アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
水生アマリリスの改植、中庭の春
水生アマリリスの改植、中庭の春 最初は、先日植え替えた水生アマリリスの画像。どれも尺鉢にギュウギュウに球根が収まっているので、5月中旬の花期には花茎が50本位立つかも知れない。特に花付きの良いのはヒッペアストラム・ハリソニー(Hippeastrum harrisonii)と、アングスティフォリウム(H.angustifolium)とハリソニーの雑種で、毎年豪華な花を楽しんでいる。今年はアングスティフォリウムのオリジナル株と、実生苗も順調で、10年振り位にアングスティフォリウムの花が見られるかも知れない。咲いてる時は、「こんな簡... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/23 09:48
満開の朝顔、イオナンタなど
満開の朝顔、イオナンタなど 今日は1号温室入り口の頭上に繁っているアサガオ、イポメア・ランビー(Ipomoea lambii)が満開だった。ちょうど10輪だ。昨年は育苗に失敗してろくに咲かなかったが、今年は絶好調だ。エアプランツのコーナーではイオナンタ(Tillandsia ionantha)の群生が赤く色付いて良く咲いている。やはりイオナンタが咲くと華やかでいい。通路上に吊ったドゥラティー(T.duratii)もずっと咲いている。以上3種はメキシコ原産。棚の上ではブラジル原産のフリーセア・サウンデルシー(Vriesea ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/22 18:28
クンシランとラケナリア
クンシランとラケナリア 分園パパイヤ温室に飾ったクンシラン(Clivia miniata)が見頃を迎えた。以前は黄花ばっかりだったが、今は少し基本色のオレンジも混ぜてカラフルに飾っている。長年作り込んでいるので、どれも大きな群生株になっていて見事なものだ。花はまだ次々と上がって来るようだから、次は入口に飾ろうかなんて話になっている。兎に角賑やかになってくれるなら有り難い事だ。入口正面に飾ったラケナリア・アロイデスの変種クアドリカラー(Lachenalia aloides var.quadricolor)もまた鉢数が殖え... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/21 18:21
ドリアンテスの果実収穫
ドリアンテスの果実収穫 我が家のドリアンテス(Doryanthes palmeri)の果実を収穫した。13果で、そのうち3果が口を開けていたので種子を採集して整理した。実際は種を穫っても、ワニ園にも我が家にも株が沢山あって播く予定はないのだが、一応は整理する。ワニ園では今2本花が上がって来ているし、我が家でも今秋には花が上がって来るだろう。オーストラリア原産でドリアンテス科の多肉植物。次はシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)、温度の急上昇した今日は、この木から懐かしい音が聞こえてきた。そうミツバ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/20 10:14
今日もサボテンです
今日もサボテンです 先日から咲き始めた薫染丸(Gymnocactus knuthianus)が満開だ。これらの種は主にスウェーデンのサックシードから導入している。1パックの種子で3本のキリンウチワ接ぎの苗を作り、大きくなったら接ぎ降ろしで、4号鉢に3本植え。これが平均的な我が家の育苗方法で、この開花株で2年半というところ。次のカルメナエ(Mammillaria carmenae)で接ぎ降ろし2本、正木2本、サンチェス・メホラダエ(M.sanchez-mejoradae)も3本接ぎ降ろしだったが、一本枯れて今2本。今... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/19 18:44
河津桜が満開
河津桜が満開 我が家の下のお寺に植えてある河津桜が満開になった。河津でも原木は満開で、川沿いでも3〜4分咲だそうで、見頃ということだろう。今年はぴったり桜祭りの期間に収まって、地元はホッとしているだろう。園内ではツバキの初黄(Camellia nitidissima hybrid 'Shoko')が満開。ミニの系統のラマーツィー(C.hybrid 'Lamertsii')やシナモン・シンディー(C.hybrid 'Cinnamon Cindy')も咲いている。また中庭では、紅白覆輪の玉の浦(Camellia ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/18 11:16
プヤの群落を作る
プヤの群落を作る 分園入り口、ワシントンヤシの下にプヤ・ラクサ(Puya laxa)が植えてある。昨年まではその間から源平菊(Erigeron karwinskianus)やクフェア(Cuphea hyssopifolia)、ブルビネ(Bulbine frutescens)などが顔を出していて、群落としての印象に乏しかった。昨年、その横に植えてあったリュウゼツラン、アガベ・フェロックスの斑入り株(Agave ferox'Variegated')が突然腐ってしまい、その跡地にアロエ・フェロックス(Aloe fero... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/17 19:02
ホワイトヘッディアとキンギアナム
ホワイトヘッディアとキンギアナム 研究室入口のタタキに置いて有るホワイトヘッディア・ビフォリア(Whiteheadia bifolia)が咲いた。今日ではマッソニア属とされることもあるが、確かに良く似た植物だ。球根の寿命が短く4〜5年で駄目になってしまうので、これは2代目だが、流石に3代目まで育てようという気には成らないが、播かなければ絶えるだけだ。南アフリカ原産でキジカクシ科だ。一方1号温室のティランジア飾りのコーナーにはデンドロビウム・キンギアナム(Dendrobium kingianum)の赤紫花の大株が登場し、急に華やか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/16 18:23
2月のサボテン
2月のサボテン 今年の1月はサボテンの花が少なくブログネタにも窮してしまったが、2月になってようやく花が増えてきたようだ。今回はギムノカクタスの薫染丸(Gymnocactus knuthianus)から。いかにも早春の花で、昔は白鯱という類似種もあって混乱したものだが、どうやら同種だったようで、だよねーという感じ。マミラリアのサンチェス・メホラダエ(Mammillaria sanchez-mejoradae)も満開になったが、とにかく花付きの良さに驚かされる。次はマミラリア・カルメナエ(M.carmenae)の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/15 18:15
クリスマスローズ咲く
クリスマスローズ咲く パーラー横の階段でクリスマスローズのニゲル(Helloborus niger)が良く咲いていたのでカメラを持参して撮影。その近くに植えてあるフォエティドゥス(H.foetidus)も奇麗に咲いていちゃ。そろそろオリエンタリス(H.orientalis)も咲く頃ではと、大鳥舎の横に行ってみたら、ここでも既に大部咲いて来ていた。毎日通っているのに、不覚にも全然気付かなかった。良く見ればあっちにもこっちにも、人間の目なんていい加減なもんだ。キンポウゲ科でヨーロッパ原産だ。分園入り口ではアロエに絡ませた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/14 18:42
寒さの庭から
寒さの庭から 今日の天気予報では好天のはずだったが、寒々とした曇り空。最近、伊豆の天気は全国的な予報とずれる事が多く、暮れから雨も結構降っているし、温度も総じて高めで、温室管理の側からすると有り難い展開だ。実は昨日は私の誕生日で、画像は妻の手作りケーキ。笑顔のケーキで、私も思わずニッコリ。また1年頑張りましょうと美味しくいただいた。次からは我が家の庭のシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)、昨年上部を1.5m位ばっさり切ったが、まだ大き過ぎる感じで、今年も花が終わったらばっさり切る予定だ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/13 10:45
エアプランツなど
エアプランツなど 分園1号温室の通路上ではティランジア・ドゥラティーやストラミネアが咲いているが、ガラスの内側ではパレアセア(Tillandsia paleacea)が咲き始めた、小さい花だし、遠くにあるので撮りにくくピンボケで恐縮だが、類似のアリーザ(T.arhiza)も咲いてきた。前はもっと咲いた覚えがあるが、株数は変わらないのに花数は少ない。ほったらかしで肥料もやらないので栄養失調気味なのだろう。先の2枚がパレアセアでペルーやボリビア原産。次の2枚がアリーザでパラグアイ原産だ。次は満開の球根ベゴニア(Beg... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2019/02/12 18:23
黄花クンシラン登場
黄花クンシラン登場 園の栽培温室担当者が最も力を入れているのが、この黄花クンシラン(Clivia miniata)の育種だ。1986年、カリフォルニアのビック・ダニエル氏育種の黄花系統が導入され、その後スミターズ卿のビコ・イエローも導入されて、早くも33年になる。毎年、大量の種を播いては選抜を繰り返しているようだが、これはという系統は出来たのだろうか。ピークになると本園と分園合わせて50株以上の群生大鉢の開花株が並ぶので、それは見事なものだ。もともと黄花系は弁が広く展開する大輪花なので、オレンジ系より観賞価値が高く... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/11 18:53
冬のアサガオが満開
冬のアサガオが満開 分園1号温室の入口に植えてあるメキシコの野生種アサガオ、イポメア・ランビー(Ipomoea lambii)が満開になって見事だ。昨年は剪定の時期が遅くなって、まともに咲かなかったが、今年は絶好調だ。色は地味だし、余り目にアピールする花ではないが、冬のこの時期に咲くアサガオということで話題性はある。ただ頭上で咲いているので、気付く人は少ない。ヒルガオ科。ティランジアコーナーの奥では朱色の苞のティランジア・レクルビフォリア・サブセクンディフォリア(Tillandsia recurvifolia va... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/10 19:12
河津桜が見頃に
河津桜が見頃に 大寒波の襲来と大雪の天気予報だと言うのに、明日から開幕の河津桜祭りに合わせて河津桜が見頃を迎えた。と言っても画像の木は早咲きの部類で、河津はもう数日から1週間は遅れているはずだ。ここは奈良本の水神社の近くで、ワニ園横を流れる濁川の500m位上流になる。昨日通りかかったら良い雰囲気だったので、今ここに寄って撮影してきたのだ。最後の画像は我が家の下にあるお寺の河津桜。私が毎日通勤しながら眺めている、私にとっての標準木だ。このブログでも毎年ここの画像を紹介してきた木なのだ。河津桜は蕾が緋寒桜のように濃... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/09 09:34
祝7周年
祝7周年 お陰様で私のブログも今日で7周年。皆様の応援もあって、何とか続けてくることができました。今日は最初に、皆様への感謝を込めて笑い文字のご挨拶から。実は最近、玄関にこのような絵が飾ってあり、私が喜んで妻に聞いたら、先生について習っているのだという。何とも愛らしい絵で、思わず笑顔になってしまう魔法の絵のようだ。妻の絵ならネットに公開しても問題がないので、ここに引用して皆様に笑顔のプレゼント。可愛いでしょ! 今日はバナナ4題。当園では黄色くなったバナナは毎日収穫してパーラーに運ぶのだが、この日は撮影の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/08 19:12
ホンコンドウダンとシャクナゲモドキ
ホンコンドウダンとシャクナゲモドキ 分園中庭のホンコンドウダン(Enkianthus quinqueflorus)が見頃を迎えた。私はこの株の実生苗を作って咲かせたり、別系統の株の花を見たりしているが、この株程美しい花色は無く、本当に宝石のような輝きだ。後述するシャクナゲモドキ(Rhodoleia championii)も本種も、友の会元会長で静岡県有用植物園の元園長でもあった竹下康雄氏が香港より導入して普及した植物だ。このホンコンドウダンも氏の実生苗の1つで、兄弟株が小石川植物園に贈られ、そこでホンコンドウダンという和名を与えら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/07 20:08
雨だけどツバキなど
雨だけどツバキなど 昨日は現場で温室の電源ダウン、夕方には温室煖房の2インチのパイプのパンクなどが相次ぎ、1日対応に振り回されてしまった。ただでさえ友の会総会関連で忙しく、ブログの手抜きをしてきて引け目を感じているのだが、これはあくまでも私の個人的なブログで、プライベートな時間で対応しているので、その辺はご理解いただきたい。今日はブログの会社からメールが来ており、あと2日で7周年、総訪問回数は717,770回だそうで、1年10万の勘定だ。ブログの右上に出るカウント数も今日で230,000になるはずだが、実際の読者は... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/02/06 11:12
これってクプアスー?
これってクプアスー? 今回の総会では軽井沢のジャム小林の小林さんが画像の果実標本をお土産に持って来て下さった。氏は珍しい果実や種子を販売するお仕事もしていて、偶然手に入れた珍しい標本をプレゼントして下さったのだ。付いていた名札はセオブロマ・ビカラー(Theobroma bicolor)。クプアスーじゃんと、昨秋、本種の開花に成功した私は標本を見て大喜び。同席者に見せてはせっせと解説していた。カカオの近縁種で同様の使い道だ。ところが、ブラジルに詳しい坂嵜さんから、「それはクプアスーじゃないよ。クプアスーの果実の画像なら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/05 19:50
展示植物
展示植物 今日も昨日の続きで友の会総会会場に飾った植物の紹介だ。最初が展示風景、ドンベヤやツバキが目立ちますね。2枚目の中央には開花中のディッキア・マルニエールラポストーレイ(Dyckia marnier-lapostollei)が写っていて、これはわが家から持参したもの。パイナップル科でブラジル原産。次は赤い花のエリスリナ(Erythrina)、要するにマメ科でデイゴの仲間だが、ラベルが落ちてしまって私の力では調べがつきそうもない。ただ冬咲きというのは嬉しいではないか。その横の紅葉した葉は大銀龍(Ped... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/04 18:25

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる