アクセスカウンタ

<<  2017年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
アメリカデイゴの枝おろし
アメリカデイゴの枝おろし 今日は分園ワニ池のアメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)の枝おろしをした。ブラジル原産、マメ科の熱帯花木だ。6株しかないのだが、どれも一抱えもある大木なので、出る枝の量も半端ではない。2トンダンプに山盛り3台もあり、降ろしに行った畑では2度もタイヤが埋まって動けなくなり、4駆の応援を頼んで脱出する始末。土日の台風では、その1週間前の台風で塩害を食っていた葉がみな散って、池の周囲の通路掃除だけで1時間もかかり大変だったので、この剪定は私としても大歓迎だ。もっとも日取りは以前... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 18:19
クバノラなど
クバノラなど 台風や友の会総会でバタバタしているとき、売店前の温室でクバノラ(Cubanola domingensis)が咲いていた。土曜日からだが、友の会会場に飾りたくても、雨がひどく運ぶのを戸惑っている間に忘れてしまった。せめて写真と思って今日撮りにいったらもう萎みかけでがっかり。本種はキューバ原産、アカネ科の小花木で、花はエンゼルストランペットと呼ばれるブルグマンシアなどに似ているが、育て難いことこの上なく、しかも生育も極めて遅い。これまで3回、計5〜6株は導入したはずだが、残っているのはこの株だけだろ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/30 20:33
ホトトギスなど
ホトトギスなど 今日は友の会総会があり、台風の中無事終了して一安心。今度は別の総会に向け会計を見直していたらブログの事をすっかり忘れてしまい、今慌てて写真を捜したが、あるわけない。そこで困って、ようやく我が家のホトトギス(Tricyrtis hirta)の写真を見つけだした。株によって模様が違うなと撮ったものだ。今日はもう時間がなく、これでご容赦を。ちなみにこのホトトギスはこの稲取の山に自生の10cm程の苗を妻が貰ってきたのが始まりで、こぼれ種で殖えること、ふえること。東京にいたころは、ホトトギスがとても珍しく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/29 20:52
友の会を前に
友の会を前に 今日は年に1回の友の会総会に先立つ懇親会、熱帯動植物を語る夕べが開催される。そこで時間がないので、画像だけでご勘弁を。最初はコショウボク(Schinus molle)の矮性種。高さ50cm程の細い枝が群れ立つだけの小型種だ。とても可愛らしくて花壇の縁取りに使っている。次は皇帝ダリアの八重品種ダブル・オア・ナシング(Dahlia imperialis 'Double or nothing')がようやく1番花を咲かせた。これが咲き始めるといよいよ秋本番ということだ。次は赤い実が鈴生りのアロニア(Ar... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 13:32
ショックの後に喜びが!
ショックの後に喜びが! 昨日は4ヶ月ぶりの病院通い。肺に影があるので定期的に検査してもらっているのだ。と言っても何の問題もない。何も無いから診察も顔を見て雑談するだけ。園の健診表を見せたら、こんな健康な人は珍しいですねとかえって褒められるしまつ。おかげで予約時間より1時間も早く終わってすぐ帰って来た。でも今日のテーマは病院ではない、前回,道々伊豆高原で見かけたバショウのその後の確認が大目的だったのだ。ところが往路はぼんやりしていて通り過ぎてしまい、帰り道に寄ってみた。最初の6月の画像の様子から見て、本来なら今頃バショウ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 19:05
ティランジア・エーレルシアナ
ティランジア・エーレルシアナ 多分私がティランジアで一番好きなのはこのエーレルシアナ(Tillandsia ehlersiana)かも知れない。今日は日曜日の友の会総会会場に飾る植物を捜していて本種を思い出した。咲いているはずだよなと覗いて見ればご覧の通り。こんな奇麗に咲いているのに数日間見逃してしまい申し訳ないことをした。私が本種を好きなのは、姿が奇抜で銀色をしているのもその理由だが、非常に生育旺盛で良く殖えてくれるということも忘れてはならない。生育旺盛という事は奇麗に育つということで、小株が数年で立派な標本株に育ち、花後... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/10/26 07:03
クシャクシャ頭の原因は
クシャクシャ頭の原因は 先日、友人が訪ねて来てサボテンを持って行ってもらった事を書いたが、その時の茶飲み話で、サボテンの微量要素欠乏の話になった。南米原産のサボテン類によく見られる症状で、生長点がクシャクシャになってしまうらしいが、ホウ素欠乏なのだそうである。そしてこの欠乏症状は北米物ではフェロカクタスに良く出るらしい。と言われて思い当たったのが、我が家の金鯱(Echinocactus grusonii)の巨大な群生株。これは単頭だった頭がクシャクシャになって駄目になり、周囲から沢山小株を出した結果なのだ。またその横に... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 20:26
台風一過
台風一過 昨日、台風の片付けを終わらせてから帰宅し、庭の手入れなどをしたが、我が家は上の道路から階段を60段も降りる低い所にあるので、台風の被害はほとんどなくてホッとした。おりから台風一過の好天で締め切ってあった温室は猛烈な暑さ。季節の花、岩牡丹(Ariocarpus retusus)が咲いていて私もにっこり。若い時に播いた実生40年以上の年代物だ。今年は一気に大きく成って、もう直径14cm位あるかも知れないが、私の人生の伴侶の1つだ。次は屋外のグロリオサ・スーペルバ(Gloriosa superba)。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/24 18:34
無事でした
無事でした 台風に直撃された伊豆だが、幸いワニ園は被害を免れゴミが散らかっただけで済んだ。私は休みが入っていたが、勿論出て来て園内掃除。9時半頃までには、通路、園内とも片付き一安心。命綱の給水パイプの水量が少なく気になったが、何とか大丈夫そうでこれも一安心。ということでブログにかかったが、今日は以下の写真しかなく、これでご勘弁を。雨続きの上、台風の直撃と来ては写真どころではない。画像は1号に飾ってあるイワタバコ科の植物群だ、これらは雨陽気の方が花保ちが良いので、花数が多くきれいだ。最初はユーコドニア・アデル... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/23 11:05
台風を前にして
台風を前にして 大型台風上陸を目前に控え、大自然の猛威の前に何も出来ないのが情けない。準備をしたら、後は大人しく行き過ぎるのを待つしかない。入口の吊り鉢ドラゴン・ウイング(Begonia 'Dragon Wing')を展示室にしまい、鉢物を片付け、ハロウィンの飾り付けなどを片付けて、後は朝まで自宅待機ということいとだ。ここで南ア原産、アヤメ科の球根植物、モラエア・ポリスタキア(Moraea polystachia)も満開だが、この細い茎は案外風に強いので、放任でも大丈夫だろう。こんな時に、テラピアの池の横ではネ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/22 18:56
ソテツの珍種咲く
ソテツの珍種咲く 昨日、気が付いたらアンスリウムの間に置いてある尺鉢植えのサイカス・アポア(Cycas apoa:ソテツ科)の雄花(雄球果)が咲いていた。球果が思っていたよりはるかに小さいサイズで咲いており、その小ささに驚いた。本種はニューギニア原産で小葉の縁が優美に波打ち、非常に繊細で美しい葉冠を作るので私の好みだ。この仲間はかつて太平洋諸島に分布するソテツ群をナンヨウソテツやモルッカソテツとして大雑把に扱われていたものを,近年の調査で独立種にした一連の種の1つだ。勿論、当園にはこの1株しかなく種穫りも交配も不... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/21 19:13
ミラクルフルーツとギムネマ
ミラクルフルーツとギムネマ 分園のパパイヤ温室と香料温室には,酸っぱい果物を甘くしてくれるミラクルフルーツ(Synsepalum dulcificum)と逆に砂糖の甘さを消してしまうギムネマ(Gymnema silvesta)が植えてある。ミラクルフルーツは熱帯アフリカ原産、カキに近いアカテツ科の潅木で赤いコーヒーのような実を付ける。この果実に含まれるミラクリンというタンパク質が舌に作用して酸を甘く感じさせてしまうのだ。ギムネマはインド原産のツル植物で、旧ガガイモ科、今日ではキョウチクトウ科ということになる。葉を囓るとやた... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/20 18:28
久し振りの晴れ間
久し振りの晴れ間 昨日は、サボテンを趣味とする友人が久し振りに我が家を訪ねて来たので、前々から寄贈を約束していた植物を持って行ってもらった。最大のお目当て南米ガラパゴス島原産、強刺、紫肌のガラパゴスウチワ(Opuntia galapageia)で、丁度背丈程になっていたのを、鉢ごと持って行ってもらった。これはお亡くなりになったサボテンの大家、平尾博氏に頂いた植物で、形見のようなものだ。私も歳なので、息子程の年代の友人にバトンを渡すようにして、保存をお願いしたということ。お天気も良くて作業には好都合、暑いという程で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/19 20:27
白い多肉の季節到来
白い多肉の季節到来 研究室窓辺の白い多肉の群像、ブルータスなどで紹介され、結構世間に知られる存在になったが、ようやく秋の生育期に突入した。実は10月早々に1回目の潅水をしたのだが、その後猛暑がぶり返し、ここに来ての寒陽気に、もうよかろうと2度目の潅水を行った。潅水と言っても1鉢ずつ手に持って、水差しで鉢の縁から培養土にだけ水をかけ、鉢底から流れ出るまでたっぷり与える。だからこれだけの鉢数があるとたっぷり20分はかかり、5リッター程度の水を使う。移動の時も葉が触れて白粉を落とさないように細心の注意が必要だ。ということ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/18 10:15
ギュウギュウだよ。
ギュウギュウだよ。 我が家のサボテン、昨日の休みは寒くてちょうど作業日よりだったので、温室棚上の草取りを行った。春には、けっこうゆとりを持って鉢を並べた積もりだったが、ここに来て数回たっぷり潅水したら、押し合いへしあいになってしまい、草取りと言っても簡単ではない。棚の手前からパズルのように鉢を外しながら、奥の鉢とその周囲の草を取るのだ。主にピレアだが、カタバミもある。手さえ入れば簡単なのだが、兎に角根気よく取るしかない。ひどかったのはキリンウチワ接ぎを置いた列で、とにかくいつも湿っているので草の育ちの早いこと。象牙... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/17 18:27
華やかな花Part2
華やかな花Part2 冷たい雨が降り続き、私のもっとも苦手な陽気で気分が落ち込んでしまい、どうにもやり切れない。寒いのは嫌だ。 ということで、昨日の続き、サボテンの花で明るく行きたいと思う。最初が最も華やかなピンクのマミラリア・テレサエ(Mammillaria theresae)。今年4〜5回目の花で、これだけ咲いてくれる種もめずらしく、有り難い存在だ。キリンウチワの接ぎ降ろし苗だが、今回の株は苗がだらしなくならず、順調に育ってくれている。次は黄花大輪の光山(Leuchtenbergia principis)、2株... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 09:04
華やかな花
華やかな花 先日の夏日には温室の花も多かった。ただ暑過ぎて窓を開けはなたないとレンズが曇ってしまい、手のかかること。最初はいつもの赤花兜(Astrophytum asterias)、私の好きな花だけにどうしても最初に持って来たくなる。花は綺麗だし、兜としての姿も最高に美しいのだが、なぜか種が撮れない。今回も交配してみたが駄目そうだ。次は普通の兜、そして大鳳玉(A.capricorne)だ。次は白刺象牙丸(Coryphantha elephantidens)の花。花色は薄ピンクだが、株の大きさの割に花着きは悪... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 19:30
ソテツの植え込み、ビカクシダの取り込み
ソテツの植え込み、ビカクシダの取り込み 今日も雨で外の仕事が出来ず、これ幸いと売店前の温室で、乾かしていたソテツの植え込みを行った。1ヶ月前に研修生と一緒に掘り上げたオニソテツ属の株分け株で、もう植え込んでも良かろうという判断だ。今回、驚いたのは、確か昨年7月に株分けして鉢上げしたオニソテツ各種やセラトザミア、ザミア、サイカスをチェックしてみたら、根の発育が極めて悪いのだ。今日は、それらの株も玉突き的に大きな鉢に鉢上げする予定だったのだが、小鉢でも鉢底から根を出している株など皆無で、とても鉢上げどころではない。こんなに発根が悪いならも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/14 20:11
ようやく球根の植え付け終了
ようやく球根の植え付け終了 今日はヤシの花切り、古葉切りの予定だったが、昨日刈った草を片付けただけで雨になってしまったので、懸案だった球根の植え付けを行った。画像は終了後の様子だ、勿論置いたのはここだけではないが、とにかく調合した培養土があっという間になくなってしまうので、その調達が面倒なのだ。しかも、球根は年々殖えるので、モラエアやフリージア、スパラキシスは余っていて、今後園内の花壇に花ゲリラ的に植えて行くのだ。我が家にも大部余っているので、これも持参して花ゲリラの予定だ。だから園内各所で南アの珍しい球根植物をふんだんに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/13 18:58
珍果4種
珍果4種 今日は朝から中庭の芝刈り、第2駐車場の草刈り、トイレ上の土手の草刈りと、終日草刈り機を振り回していた。夕方思い出して撮って来た写真が珍果4種。最初は今朝落ちたヤマトゲバンレイシ(Annona montana)の果実だ。バンレイシ科で熱帯アメリカ原産。台木用で、不味いので誰も食べない果実の筆頭みたいものだが、念のため切って味見をしてみた。匂いはチェリモヤみたいものだが、味はレモンのように酸っぱいだけで甘味のかけらもない。やっぱり不味い!その一言だ。若いスタッフがミラクルフルーツを食べれば、この実も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/12 19:43
運動会日和
運動会日和 季節外れに30度近い好天が3日も続き、まさに運動会日和なんだろうが、我が家のベランダの熱帯性スイレンも勢いを取り戻して奇麗に咲き競っている。これで朝7時半の画像だから、いかに暖かいかお分かりいただけるだろう。ニンフェア・カペンシス系の白(Nymphaea capensis 'White')、ピンク(N.capensis 'Pink')、ムカゴ性原種ミクランサ(N.micrantha hybrid 'Murasaki Shikibu')の血を引く紫式部が咲いている。本来は球根のプランターと入れ替わ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/11 09:27
球根ベゴニアの催芽、ソテツの果実など
球根ベゴニアの催芽、ソテツの果実など 先日、球根ベゴニア(Begonia tuber-hybrida)の催芽の事を書いたが、催芽とは、春に入荷し、5〜6度の野菜用冷蔵庫に保存しておいた球根を取り出して、ガーデンパンに並べて発根発芽させることだ。催芽用の用土は腐葉土でも良いが、当地では良質な腐葉土が手にはいらないのでバーミキュライトを使っている。冷蔵保存用にもバーミキュライトを使っているので、それを流用できるから好都合と言えば好都合だ。で、今年の球根は保存中に発芽してモヤシのように伸びてしまい、ご覧の通り。昔はよくあったトラブルだが、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/10 18:30
珍花登場
珍花登場 今日は研究室の裏で珍しい花が咲いていた。中国のミャンマー国境銅壁関で採集して持ち帰ったキツネノマゴ科のリナカンサス・ナスタス(Rhinacanthus nasutus)だ。耐寒性があるので、ルクリアなどと一緒にずっと裏に置いてあるのだが、花を見るのは5年振りくらいかもしれない。皮膚病に効く薬用植物みたいだが、私にはこの特有な花形が印象深い。また展示室前の小花壇では、モラエア・ポリスタキア(Moraea polystachya)がこの秋の1番花を咲かせた。春咲き種はまだ植えてもいないのに早いものだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 19:49
サボテンの花も大詰め
サボテンの花も大詰め 段々秋が深まって来て、我が家のサボテンも花が少なくなり、寂しい雰囲気が漂う。そのような中で刺物の龍眼(Ferocactus viridescens)が今年何度目かの開花だ。緑っぽい花なので、それが学名の由来かもしれない。とても雰囲気のある花だ。次はシーズンも終わりに近づいた象牙丸(Coryphantha elephantidens)。外気が下がって来たら花色が一層濃くなり、いよいよ私の好みのショッキングピンクだ。2株とも奇麗に咲いている。最初の株がオリジナルの紅花象牙丸で次はその実生株だ。次はマ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/08 18:34
植えたと思ったらもう開花
植えたと思ったらもう開花 季節に追われるように球根の植え付けを開始し、ようやく半分が終わった感じだ。画像のエンポディウム・フレキシレ(Empodium flexire)は3日前に植えたばかりだがもう咲いている。本来は半月位前に植えるべきだったのだろうが、毎年同じ失敗を繰り返している。次のコルチカム(Colchicum spp.)も同様で、袋の中で花芽が10cmも伸びてしまったものを、折らないようにそっと植え付けたものだ。シクラメン・ヘデリフォリウム(Cyclamen hederifolium)の親株は枯れてしまったが、実... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/07 11:05
イワタバコ類やようやく満開に
イワタバコ類やようやく満開に 例年8月末の友の会総会時には満開になっている1号温室のイワタバコ類がようやく見頃を迎えた。前作の球根ベゴニアがいつまでも元気に咲き誇っていたのが、これらの育苗が遅れた理由だ。その満開を横目に、来年用の球根ベゴニアの育苗を10月3日にスタートした。例年は10月1日が催芽開始日なのだが、今年は日本ブロメリア協会の見学会があって忙殺され、それどころではなかったのだ。野菜冷蔵庫に保存してあった球根ベゴニアの箱を開けてみたら、既に芽が3〜5cmも伸びていて、これには焦った。冷蔵庫の温度が高かった事、スチロ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/06 18:46
9月末の花便り
9月末の花便り もう1週間以上たってしまったが、我が家の花便りだ。なるべく園の植物を優先しようとするとこういう結果になる。撮影の日は珍しく花が多かったのでとても賑やかだった。最初が刺物の太平丸(Echinocactus horizonthalonius)。今年は余り開花に休みが合わず見損ねるケースが多かったが、やはり咲けば華やか。キリンウチワ接ぎのおかげで容易に開花株を仕立てられるようになり,私としては大満足。ただ毎年のように5号鉢植えの大株の台木部分が枯れ込み、駄目になるのは想定外だった。次はコリファンタの大... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/05 18:56
パパイヤの原種など
パパイヤの原種など 植物園である以上、当園でもコレクションとしてパパイヤの原種3種を植えているが、暑さに弱かったり、やたら強勢だったりで維持も容易ではない。最初はマウンテンパパイヤ(Carica pubescens)。アンデスの涼しい所に分布する種だけあって暑さに弱く、導入当初は普通のパパイヤに接いで結実まで育てたものだ。その後正木でも育つようになり今日に至っているが、暑さに弱いのは相変わらず。ようやく暑さのダメージから回復して果実が大きくなってきた。大きいと言ってもせいぜいレモン大で、匂いは最高に良いのだが味は酸... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/04 11:35
ムッセンダなど
ムッセンダなど 先日、本園8号温室に行って、アカネ科のムッセンダなどが良く咲いていたので、それらも撮影してきた。分園では見られない華やかな花木だけに、見かけるとつい撮影してしまう。最初は一重のヒゴロモコンロンカ(Mussaenda erythrophylla)。これは萼の赤が鮮やかで、本属では一番赤く目立つ種だ。原産地は熱帯アフリカ。次は八重のクイーン・シリキット(M.'Queen Sirikit')。豪勢に咲いてくれるので、飾りには持ってこいだ。ただほっておくと際限なく大きくなるので、思い切った剪定が必要だ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/03 20:16
ワルセビッチアなど
ワルセビッチアなど 本園8号温室の花の続き。ここは温度もあるし日当たりも良いので、世界の珍花ワルセビッチア(Warscewiczia coccinea 'David Auyong')が2株見事に咲いている。導入当初、最初の花が咲いた頃は報道を呼んで大騒ぎだったが、こうして継続的に咲いていると有難味がなくなると言うか、見慣れてしまうというか、珍しさに馴れてしまって、感動もしなくなってしまう。しかし、珍しかろうと、なかろうと奇麗な物は奇麗だ。本当に素敵な花なのだ。和名はショウジョウトラノオ、アカネ科で原産地は熱帯アメリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/02 18:46
花が多くていいね
花が多くていいね 昨日は調べ物もあって本園8号温室を覗いてきたが、ここはいつも花が多くていい。丁度オオオニバス(Victoria amazonica)の花もあったし、ハワイの品種、斑入りのバナナ(Musa x paradisiaca 'Koae')も果実に奇麗な斑の入っている状態が見られてこれもいい。勿論アマゾン原産のオオオニバスの花は夜咲きだが、涼しくなると翌日遅くまで開いているのだ。香料で有名なバニラ(Vanilla planifolia)も交配したのか棒状の果実がぶら下がっていて、これも珍しい見物だった。バ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/01 19:09

<<  2017年10月のブログ記事  >> 

トップへ

学芸員の独り言 2017年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる