アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
バショウとバナナ
バショウとバナナ 先日、マスコミから問い合わせがあって添付の画像を送ってきた。よくあるバナナが稔ったという内容で、勿論バショウ(Musa basjoo)ですよとお答えした。ただ私が驚いたのは福島の南相馬での栽培なのに、受精した果実が順調に育っていたからで、これなら完熟果が収穫できるのではないかと思ったからである。以前味見をした新宿御苑のバショウの実を思い出し、上手く完熟させたら美味しく食べられますよと伝えた。ただご主人がその果実を1本切って見たところ、まだ白い種しか入っておらず、現地の気候では完熟まで持って行くの... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/15 18:46
金鯱を計る
金鯱を計る この10月で我が家は引っ越して22年だそうだ。ということは温室の地植えの金鯱(Echinocactus grusonii)も22年経ったということ。温室に植え込む時でも、直径40cm位あって大仕事だったが、今のサイズはとんでもない大きさだ。画像で単頭の方が直径60cm、高さも60cmだが、見た感じは直径70cm位に思える。ドラム缶の直径が60cmだから、これでドラム缶サイズということだ。もう1つの大群生は、ここに植えてから頂部に異変を生じて子吹きを始めたものだ。長径95cm、短径70cmで30頭... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/14 18:25
秋はリプサリスの季節
秋はリプサリスの季節 毎年、今時分になるとブログネタに困り、丁度花期になるリプサリスの小さな花を追っかけたりする。今回は花の大きいエピフィルム・アングリゲル(Epiphyllum anguliger)から始める。先日の夕方、大きく成った本種の蕾を発見、ただその日は農大の同総会があったので、これは翌朝の写真。普通、この仲間が咲いていれば香りで気付くものだが、本種の香りは鼻を近づけないとわからない程度だったので、朝一の管理では気付かなかった。9時頃思い出して、確認したら、まだ良い状態で咲いていたので撮影した次第。ギリギリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/13 09:46
白い多肉は順調だけど
白い多肉は順調だけど 秋になり潅水を始めて半月、研究室窓辺の白い多肉はどれも吸水して奇麗になってきた。春から休眠なしで来たエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)は5号半鉢から溢れる程元気だが、先日部屋に迷い込んで来たヒヨドリが、この上に留まってしまい、ワックスが取れてしまってがっかり。でも元気一杯だ。直径10cm程の次の世代も順調だ。やや緑色っぽいラウィンゼ(E. x lau-lindsayi)は直径18cmで大変元気。ダドレア仙女盃(Dudleya brittonii)の大株は株径25cmもあって良く... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/12 18:16
珍花咲くPart2
珍花咲くPart2 昨日、栽培温室に行ったらコンブレータムのような花が咲いていた。ハワイのメトロシデロスのような印象もあるが、ラベルにはキサントステモン・クリサンサス・オレンジ(Xanthostemon chrysanthus 'Orange')とあり、フトモモ科の花木でマレーからオーストラリアにかけての原産だ。世界各地には似たような花があるものだ。黄花の基本種のオレンジ花タイプということだ。本種は3年前千葉のエクゾチックプランツの尾崎氏に寄贈されたもの。いつもながら尾崎氏からは珍種の寄贈を受け感謝の言葉もない。分... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/11 17:53
珍花咲く
珍花咲く 今日は7月に友人からいただいたスタペリアの珍種レーンデルジアエ・バーガンディーベルズ(Stapelia leendertziae'Burgundy Bells')が咲いた。蕾が膨らんで今か今かと楽しみにしていた植物だ。私も学生の頃は本属の大きな花に憧れて育てた事もあるが、育ちが早くて簡単に作り直しの利く植物は私の好みではなく、ずっと距離を置いてきた。花に悪臭があるというのも、私の好みではない。ただ頂いた植物は、一度は咲かせてみたいし、5号半鉢程度の株で咲くとは思っていなかったので、蕾が着いた時は... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/10 10:08
パパイヤなど
パパイヤなど 今日も1日カナリーヤシ(Phoenix canariensis)の剪定作業だった。いい加減ヤシ切りばかりでうんざりだが、今日で大所は片づきホッとした。ただ今日は腕と足のスネにブッスリと刺を刺してしまい、血でズボンが冷たくなって出血に気付く有様。腕は腫れも発熱もないが,腕を動かすだけでズキズキ。いつもの事ながら生傷の絶えない身で呆れてしまう。でもこれが私の免疫力を活性化させているのは事実で、私が丈夫でいられるのは、普段からこうして鍛えているからだと勝手に思い込んでいる。ただし皆さんの真似しろとは言... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/09 18:53
果樹温室では
果樹温室では 只今、果樹温室ではゴレンシ(Averrhoa carambola)が豊作でビッシリと結実し、熟した果実が毎日いくつも落ちているという状況。味を見るなら1個もあれば十分なので勿体ない話だ。東南アジア原産でカタバミ科。2株あるシロサポーテ(Casimiroa eduris)もぼつぼつ熟して落果しているようだが、落ちるとべちゃっと潰れてしまうので、味見もままならない。本種は熟しても緑色のままなので、収穫のタイミングが難しいのだ。ミカン科で中米原産。紫葉のグワバ(Psidium guajava)も淡い桃... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/08 06:59
カナリーヤシの葉切り等
カナリーヤシの葉切り等 去る金曜日、懸案だった園内のカナリーヤシ(Phoenix canariensis)の枯葉切り、古葉切りを行った。台風の後片付けや、ブラジルヤシの葉切りも途中だが、連休前に片付けたくて取りかかったのだ。とにかくダンプ1台葉とゴミが出るのを覚悟で取りかかったが、半日がかりでようやく1株を終わらせた。多分50枚位は切ったと思うが、足場の悪い所で、反対側にはハシゴがかけられないので、目一杯手を伸ばして、軽業師のような形で作業をしたから疲れること。奇麗になれば気持ちは良いが、ゴミ捨てまで行って結局1日仕事... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/07 18:32
ブニノキなど
ブニノキなど 果樹温室の入口に繁る照り葉の果樹、ブニノキもしくはサラマンドノキ(Antidesma bunius)といい、これまで余り結実が良くなかったのに、今年はご覧の通りビッシリと見事になっている。本種はトウダイグサ科で雌雄異株の植物。もともと当園には雌株だけしかなくて,当然結実しなかった。かつて、鹿児島大学指宿農場の面倒を見ておられた永岡先生が果樹管理の指導で園にお見えに成った際に、雄株をプレゼントして下さり、その枝を雌株に高接ぎして、両性の揃った1本の木に仕立てたのだ。とは言っても思惑通りには結実せず... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/06 18:26
球根の植え込み開始Part2
球根の植え込み開始Part2 昨日は球根植え込みの2日目、培養土の買いだしに行って昼から作業開始。前日赤玉土の袋で9袋分、昨日も9袋分で一段落。それが今日の画像だ。勿論ベランダに置ききれないで他所に置いた鉢も多いが、後は量が多くてプランターに植える植物が残っている。2枚目、3枚目は前日袋の中で発芽していたコルチカム・モンタナム(Colchicum montanum)で、真っ白だった花が1日でピンクになった。毎年、植え込みが遅れこんな事を繰り返しているが、いい加減覚えろと、我ながら腹が立つ。イヌサフラン科でヨーロッパ原産。以下... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/05 18:31
球根の植え込み開始!
球根の植え込み開始! 休みの配置の都合上2連休になってしまった昨日、今日、私としては球根の植え込みに迫られていただけに大助かり。昨日、午前中は園で球根ベゴニアと小球根類を植えつけ、午後は我が家のベランダを片付けてから植えつけ開始。我が家ではコルチカムやグラジオラス、オキザリスなどが袋内ですでに発芽や開花を始めており,大慌て。何とか30鉢位植え込んだが、これだってまだ半分以下。今日、培養土の買いだしに行って、午後どこまでできるか、それぞれの鉢が大きいので、とても大変なのだ。14リッターの赤玉土の袋1つ分で3鉢位、プラン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/04 09:06
オーリクム咲く!
オーリクム咲く! 秋咲きのアマリリス、ヒッペアストラム・オーリクム(Hippeastrum aulicum)の一番花が咲いた。例年より1ヶ月も早い気がするが、どの鉢にも花が上がっており、今年は早くに満開になりそうだ。ヒガンバナ科でブラジル原産。あっと言う間に10月で、雑用に追われ球根ベゴニアの催芽も遅れてしまったので、これからやるつもりだ。例年は10月1日なので2日遅れ。それも休みでないと時間がないというせわしなさ。その育苗期間中の空白を埋めてくれるのがこのアマリリスなので、余り早く咲かれてもこまるのだが、植物の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/03 09:34
ハマオモトヨトウの猛威、台風の猛威
ハマオモトヨトウの猛威、台風の猛威 園のハマオモトヨトウが治まって来たと思ったら、今度は我が家で発生した。ま、夏に一度発生してクリナム・ゼイラニクム(Crinum zeylanicum)を丸坊主にされたので、これは2回目の発生だ。先ずアンモカリス・ティネアナ(Ammocharis tinneana)の葉に筋があっておかしいと思ったらハマオモトヨトウだった。お線香みたいに細い葉の実生苗にも食い込んでおり、しゃくに障ること。次はブルンスビギア・ジョセフィーナエ(Brunsvigia josephinae)の花の終わった花序だ。毎日雨ば... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/02 12:22
イスメネ・アマンカエス咲く
イスメネ・アマンカエス咲く 今年もようやくイスメネ・アマンカエス(Ismene amancaes)が咲いた。ヒメノカリスに近縁だからどうしても春植え球根として扱ってしまうが実際には9月になって発芽し、10月を前にして咲くのだから秋植え球根と考えた方がベターだ。昨年は功を焦って、早くに植え替えて潅水開始したら、中々発芽せず、球根を1つ駄目にしてしまった。出るまで待とうで、乾かした状態で発芽を待ち、やおら潅水を始めるというのが本種管理のポイントだ。その点ではパラモンガイアににている。また実際、花もパラモンガイア(Paramon... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/01 17:18
バンクシアがいいね!
バンクシアがいいね! 中庭のバンクシア・セラータ(Banksia serrata)が満開だ。当初はこれ程樹勢強い木だとは思わなかったが、最近の勢いは凄いものだ。この仲間で一番丈夫なのはインテグリフォリア(B.integrifolia)で、大島の圃場で大木になっていたが、それに次ぐ丈夫さだ。花も無数に咲いていて、随分贅沢な景観だと思う。といってもそれを実感できるのは余程の専門家だろう。ヤマモガシ科でオーストラリア原産。パパイヤ温室では雲南省産の巨大なスイカズラ、ロニケラ・ヒルデブランディアナ(Lonicera hild... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/30 06:59
これからどうしよう
これからどうしよう ネットの不具合で、2日分を今アップしたが、本当に困る。ブログは個人的だが、仕事のメールが送れなかったり、ネット検索が出来なくなるのは致命的だ。一昨日は環境省にアクセスできず仕事が1日遅れ本当に参ってしまった。今日も、9時の時点で繋がらず、他の作業をしている間にようやくつながった。電話会社に相談しようと、連絡先を調べている間に繋がるのだから皮肉なものだ。研究室の仕事はネットが命だから、これが使えなくなると車の無い生活みたいになってしまう。ブログもやる気がなくなってしまい、気が進まないのだが、今日の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/29 10:19
ネットがつながらないよ?
ここ2日程、ネットが絶望的につながらない。昨日は夕方の5時半から駄目で8時まで待っても回復せず、今朝7時にやってもつながらず。昼休みにようやくつながったと思ったら、10分位で切れ、写真1枚アップしておしまい。今も夜の8時過ぎだがつながらない。もうブログどころではなく、仕事のメールも送れない有様で本当に参っている。 多分、ADSLから光へ移行するための不具合なのかもしれないが、私は大迷惑。ブログを書く気力がなくなってしまった。まだ昨日の分も送れないのだから、情けない。今日は現状報告で終わりにする... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/09/29 09:28
いろいろ
いろいろ 昨日からネットが繋がらず今も画像がアップ出来ない状態。先に文章だけアップしておきます。 2日後の今、ようやく作業ができています。本当に参りました。 こう悪天候続きだと、花も少ないし、ブログネタに困るというのが実情だ。昨日は休みだったが、温室にも花は少なく、今日は各所寄せ集めだ。最初はベランダのスイレン。ようやくワサワサと葉が増えて蕾も多くなってきた。撮り始めたら雨がザッと来てせわしないこと。紫式部(Nymphaea micrantha hybrid ‘Musasaki Shikibu’)とニ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/28 12:23
白い多肉に潅水開始
白い多肉に潅水開始 さしもの猛暑の夏も去り、肌寒さを感じる様になった昨日、研究室窓辺の白い多肉植物に潅水を始めた。と言っても前列に並んでいる、エケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)、ラウリンゼ(E.lau-lindsayi)、セダム・スアベオレンス(Sedum suaveolens)、パキベリア・ベルブルー(Pachyveria Belle Blue)、アドロミスクスの雪御所(Adromischus leucophyllus)などは、夏中潅水していたので元気一杯だ。断水していたのはダドレアに限られる。... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/09/26 10:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる