学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS とにかく奇麗だね!!

<<   作成日時 : 2018/04/02 10:25   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

果樹温室脇に植え込んだフリージアとモラエアが今や満開で奇麗なこと。と言っても一般のお客様の目にはほとんど触れない場所で勿体ないと言えば勿体ない。昨日、私が一人で撮影していたら、新任のスタッフが来たので一通り説明したが、一人でもこの価値を認めてくれる人が増えるのは嬉しいことだ。この温室沿いにはクサツゲが植えてあり、フリージアはうまい具合にその間から伸び出して風で傷まないように咲いている。植え込みの手前半分パパイヤ温室側がフリージア・アルバ(Freesia alba)、バナナ温室側の半分に黄色い目の目立つフリージア・ムイリー(F.muirii)を植えてある。モラエアはミックスで植えてあるが、数の多い白っぽいビローサ(Moraea villosa)と淡紫色のアリスタータ(M.aristata)が全体に、朱色のネオパボニア(M.neopavonia)と3色花のエレガンス(M.elegans)は手前パパイヤ側、くすんだオレンジのブレイニアナ(M.breyniana)はバナナ温室寄りに植えてあるが、そこには鮮黄色のスパラキシス・グランディフローラ亜種アクティロバ(Sparaxis grandiflora ssp.acutiloba)も混ざって咲いている。このスパラキシスはバナナ温室横の芝生でこぼれ種で育った株が満開になっており、花弁が光で輝いて眩しい程だ。同じようなモラエアの植え込みが香料温室横、ボタンのベッドの並びにもあるが、こちらは数日遅れで咲いてきそうだ。ボタンのベッドではスパラキシス・トリカラー(S.tricolor)も咲き始めたが、こちらの見頃はまだまだ先だ。最後のマスでの開花画像は、入口に飾った鉢物で、オレンジ花のコンプトニー(M.comptonii)、黄色のパリダ(M.pallida)、3色花エレガンスのミックスだ。私が南アフリカの植物学会やアメリカの球根学会から種子を導入し、20年来殖やしてきた球根が、このように見事に咲いてくれると、本当に幸せな気分になれる。これらは全てアヤメ科で南アフリカ原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
一般のお客様の目にほとんど触れないとは、ほんとうにもったいないですね。
もしも私が園にお邪魔するようなことがあれば、ぜひ見学したいです。

ところで、お使いの機械に「ウィルスに感染しました」というメッセージが出たとのことですが(他サイトの掲示板の話で恐縮ですが)、マカフィーの販売戦略はすごいと思いました。
YoYo
2018/04/02 16:56
上記ウイルス問題には続きがあり、購入したソフトを活性化するためには電話依頼が必要なのですが、結果的に高額なセキュリティーサービスを契約することになってしまいました。
学芸員
2018/04/04 09:21
ええっ!!! それってマカフィーでも何でもないですよね。
4月3日の記事の末尾に「コンピュータでトラブって」と書かれていたのは、想像するに、事後の処理(サイバー犯罪関連の窓口に連絡するとか)で時間をとられていたということでしょうか。
YoYo
2018/04/04 09:51
何度もすみません。
つまり、アンチウイルスソフトなるものをダウンロードしたはずが、実はお使いのPCを先方が自由に操れるソフトをダウンロードしており、活性化すると、PCに問題があると思い込まされるような画面が表示される … ということだったのですね。
マカフィーの販売戦略云々なんて、間が抜けたコメントをして申し訳ありませんでした。
YoYo
2018/04/04 10:54
YoYoさん、返事が遅れました。
契約したのはPremium Technical Supportというやつで、会社としては問題ないようで、2年間24時間サポートという内容です。ただここに至るまでがとても強引で、キャッチセールスみたいものですね。
学芸員
2018/04/07 18:14
ご返信いただきありがとうございます。
不安がぬぐえず、その会社名でググってみたところ、唯一見つかったのは、ヤフー知恵袋の書き込みです。
内容を簡単に書きますと、「突然に画面がフリーズし、会社名(学芸員さんが書かれた社名のカタカナ書き)と電話番号が表示され、怪しいと思いつつ電話をしたら、このままではPCが壊れると言われて遠隔操作で修理を受け、高額な修理代を支払った。この会社は大丈夫か?」というものでした(日付は今年の3月18日)。
ただし、この質問は回答がなされる前に削除されており、私が見たのはキャッシュです。

上記質問文には、画面表示されたという電話番号が書かれていたため、今度はその電話番号で検索をしてみたところ、「サポート詐欺の番号」としてヒットしました。
https://www.telnavi.jp/phone/0120993752

学芸員さんがかけられたのと同じ番号ではないかと ……。
もし同じなら、気がかりなのは、学芸員さんが追加被害を被るおそれがないか、ただただその1点です。
YoYo
2018/04/07 21:07
YoYoさん、ご親切にありがとうございます。確かにその番号です。ただ詐欺だと思えば、その番号を警察に通報する人がいるでしょう。契約書には2週間以内ならキャンセル可とも成っているんですよ。多分、無理でしょうが。今日、詳しい人間に連絡して確認してもらうようにします。
学芸員
2018/04/08 19:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
とにかく奇麗だね!! 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる