アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
謎のアマリリスなど
謎のアマリリスなど 5年程前に友の会の方に寄贈されたブラジル原産のアマリリス3種、どれも同定出来ないで参っているのだが、今入口奥で咲き出したこの花は多分ヒッペアストラム・コレイエンセ(Hippeastrum correiense)が一番近い気がする。ただしこの株は恐ろしく強健で、12号のポットで屋外に置いておいてもこの時期に咲くのだ。しかも球根はハンドボールのように大きく、子球もタマネギのようにたちまち大きくなって、ポットから溢れそうだ。私にすれば大きすぎて持て余すということだが、育種には持って来いの素材だろう。写... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 09:40
緑のサクラ、テロペア、コリウス
緑のサクラ、テロペア、コリウス 分園事務所の裏で珍しいサクラが咲いている。多分有名品種普賢象の枝変わりなのだろうが、緑色近い黄色の花をつける須磨浦普賢象(Prunus lannesiana'Sumanoura-Fugenzo')だ。やっと木が出来てきて、今年は本格的な開花だ。ちょっと見難い場所なのが欠点だが、もう植えて10年位になるはずだ。入口のスロープの上ではテロペア(Telopea speciosissima)が咲いて来た。この株はここに植えてもう30年近くになると思うが、昨夏初めて病害が出てひどく弱ってしまった。ツツジの... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/25 18:36
沈黙の春
沈黙の春 標題の沈黙の春は農薬禍を論じたレーチェル・カーソンの有名な著作だが、今はこの沈黙の春が現実となってワニ園にも押し寄せている。この沈黙の春とは要するハチなどがブンブン騒々しく花の回りを飛び回らない様子を表現したもので、パラチオンなどの農薬で虫が全滅したことを、極端に表現したものだった。ところが今ワニ園の温室で満開のマンゴー(Mangifera indica'Keitt')はご覧の通り見事な咲きっぷりなのだが、ハチが1匹も飛んでこないのだ。周囲が緑で囲まれ、裏には天城の山もあるのに、ハチがニホンミツ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/24 20:05
美花角など
美花角など 美花角(Echinocereus pentalophus)と言えばエビサボテンの定番中の定番、駄物中の駄物と言ってもいい。でも私は本種が好きで角鉢に3つも育てている。それが先日満開で14輪も咲き、まさに壮観だった。ついでに三光丸(E.pectinatus)と明石丸変種のシャーピー(E.pulchellus var.sharpii)の画像も載せる。次は白マミの代表種白鳥(Mammillaria herrerae)だ。今年は開花日が休みでドンピシャ。いい写真が撮れた。隣にはカルメナエ(M.carme... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 19:30
私のアマリリス
私のアマリリス 私が交配して育てた、私のお気に入りのアマリリスが咲いた。緋の衣と名付けているが、私の大好きな色で、性質も丈夫で生育も良いと申し分ない。確か小森谷さんの令夫人にドラニアエ(Hippeastrum doraniae)を交配し、その濃いピンク花の実生株に三宅さんの赤ダルマを交配したはずだ。令夫人は香りの原種、フラグランティッシマム(H.fragrantissimum)が片親なので、その後代にも香りが遺伝して、これも僅かに香る。この花が咲いて、赤い令夫人を作りたいという私の望みが叶ってしまったため、それ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 19:41
奇麗だねー!
奇麗だねー! 先日の休み、我が家の温室ではエビの太陽(Echinocereus rigidissimus)が咲いた。私が本属で最も好きな種で今年は13個も蕾が着き、その最初の3個が咲いたということだ。兎に角奇麗で大きな花だ。一緒にこれも奇麗な華山(E.papillosus)の満開風景も添える。次は刺物の文鳥丸(Ferocactus histrix)と王冠竜(F.glaucescens)。昔は文鳥丸など咲かせ難い刺物の代表みたいに言われていたが、私でも咲かせられるのだから、そうでもなかったということだ。次が有星... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 12:44
そろそろ早咲きのアマリリス
そろそろ早咲きのアマリリス 今年のアマリリス、我が家はヒッペアストラム・ストリアータムのミニチュアフォーム(Hippeastrum striatum'Miniature form')が1番花だったが、続いて咲いたのは小森谷さんの品種、スカーレット・ルージュ(H.hybrid 'Scarlet Rouge')だ。とても元気で、鉢から下のベッドに根を降ろして旺盛に生育しているので、3本も花茎が立っている。大輪で色も良いが、1茎に2輪しか咲かないのが物足りない。次は多分ブラジルの橋本先生が採集したアマリリス。私はペティオラータム... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/20 20:56
ノトリリオンなど
ノトリリオンなど ノトリリオン・トムソニアナム(Notholirion thomsonianum)はヒマラヤを原産地とするユリ科の球根植物で、花は藤色でギボウシそっくり。とても球根植物の花とは思えない感じだ。本種は開花するとその球はだめになってしまうので、小さい子球から時間をかけて育て上げる必要がある。ここ数年、沢山花が咲いたので、球数が一気に減って、今年は2本しか咲いていない。次は昨年球根をいただいたゲイソリーザ・インフレクサ(Geissorhiza inflexa)とスプレンディディッシマ(G.splendi... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/19 08:53
満開のスパラキシス
満開のスパラキシス 中庭のベンチの所、牡丹のベッドのあるところだが、ここでスパラキシス・トリカラー(Spalaxis tricolor)が満開だ。かつて私が国際球根学会に入会した時プレゼントされた種が起源なのだが、本種はこぼれ種でも開花球まで簡単に育つので、この牡丹のベッドに植えたのだ。それが毎年奇麗に咲いてくれて、こんな楽な植物はない。ただ年々色の変異が少なくなるような感じで、今はオレンジ色が圧倒的に多い。このベッドは害虫も多く、特に夏場はコガネムシの幼虫だ大発生して球根を食べてしまうので、毎年実生苗が順次大きく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/18 18:09
奇想天外の花芽など
奇想天外の花芽など 昨年はパットしなかった奇想天外(Weiwitchia mirabilis)だが、今年は2株とも花芽が一斉に育って来た。1株目は花芽が3個、2株目も左側に縦3個の花芽が育って来た。これは確実に咲くだろう。右側にも2つ位花芽が出かかっているが、これももしかしたら咲いてくるかも知れない。1株から花芽が5本も立ったら壮観だろう。奇想天外はアフリカのナミビア原産でキソウテンガイ科に属し、1科1属1種の裸子植物。我が家は2株とも雄株だ。次の写真は階段脇にからまっているアケビ(Akebia quinata)の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/17 18:02
初夏の陽気に種を播く
初夏の陽気に種を播く 昨日の休みは、本当に久し振りにブログだけで園の用事が片づき、午前中からゆっくり園芸作業の時間がとれたので、少し早いがサボテンの種蒔きをした。余程精神的に余裕がないと種を播こうなんて気にならないものだが、昨日はその余裕があった。サボテンの植え替えもあらまし終わっているし、アマリリスの植え替えも終わったので、後は庭の草取りだけということで、じゃーという気になったのだ。輸入種子18種、自家産2種で都合20種まいた。はたしてこのうち幾つが物になるかは疑問だが、今年はテフロカクタスなどは播かなかったので発... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/16 18:31
牛の舌を展示
牛の舌を展示 先日、栽培温室でウシノシタ(Streptocarpus grandis)が咲いたので飾ってと薗田君に頼まれた。牛の舌は1枚葉が巨大になるストレプトカーパスの有名種でアフリカ原産。当園でも本園6号温室のトックリヤシの下が定位置で、毎年飾って来た。今年はまだベゴニアが植わっているとかで、私の方に話が来たということ。丁度球根ベゴニアが衰退してスペースが空いてきたので、私もこれ幸いと引き受けた。実は他所から頼まれていて、数日前に国際イワタバコ協会から種を取り寄せたばかりだったのだ。まさか栽培温室にこんな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 09:36
分園もモラエアが満開
分園もモラエアが満開 2日続きの好天で、分園のモラエアも満開で見事なものだ。入口の階段に並べたモラエア・エレガンス(Moraea elegans)は3色花の基本種とオレンジが抜けた2色花が混ざって咲いていて華やかなこと。見た目では2色花の方が奇麗だが、それは3色花があるからのことで、これだけでは寂しいはずだ。大きな球根を贅沢に鉢植えしたのでご覧の通り。でも写真を撮る人がいないというのは、植えた当人にとってはつらいものだ。中庭、牡丹のベッドの横の飛び石の縁に植えたモラエアも満開だ。藤色のアリスタータ(Moraea ar... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 18:14
モラエアの季節
モラエアの季節 私はケープバルブの中でもモラエアが好きで、園でも自宅でも沢山育てている。昨日はひさし振りの休みが好天に恵まれ、ベランダのモラエアが花盛りだった。特に私が好きで殖やしているオレンジ色花のネオパボニア(Moraea neopavonia)の類が良く咲いていて嬉しかった。しかし我が家では今年も小さな毛虫が沢山発生していてモラエアの花を囓っていてしゃくに障ること。つまんでは踏みつぶし、取れるだけは取ったが、相手は湧くように出てくる。全く困ったものだ。そのモラエア、最初がネオパボニア、次の黄色がツルバゲン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 18:29
テコマンテ咲く
テコマンテ咲く 4月も10日を過ぎてパパイヤ温室ではニューギニア原産、ノウゼンカズラ科のテコマンテ・デンドロフィラ(Tecomanthe dendrophila)が満開になった。今年は地植えも鉢植えもほぼ同時で、花着きも良い。ブログを書くだんになって、はてこの学名でいいんだけっか、と疑問が。昨年、学名の違いに気付いてブログを書いたのだが、その内容を覚えていない。最近はよくあることだが、事実確認や学名確認に一番早いのは自分のブログを検索することで、今回もそうだ。本種の学名はデンドロフィラで間違いないのを確認し一安... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/12 09:59
ティランジアの花など
ティランジアの花など きょうも終日雨、この雨を見越して,昨日はティランジア全部にたっぷり水をやったので大部水を吸ってくれただろう。棚上ではセレリアナ(Tillandsia seleriana)の大型株が2つ花を着けていた。エーレルシアナと較べると、繁殖スピードが3倍も遅いように感じるが、それでもボチボチ殖え、こうして2株同時に咲くまでになったということだ。入口横ではキセログラフィカ(T.xerographica)も咲いてきた。丈夫だろうからと通路の上に吊った株は20余年の間に段々衰弱し、小さくなって、結局棚上で鉢に収... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/11 20:00
休眠前の潅水
休眠前の潅水 昨日、ようやく精神的なゆとりができたので窓辺の白い多肉に潅水した。もう下葉が枯れ上がって来ているので、これが今シーズン最後の潅水ということになるかも知れない。以前は5月近くまで潅水していた記憶があるが、一昨年辺りから4月早々に休眠の兆候が見られるようになり、それだけ夏の休眠期間が長くなり、植物の消耗も激しくなるということだ。最初はダドレアの仙女盃(Dudleya brittonii)だ。直径27cmの親株、20cmの子株、そして我が家でいじけていた苗を挿し木して仕立て直した12cmの株。後の2株... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 20:08
球根の春
球根の春 ここ3日程雨ばかりで、南ア原産の球根類は可哀想な姿だが、その前、快晴時に撮った写真を紹介する。最初は入口の階段に飾った3色花のモラエア・エレガンス(Moraea elegans)と2色花のコンプトニー(M.comptonii)、レモンイエローのパリダ(M.pallida)。中庭の芝生の縁に植えたフリージア・アルバ(Freesia alba)。そして黒っぽい赤の花はゲイソリーザ・インフレクサ(Geissorhiza inflexa)。先日はエローサと紹介したが、今はインフレクサが正しいようだ。これ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/09 17:46
華やかなアマリリス
華やかなアマリリス 昨日、今日と雨陽気。これ幸いとデスクワークに勤しんでいるが、ブログ用の写真がないので、夕方慌てて1号温室のアマリリスなどを撮ってきた。最初はガーデンアマリリスでスイート・シックスティーン(Hippeastrum hybrid 'Sweet Sixteen)という品種名。いかにも初々しいお嬢さんをイメージさせる花で、小さく可愛らしくてとても華やか。2つ目はブラジルから来た野生のアマリリス(H.sp.from Brazil)。どっかで見たような花だが、いざ種名と言うと、はたと行き詰まってしまう。暖か... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/08 18:33
花盛りの庭
花盛りの庭 我が家では,玄関脇に植えてあるシャクナゲの吉野(Rhododendron hybrid 'Yoshino')が満開になると、本当に春真っ盛りという雰囲気になる。とにかくこの木は華やかで美しく、植えて大正解だ。20年も以上も昔グランパル公園の横の花屋で苗を買った記憶がある。この吉野の原木を、本種の作者横浜の平野さんの農園で見た事があるが、我が家の株はもう当時の平野さんの株を越える大きさになっている思う。クリーム色ツバキのダローネガ(Camellia japonica 'Dahlohnega')も今... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/07 20:12

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる