アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ティランジア温室では
ティランジア温室では 先日、トックリアナナス(Aechmea recurvata)が見事だと書いたばかりだが、本当に奇麗なので今日も紹介する。最初はトックリアナナスの赤葉の大型タイプ。迫力があって見事なものだ。昨年に続いて2頭目の開花で、花着きも良さそうだ。次も赤葉だが、コンパクトタイプで葉が短い。園芸的にはこちらの方が扱い易いかも知れないが、とにかく奇麗なものだ。これらはブラジル原産。次は花序が赤く色づいて、開花が近いベネズエラ原産のピトカイルニア・オリバエステバエ(Pitcairnia oliva-estevae... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 20:13
春爛漫Part2
春爛漫Part2 春は各所で盛りを迎えており、我が家の下のお寺でもハクモクレン(Magnolia denudata)が満開だ。駅の方から登って来ると正面に見えるのでとても目立つ存在だ。その下ではオキザリス・ペスカプラエ(Oxalis pescaprae)が葉も見えない程花がびっしりと咲いていて見事。またワニ園植物園の裏門側ではコブシ(M.kobus)が満開になっている。むかしミチコレンゲを植えたのだが、上が枯れ台木が育った結果がこれだ。ハクモクレンは中国mコブシは日本原産でどちらもモクレン科。分園温室ではマンゴー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/22 09:19
春爛漫
春爛漫 分園の中庭が正に春爛漫、いい季節になったものだ。最初は朝鮮半島原産でピンクの花が目に優しいクロフネツツジの羽衣(Rhododendron schlippenbachii'Hagoromo')だ。作出者である横浜の平野さんにいただいた株だが、見事に育ってひときは目を引く存在になった。その近くではスイセンのいアイス・フォーリス(Narcissus hybrid 'Ice Fallis')が満開だ。バナナ温室側ではピンクチャーム(N.'Pink Charm')が咲き始めで、とくに最初はピンクが赤味がか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/21 19:42
トックリアナナスの春
トックリアナナスの春 以前私はブロメリア協会の会報に、花の咲かないブロメリアとしてトックリアナナスの斑入り品種「アズテック・ゴールド」(Aechmea recurvata 'Aztec Gold')を上げたが、株が増えるにつれ、どんどん花が咲くようになって、あれは何だったのかという思いである。多分私が本種を殖やそうとしてどんどん株分けし、また鉢上げをするものだから、栄養状態が良くなって花付きもよいのだろう。今春も画像の通りで沢山花が出ており賑やかな事。今、基本種のトックリアナナス、赤葉系の品種をあわせると20株近くが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/20 19:42
鳥羽玉の春
鳥羽玉の春 私は鳥羽玉類のムチムチした手触りが好きで、年々株数が増えていくようだ。まして刺がないから痛くないし、そう言う面でもストレスの少ないサボテンだ。またここの所、暖かさに誘われて鳥羽玉類の花が良く咲いていて、とても可愛らしい。最初は紅花鳥羽玉(Lophophora williamsii)。紅花と言ってもバラ色だが、私の好きな鮮明な花色で絵に成る植物だ。もう5号鉢一杯の大きさだ。次はクリーム花のディフーサ(L.diffusa)。これまで余り大きくならなかったのだが、ここ2年程温室環境が変化したのか、よく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/19 19:39
刺物も春
刺物も春 我が家の刺物の花が多くなるといよいよ春本番だ。刺物の占める面積が多いし、株も大きいのでとても目をひくから余計目立つのだ。最初は金鯱の横に地植えしてある赤鳳(Ferocactus stainesii)の花だ。昔、多分高校生の頃だと思うが、神代植物園で開催されたサボテン展で、高さが80cmもある赤鳳を見て驚いたものだが、50年後に自分がそれを実現しようとは思ってもいなかった。サボテンは実に長生きな植物ということで、私の人生の鏡みたいな存在だ。次は満開の天城(F.macrodiscus)。今は3株とも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/18 11:38
キルタンサスなど小球根
キルタンサスなど小球根 分園入口の各所に栽培温室で咲いたキルタンサス・ファルカータス(Cyrtanthus falcatus)が飾ってある。ヒガンバナ科でレモン大の球根だ。私が実生したり、球根をいただいたりと由来は色々だが、担当の薗田君が上手なので、毎年よく咲かせている。ただ花色が地味なのが欠点で、主役にはなり得ない存在だ。次も地味で、研究室の入口で咲いている緑色花のフリージア・ビリディス(Freesia viridis)だ。折角咲いているのに無視したら可哀想なので紹介する。毎年ここで細々と維持しているが、種はよくでき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/17 18:18
春の先取りPart2
春の先取りPart2 昨日に続いて我が家のサボテンだ。今日はマミラリアの可愛らしい花オンパレード。最初は花が多くなった姫春星(ammillaria humboldtii)。白い身体にこのバラ色の花はとにかく目立つ。人気があって当然だ。横にはカルメナエ(M.carmenae)の黄花が写っているが、こちらも満開。その次もカルメナエでクリームにピンクの縁取りの花。アップで見ると綺麗なものだ。その次が鶴の子(M.haageana)で、いよいよ花がびっしりで奇麗なこと。次の玉翁(M.hahniana)もそうだが、この時期になる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/16 19:28
春の先取り
春の先取り 春を先取りして我が家の温室はサボテンの花が次々と咲いてくる。とくに快晴時の温室は暖かくて日射しが溢れこの世の天国だ。ただそこにいるだけで幸せな気分になれる。どこにも外出しないいで、ひたすら温室にこもっているのもどうかと思うが、これが私の昔からの生活スタイルで今更変えようもない。ストレスを発散させるにはこれが1番だ。 今日の最初は刺物の緋翔竜(Ferocactus rhodanthus)だ。私の正木実生で確か親子だったと思うが、今や同サイズで区別が付かない。分類的には竜虎(F.echidne)と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/15 10:43
花月、リュウキュウアセビなど
花月、リュウキュウアセビなど 分園のパーラーへ降りる階段の所に南アフリカ原産、ベンケイソウ科で金の成る木の異名を持つ花月(Crassula arborescens)が植えてある。屋根があって雨がかかりにくいし、壁をしょっていて防寒にもなるということで、ここに居着いてもう7〜8年になるだろうか。昨年は全株が見事に満開になってくれたので、今年もと期待していたら、花が昨年の1/3位しか咲かず、完全に裏切られてしまった。中庭のツバキも今年は裏年で花が極端に少なく、驚く程だが、多肉植物の花月も同様なのだ。それでもアップにすれば奇麗な花... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/14 18:48
珍しいサボテン2題
珍しいサボテン2題 昨日、ティランジアコーナーの奥に置いてある植物を見に行ったら、ペレスキア・グランディフォリア(Pereskia grandifolia)の実が落ちていた。毎年稔る果実で、いつも中は種が無くて空っぽなので、今年も期待しないで拾ってきた。そして昨日の、パパイヤに傷つけて乳液を出させた写真を撮りついでに、この果実の写真を撮り、次は実を2つに切って中を見たところ、ちゃんと黒い種が入っている。おーやった!ということで、丁寧に種を取り出して洗い、写真に収めた。コノハサボテンの種を見るのもひさし振りで、長さ5... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/13 18:17
パパイヤの汁で手を洗うと?
パパイヤの汁で手を洗うと? 皆さん、パパイヤにはパパインという酵素が含まれていて、肉を柔らかくする効果があるということは常識としてご存知だろう。最近多いクイズ番組の問題にも登場しないほど普及した知識だと思う。先だって、パパイヤ温室で古株を3つ切り倒して片付けたのだが、直径30cmもある太くて重い茎と、その根株を掘り上げるのが大変で、少々の事では音を上げない私もヘロヘロになって参ってしまった。最後はスコップで根株を切り刻んで搬出したのだが、直径1mもある大穴が3つもできたということで、埋め戻すだけでも大変だった。勿論、作業は... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/12 18:58
熱川桜が満開に
熱川桜が満開に いま熱川の各所で早咲きの桜が満開になっている。昔、河津の河津桜に対抗して、熱川の観光協会が普及に努めた熱川桜だ。河津桜より遅く染井吉野より早い中間期に咲く花で、春休みに先だち空白期を埋めるにはピッタリの花だ。 樹形は立性でケヤキのようなホウキ形に育ち、色は河津桜と同様。ただし河津桜は蕾が赤いので咲き始めから華やかな印象があるのに対し、本種はあくまでも開いた花の華やかさが売りだ。この桜が町で整備したけやき公園内にたくさん植えてあるので、そろそろかと思い休みの今朝撮影に行ってきた。ワニ園の栽培温室... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/11 08:30
ケヅメリクガメが私の担当?
ケヅメリクガメが私の担当? これまで分園中庭にあるゾウガメ温室でアルダブラゾウガメと一緒に暮らしていたケヅメリクガメ2頭が、私の管理している売店前の温室に急遽引っ越して来た。同居は好ましくないというのがその理由だが、私にしてみれば、自分のペットが2匹できたようなもので、満更でもない。これまではゾウガメに較べてきつい顔をしていて傍若無人に振る舞うケヅメリクガメを可愛い気のないカメだと思っていたが、いざ2頭だけで毎日接していると、たちまち情が移ってくるから現金なものだ。引っ越した初日、エサを何も食べようとしなかったから、不憫に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/10 18:47
ジェードバインの季節ですよ
ジェードバインの季節ですよ 昨日はそろそろジェードバイン(Strongylodon macrobotrys)が見頃になる頃だと思い、確認に行ってきた。例年通り通路の上、暖房パイプの所に花が10本程ビッシリ下がっており、賑やかに咲いている。後続の蕾も40〜50本見えるので、もう報道公開しても良かろう。やはり年によって咲き具合にばらつきがあり、報道陣に一番良い時期に紹介するというのも案外難しいのだ。朝が早かったので、この日はスイレン温室の夜咲きスイレンを主に撮ってきた。朝日が当たってとても奇麗に開いており、正に夢のスイレンだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/09 17:57
意外と人気のリプサリス
意外と人気のリプサリス 昨日、以下のブログのアップ直前にネットがダウンし、何もできなくなってしまった。NTTのサービスにようやく繋がって,聞けば地域全体のトラブルで、当方に問題はないとの事。しかし、その答えに至るまでの半日の長かったこと。済めば笑い話だが、事態は深刻だった。朝までには回復したが、おかげでブログは1日休みになってしまった。 私の趣味がサボテン栽培なのは皆さんご承知の通りだが、ワニ園に就職して以来、シャボテン公園と競合するサボテンのコレクションは,園では出来るだけ控えてきた。ただリプサリスなどジャングル性... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/09 17:49
スミシアンサ・ラウーイが満開
スミシアンサ・ラウーイが満開 催芽から5ヶ月が過ぎて、ピークを越えつつある球根ベゴニアのスペースが減って来ると、良くしたもので代わりのスミシアンサ・ラウーイ(Smithiantha laui)がピークを迎える。20鉢程が丁度見頃で、これから当分は咲き続けてくれるだろう。本種はイワタバコ科の球根植物で、秋に芽を出して冬に花を咲かせる秋植え球根植物の範疇に属する。しかし実際はほとんど休眠せず、花が終わるとすぐ新しい芽を出して来て、次のシーズンの準備にかかる。そして夏の間に1本づつ分けてポット苗に仕立て、秋を迎えることになる。だか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/07 19:53
中庭の花木にも春
中庭の花木にも春 既に何度か紹介したホンコンドウダン(Enkianthus quinqueflorus)はいつまで経っても美しく、通りがかる度に見とれてしまう。本当に良い色だ。そろそろ花が落ちて,若い果実も見え始めたが、今年はびっしり実がなるのかも知れない。これだけ奇麗だと、ひさし振りに種でも播いてみようかなんて気にもなったりする。香港原産でツツジ科の花木。次はぼつぼつ咲き始めたサンカクバアカシア(Acacia cultriformis)だ。勿論オーストラリア原産でマメ科の花木。昨年は剪定の時期に忙しくて何もしな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/06 20:50
暖かい日射しPart2
暖かい日射しPart2 今日も暖かい1日だった。特に売店前の小温室は日当たりが良いので、暖房を止めるのは勿論、8時前には天窓を開ける程の暖かさ。1号温室の球根ベゴニアにとっては、逆に20度以上と暖か過ぎるのは迷惑な話で、花は傷みやすいし、うなだれ易い、黄色い葉が多く出るし、といいことなし。彼らにとっては15度位がちょうど良いのだ。しかし我々人間にとっては、温室で汗ばむような暑さになった方が気分が良いのは当然。勿論、多くの植物だって春陽気を満喫する。たびたび登場するが、入口地図の所のマツバギク「紫宝」(Lampranth... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/05 18:33
ミツバチ喜ぶ暖かい日射し
ミツバチ喜ぶ暖かい日射し 昨日、我が家のベランダの横で咲く満開のシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)にはブンブン、ブンブンと沢山のミツバチが飛び回って賑やかなこと。よく見ればどれも小柄なのでニホンミツバチなのだろう。ここ数年、この近在ではニホンミツバチが激減し、何かと話題になっていたが、こうして賑やかに飛び回っているということは,復活の兆しなのだろうか。それにしては、ワニ園のシャクナゲモドキはメジロばかりでミツバチは見かけない。ニホンミツバチは総じて山野に自生する地味な花を訪れると聞いたが、こうし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 18:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる