させたりしている。実は先日、友の会の知人から、雌花を咲かせた人がいるので花粉を提供して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/07 08:26
定番だけど!
定番だけど! 香料温室で有名な植物があれこれ咲いている。定番だけど香料温室には欠くことの出来ないチャボイランイラン(Cananga odorata var.fruticosa)。東南アジア原産のイランイランは有名な香料だが、実際に匂いをかぐと、これでいい匂いなの?という印象を持つかも知れない。でも麝香などと同じく、媚薬的な作用があって、香水に混ぜると香りの深みが増すらしい。匂いの世界は不思議なのだ。本能に作用するので、計算尽くでは行かないということらしい。同じバンレイシ科のオオソウカ(Artabotrys h... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 19:32
マンゴーじゃないよ!
マンゴーじゃないよ! 今は果樹温室もパパイヤ温室もマンゴーが沢山ぶら下がっていてお客様も喜んでいるだろうが、先日、香料温室の横窓から見たら、そこにもマンゴーらしき実がぶら下がっていて驚いた。形も大きさも色もマンゴーそっくりなのだ。ただ2枚目の葉を見ればわかるだろうが、これはキョウチクトウ科のツル植物、マダガスカルジャスミン(Stephanotis floribunda)の果実なのだ。だから完熟すれば2つに割れてタンポポみたいな冠毛を持つ種が飛び散るはずだ。もしこの実を収穫したマンゴーに混ぜておいたら、誰もマンゴーと信... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/05 18:27
白いモミジアオイなど
白いモミジアオイなど 中庭では数年前に実生したモミジアオイ(Hibiscus coccineus)の白花が咲き始めた。と言っても基本色の赤がないと対比にもならないので有難味に欠けるが、純白というのは奇麗なものだ。アオイ科で北米原産。また秋の花のイメージのあるリコリスだが、早くも花に青味のあるスプレンゲリー(Lycoris sorengeri)が咲き始めた。本種は丈夫で必ず結実し、その種がまた良く発芽して、周囲はリコリスだらけになってしまう。と言っても葉が出るのは緑の少ない時期だし、花も一時なので、それほど殖えている印... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/04 18:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる