学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ラウーイが順調

<<   作成日時 : 2017/11/05 18:49   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

私の研究室の窓辺の多肉、10月から潅水を開始し、ここに来て一気に膨らみ始めた。ただエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)だけは夏に育つということで、これまでの慣例を破って潅水を続けたところ、信じられない位元気に育って驚いている。今まで自分は何をやっていたんだと自己嫌悪に陥るほどの生育振りで、最初の株はもう5号鉢一杯になりつつある。これなら直径15cm も間もなくだろう。次の株が4.5号鉢だ。ラウーイはメキシコ南部オアハカ州の産。3、4枚目はダドレア・アントニー(Dudleya anthonii)で、茎が伸びすぎたので、今年は切って挿し直すつもりだ。一旦水を吸わせて、元気を回復させてから切るつもりだったが、これだけ奇麗に育ち始めると切るのを止したくなるが、やはりやるべしだ。いつ切ろう。次は我が家から持って来た仙女盃(D.brittonii)だ。ベランダの下で青息吐息だったのだが、研究室の株をプレゼントしてしまい株数が減ったので、その穴埋めに持参した物。1年がかりでようやくこちらの顔になり、そろそろ4.5号鉢へ鉢上げだ。最後はダドレア・パキフィツム(D.pachyphytum)の2タイプの違いの話だ。真っ白な方は、故平尾博氏に頂いた、日本に最初に導入された頃の株由来だろう。兎に角真っ白でこんな奇麗な株はないが、今まで27年間、一切子供を出さず花も咲かないという頑固ものだ。もう1つは緑味の強い2頭株で、某先輩の実生苗だ。まだ6年だがもう2頭になっており、今年切って挿し木し2株にする予定だ。私は丹精なロゼットが好きなので、群生は好まないし、並べるにも不自由なのだ。ダドレアはカリフォルニア半島の地中海性気候で育つ、冬型の多肉植物でベンケイソウ科だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラウーイが順調 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる