アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
早くも八重桜の季節
早くも八重桜の季節 春の花の多い時期に3日も留守にしたため、園内の花も一気に咲き進んでしまった。今日は緑の桜から。分園入り口の御衣黄(Prunus lannesiana'Gyoiko')がもう満開だ。またガレージ裏の須磨の浦普賢象(P.lannesiana'Sumanoura-Fugenzo')も大分咲き進んできた。最初の3枚が御衣黄、次の3枚が須磨の浦普賢象だ。駐車場土手のヒラドツツジ曙(Rhododendron mucronatum'Akebono')も見頃だ。年々花期が早くなり、連休前には終わってしまうだろう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/18 18:19
広島市植物公園に行ってきましたPart3
広島市植物公園に行ってきましたPart3 植物園シリーズ、今日は熱帯スイレンから。このスイレンのプールも非常に奇麗に管理されており感心した。花では青紫の花が素敵なタンザナイト(Nymphaea hybrid'Tanzanight')が印象に残った、加藤さんのミヤビセカンドに良く似た花だ。この池の縁にはイワタバコ類も適宜飾ってあって感心。これも奇麗だった。フクシアの温室では昔ワニ園で栽培していた品種が沢山見られ、良く維持しているものだとこれも感心。その次はゼラニウムの展示で、正に満開で見事な事。これだけの株をどこにストックしてあるのかと、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/17 18:45
広島市植物公園に行ってきましたPart2
広島市植物公園に行ってきましたPart2 今日は広島市植物公園の大温室の紹介です。入口から順に撮った写真をご覧下さい。巨大な壺状の植物がオーストラリアから持って来たバオバブ、アダンソニア・グレゴリー(Adansonia gregorii)です。根本にカンガルーがいるのには思わずニッコリ。近くにはオーストラリアのソテツ、マクロザミア(Macrozamia moorei)やススキノキ(Xanthorrhoea)も植わっていました。その向かい側がトックリキワタ(Chorisia speciosa)やブラキチトン(Brachychiton)の植... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/16 18:07
広島市植物公園に行ってきました。
広島市植物公園に行ってきました。 土曜日、娘の祝いにかこつけて広島を訪れ、広島市植物公園のリニューアルなった大温室を見に行って来ました。春の1日好天に恵まれ、奇麗に整備された植物園の花壇や花々を堪能してきました。画像は園路の導線沿いに撮ったもので、私の視線を追って頂ければと思います。今日は温室の入口まで、説明は不要でしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/15 16:45
マンゴーの花など
マンゴーの花など これは14日の分になります。 先に紹介したドリアンテス・パルメリー(Doryanthes palmeri)、1株が満開になり今が見頃だ。ちょうど私の頭の高さで咲いており、こんな見易い位置はない。オーストラリア原産でドリアンテス科だ。パパイヤ温室の中ではニューギニア原産、ノウゼンカズラ科の珍花テコマンテ・デンドロフィラ(Tecomanthe dendrophila)が見頃だ。もう一月も前から咲いているが、撮りやすい位置に咲いてくれず、今日がベストか。ベッドのマンゴー(Mangifera indi... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/12 20:00
シャボテン公園の動物達Part2
シャボテン公園の動物達Part2 13、14,15と3連休で広島に行くので、これは13日の分。 シャボテン公園の動物の続きで、最初はヤマアラシ、これも雨の当たらないところで、動きもせず、寒さを凌いでいる感じだった。次はフライングケージの中のカンムリヅルなど。入口近くの石垣の上で、ここが雨を凌ぐに良い場所なのだろう。人が行ってもよける気配もない。お馴染みのハシビロコウは見当たらなかった。フラミンゴは定位置の水辺で、かき分けて通るような有様だ。ボートの池ではペリカンがのんびりとしていた。温室に入ると、そこここにフクロウがいて、これ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/12 19:29
シャボテン公園の動物達
シャボテン公園の動物達 10日の水曜日、底冷えのする雨の中、伊豆シャボテン動物公園を見に行って来たので、そこで撮った動物達を紹介する。園名に動物と加えただけあって、動物は140種だかに増えたそうで、確かに多い。もう動物園と言った方がいいかも知れない。この日は寒かったのでどの動物も暖を求めて1個所にまとまっており写真は撮りやすかった。最初は名物のカピバラ、仲良さそうに寄り添って可愛らしいこと。2個所で飼育されていた。次はレッサーパンダ、最近導入して展示を始めたばかりで、雌雄2頭が寄り添って昼寝していた。次はマーラだったか... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/12 18:46
伊豆シャボテン動物公園
伊豆シャボテン動物公園 昨日は冷たい雨陽気の中、伊豆シャボテン動物公園の友人を訪ね園内を見学してきた。箱根は雪で道路閉鎖という状況で公園の外気は6℃、冷たい霧がかかっていて、霧の彼方に見える高原竜はまさにゴジラが霧の彼方にたたずんでいるようで雰囲気満点、こんな景観も良いものだと一人納得。彼の担当するメキシコ館の植物を見ながら、シャボテン公園の長い歴史を実感してきた。メキシコ館と言えば金鯱(Ecvhinocactus grusonii)の群落が有名で、今回じっくり見たが、最大直径85cm位の大株や、130cm位に幹の立ち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/11 17:24
ベランダのお花畑
ベランダのお花畑 今日は冷たい雨で、箱根は雪だと言うから恐れ入ってしまう。せめて画像は華やかにということで、先日の花盛りのベランダ画像だ。華やかさではピーコックモラエアと言う、モラエアの派手さに勝てる花は少ないだろう。日射しの中でキラキラ光る花弁は本当に奇麗だ。私はこれらをワニ園と自宅、系統維持も兼ねてそれぞれに置いて咲かせている。ワニ園の方は鉢を過密に置いたせいで、今年は日照不足をおこし状態が悪いが、我が家は最高だ。最初の濃いオレンジがモラエア・ネオパボニア(Moraea neopavonia)、黄色はトゥルバ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/04/10 10:15
金鯱の植え替え
金鯱の植え替え 分園売店前の小温室は、分園開園時には植物売店だったそうで、その当時から客寄せに置いてあった大型の金鯱(Echinocactus grusonii)がある。ここに来て48年、当時既に開花株だったのかも知れないから、樹齢60〜70年になるかも知れない。18号鉢に植わった4株で、2株が単頭、2株が群生で、画像で外に転がっているのが4頭立ちの株だ。私がこれらの面倒を見るようになってからもう2〜3回は植え替えているが、最近は時間がなくて手つかずの状態だった。ここに来て時間ができたので、小鉢や柱サボテン、ア... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2019/04/09 19:00
花盛りの温室からPart2
花盛りの温室からPart2 今日も奇麗なサボテンの花の紹介だ。最初は初めて咲いたエビのロエメリアヌス(Echinocereus roemerianus)。刺の痛いエビだと思っていたが、花はラウーイ(E.laui)そっくりの大きさと色合いでとても素敵だった。この大きさで咲くならいいかなと思う。次は刺物で文鳥丸(Ferocactus histrix)。やたら元気なフェロで生育旺盛だが、花が咲いてくれれば文句はない。次は小型の竜虎(F.echidne)だが、面白い花の出方に加え、とてもカラフルな花なので再録。次は綾波(Homal... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/08 19:01
ナマクアランドのお花畑もかくや!
ナマクアランドのお花畑もかくや! 分園中庭、香料温室横の牡丹のベッドで南アフリカの球根類が満開を迎えた。スパラキシス・トリカラー(Sparaxis tricolor)をベースにモラエア・ビローサ(Moraea villosa)、アリスタータ(M.aristata)、エレガンス(M.elegans)、それにグラジオラス・トリスティス(Gladiolus tristis)などが加わって実に華やか、今日はここの写真だけで済ませる。せいぜい画像をお楽しみ下さい。勿論これらは、南アフリカ原産のケープバルブと呼ばれるアヤメ科の小型球根類だ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/07 19:35
花盛りなのに、この風は何!
花盛りなのに、この風は何! 昨日は好天だったが猛烈な風が吹き荒れ、園内各地で鉢が倒され、対応に大わらわだった。入口の黄花クンシランも風で吹き回され可哀想な程だった。園内の花壇もケープバルブが見頃だが、この風で花の撮影すら覚束ない。画像は咲き進んできたドリアンテスの花序とその横のミケリア・ドルツォパ(Michelia doltsopa)。ミケリアは下の方は風の陰なので、いくらか葉が残っている。ヒマラヤ原産でモクレン科。ドリアンテス(Doryanthes palmeri)の花弁の白さは相変わらずで、この色でずっと行きそうだ。こ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/06 09:45
花盛りの温室から
花盛りの温室から 今日は強刺類以外の花を紹介する。先ずはエキノセレウス・パーケリー(Echinocereus parkeri)。真っ白な刺で群生し半球状に育つ。次は明石丸の白花変異でシャーピー(E.pulchellus var.sharpii)。次は有星類で3角ランポー(Astrophytum myriostigma)、4角ランポー、ヘキラン般若の順。この仲間は大体同時に咲く。続いてはマミラリアで春星(Mammillaria humboldtii)、姫春星の順。次いで白蛇丸(M.nejapensis)、パーキンソ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/05 19:05
刺物花盛り
刺物花盛り 昨日は久し振りの休みでサボテンも満開、数えたら57種も咲いていた。今日はその中から刺物の紹介。最初は金鯱(Echinocactus grusonii)で、今年の1番花。次は王冠竜(Ferocactus glaucescens)で2株とも満開。3番目はレッペンハーゲニー(F.reppenhagenii)でこれも2株が満開。次は竜虎(F.echidne)と緋翔竜(F.rhodanthus)。どちらも古い花は赤く色付いて、ますます区別が難しい状況。綾波(Homalocephala texensis)も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/04 18:48
春蘭咲く
春蘭咲く この時期1週間休めないと花がどんどん進んでしまって撮り損ねることも多い。花の多い季節の悩みだが、これも仕方あるまい。我が家では春蘭の雪山(Cymbidium goeringii'Sessan')が咲いた。派手な花の好きな私だが、このように地味で味わいのある花にも惹かれる。庭の花木ではツバキのダローネガ(Camellia japonica 'Dahlohnega')が満開だ。淡いクリーム色がちょうどソフトクリームのような色合いでとても素敵だ。また妻の好みのハナモモ(Prunus persica)も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/03 09:51
カラフルなトックリアナナスなど
カラフルなトックリアナナスなど ティランジアコーナーでいまトックリアナナス(Aechmea recurvata)が奇麗だ。最初は大型タイプ('Large form')だが葉が炎の様に色付いて美しいこと。体が大きいだけに余計迫力がある。次の3枚は基本種のトックリアナナスで、多分兄弟株だと思うが、一方は葉が色付き、もう一方は全然色が出ないで面白い現象だ。色付きの良い方は株が若くて勢いが良く、それで色付いているのかも知れない。次は斑入り品種のアズテック・ゴールド(A.recurvata 'Aztec Gold')の開花だが、これも葉... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/02 19:21
早くもツツジ、シャクナゲが!
早くもツツジ、シャクナゲが! バナナ温室へ登る階段横の石垣では久留米ツツジの麒麟(Rhododendron hybrid 'Kirin')が咲き始めた。まだ4月1日なのに早いこと。同時にその上のバナナ温室横ではシャクナゲのエレガンス(R. hybrid 'Elegans')が咲き始めた。これが咲き始めると春爛漫ということになる。その先ではヤクシマシャクナゲ(R.yakushimanum)が満開になっている。売れ残った苗を植えて置いたら手頃な大きさで奇麗に咲いており、本種の人気の原因が分かった気がする。確かに素晴らしい植物だ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/01 19:43
ドリアンテス咲く
ドリアンテス咲く 分園屋上横の階段の所でドリアンテス(Doryanthes palmeri)が咲いた。丁度頭の上の所で、撮影には持ってこいだ。まだ開花は当分先だと思っていたが、案に相違して最初の1輪が咲いたのだ。所が驚いたことに花弁の赤が淡く、弁の内側が白いのだ。今まで我が家で4回位開花例があるし、この株も数年前に咲いたことがあるのだが、その時は弁内外とも真っ赤だったと思う。もしかすると、3月の寒い内に咲いたので、本来の色が出なかったのだろうか。とにかく狐につままれた様な気分だ。真っ赤なら報道公開してもインパクト... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/31 18:54
花盛りのサボテン
花盛りのサボテン 27日に撮ったサボテンの花の続きだ。最初はロフォフォラ3種、話題の小型種アルベルト・ボイテフィー(Lophophora alberto-vojtechii )も良く咲いている。この間まで花着きが悪いなんて悪口を書いていたが、これを見たら訂正せざるを得ない。素敵な小鉢物になる。次は赤花の鳥羽玉(L.williamsii)。雑種起源かもしれないが濃いピンクで奇麗な花だ。3番目はこの日が今年の初花のロフォフォラ・ディフーサ(L.diffusa)。水をやったら一気に膨らんで来た。次はエビでエキノセレウス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/30 18:51

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる