アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
スイセンなど
スイセンなど 明日20日は東京出張なので、今日のうちに明日の分をアップしておく。 わが家のベランダではペチコートスイセンのナルシッサス・ロミエウキシー・ザイアニクス(Narcissus romieuxii var.zaianicus)が満開だ。モロッコ原産。いつもならフォリオーサス(N.foliosus)が沢山咲くのだが、昨年培養土の関係で傷めてしまい、全然咲いてこない。今年は培養土を赤玉土主体の従来のスタイルに戻したので他の球根類は順調だが、軽いピートモス主体のホームセンター培養土は、乾きが悪く、球根類に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/19 10:45
ツバキの季節
ツバキの季節 昨日は満開のヤブツバキを紹介したが、園内各所でツバキの花が多くなってきた。ワニ池横の土手ではミニツバキの1つシラハトツバキ(Camellia fraterna)が咲いて来た。これは中国原産。ロゼフローラ系のヌッチオ7601(C.hybrid'Nuccio 7601)も相変わらず満開で毎日下に花が落ちている。花着きは悪いが、ハルサザンカ系のワビ芯品種夢侘助(C.vernalis 'Yume Wabisuke')もボチボチ咲いている。これは昔サザンカの専門家村松さんに頼まれて私が命名したものだ。階段... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/19 09:44
冬枯れの中で
冬枯れの中で 今日、分園の坂道の途中で1個所だけ奇麗に咲いているキリカズラ(Asarina erubescens)を見かけたので写真を撮りに行ってきた。ここはヒメツルソバ(Polygonum capitatum)がビッシリと生えている場所で、それらも今は休眠期に入っているのだが、ここだけ条件が良いのかこのキリカズラがだけが良く伸びて花も満開なのだ。メキシコ原産でゴマノハグサ科のツル植物。その近くではヒメツルソバの若株も奇麗に咲いていた。これはタデ科でネパール原産。道路向かいでは早咲きのヤブツバキ(Camell... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/18 18:13
パラモンガイアは咲いたけれど
パラモンガイアは咲いたけれど ようやく待望のパラモンガイア・ウエベルバウエりー(Paramongaia weberbaueri)が咲いた。でも今回の花は蕾の時から貧弱で、外弁に傷みもあり、何とも貧相な花だ。楽しみにしていただけに、何だか裏切られたような感覚で面白くない。まして今年辛うじて咲いた1輪だけに、物足りなさはひとしおだ。幸いもう1輪位は咲いてくれそうなので、次は立派な花が見られるだろう。ヒガンバナ科でペルー原産。次は秋咲きアマリリスの交配種。スパイダーXオータム・ピンクレディー(Hippeastrum hybrid ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/17 18:32
ダドレアの素性について Part2
ダドレアの素性について Part2 昨日は仙女盃とパキフィツムについて書いたが、今日はアントニー(Dudleya anthonyi)とヌビゲナ(D.nubigena)だ。アントニーは胴切り挿し木の発根に丸1年かかり、ようやく膨らんで来たと思ったらアクセル全開でもう株径20cmに達する勢いだ。これは3株あるが、3株目は発根が遅れ、今ようやくロゼットが膨らんで来た所だ。生育全開の2株は、前者が株径18cmで葉幅4.5cm。仙女盃より葉の基部が広いのでこの数字だが、実際は3.5cm位に感じる。でもこの株の印象は仙女盃に近い。もう1株は株... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/16 17:18
ダドレアの素性について
ダドレアの素性について ご覧のように研究室の窓辺一杯に白い多肉を並べて楽しんでいる私だが、何株か並べて育てていれば、自ずと素性の善し悪しが見えてくる。最初は仙女盃(Dudleya brittonii)だが、1枚目が親株で、現在株径27cm、葉の幅3.7cmだ。次の2枚がその子供で、勿論選別して優良株を残したつもりだが、顔つきは全然違う。前者は株径20cm、葉幅 4cmだ。葉数が少なく、いかにも迫力のある素晴らしい株だ。後者は株径21cm、葉幅 3.2cmで葉数が多く、同様に美しく育っているが、ごく普通の仙女盃だ。ここに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/15 18:19
球根ベゴニア開花開始
球根ベゴニア開花開始 10月早々に催芽した球根ベゴニア(Begonia tuberhybrida)が一斉に花を上げてきた、咲き始めは貧弱だが、段々にボリュームが出て来るはずだ。今年は12月になってから暑いような陽気もあり、茎が伸びすぎのきらいもあるが、とにかく生育旺盛だ。この勢いで行くと、株の老化も早まりそうなので、もう次の苗作り、催芽を急いだ方がいいかもしれない。例年は2月頃だが、今年は1月早々でも良さそうだ。次はイワタバコ科の珍花ソレノフォラ・トゥーストレンシス(Solenophora tuxtlensis)だ。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/14 18:11
わが家のドリアンテスは
わが家のドリアンテスは 分園のドリアンテス(Doryanthes palmeri)に今細い花が2本出ているが、この5月に咲いた我が家の株は、もう果実が黒くなって収穫できそうだ。先日、枯葉や古葉がサワサしていた根本を整理したので画像で紹介する。元々2株だったが順次咲いて、2つずつ子株を残したので4株に殖えてしまい、その内の古い方の2株が咲いて、その1株が今結実中ということだ。右手前には去年咲いた株の子株が出ているが、開花後子株は5本も6本も出るので、油断しているととんでも無いことになる。今回その子株、一番大きいの以外は全... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/13 18:17
色々な花が!
色々な花が! 1号温室の入口では吊り鉢のコルムネア・エリスロファエア(Columnea erythrophaea)が見頃になった。本種はコルムネアの中でも特に丈夫で生育旺盛、挿し木も容易ということで、年3回位株を更新するが、今年は忙しくて古い株をそのまま吊ってある。それでもこのように咲いてくれるのが嬉しい。イワタバコ科でエクアドル原産。次は温室の隅で咲いたインカのユリ、ラパゲリア・ローゼア(Lapageria rosea)だ。以前は4株あり、白花の大株もあったのだが、私が本園担当で1年留守にするたびに枯れてし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/12 10:16
ここにも春が!
ここにも春が! 今日も終日温室洗い。しかも昼前にガラスを割ってしまい、その修理に追われて写真どころではなかったので、先日の休みに撮ったサボテンを紹介する。最初の二枚はこの春後輩にプレゼントされたマミラリア・カルメナエ(Mammillaria carmenae)2タイプ。本種の刺は黄色が基本だが、こんな色もあるのだ。しかももう咲き始めた。わが家の株は4号鉢から溢れる程大きくなっているが、本種はこの程度の大きさで楽しむのがベスト。実に可愛らしい、とは言っても赤刺の方は何となく毛虫を連想させる刺で、色1つで随分と印象... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/11 18:19
春を先取り
春を先取り 温室で春に咲くはずのノビル系デンドロビウム(Dendrobium nobile hybrid)が咲き始めて驚いている。本来11月頃の寒さを経験して花芽が出て来るはずなのに、もう咲いて来るとはどういうことだ。しかも次々と蕾が色付いているから、1株2株の気まぐれではない。夏の暑さと秋の長雨などが関係したのだろうか。何にしても花の少ない時期に咲いてくれるのは大歓迎で、早速飾りに使っている。同様に数少ないデンファレ(D.phalaenopsis hybrid)も2株咲いて来た。このように長持ちする花が咲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/10 18:28
エチオピアのカランコエ
エチオピアのカランコエ 2004年、食虫植物の会の柴田さんのエチオピア土産で頂いたのがこのカランコエ(Kalanchoe sp.from Etiopia)。結局調べが付かないで名無しの権兵衛のままだが、毎年開花後に大量の種を散布し、自然に育つので、種など播いたことはないが、こうして14年後にもちゃんと咲いている。丈夫さと生育の旺盛さは天下一品だが、花着きが疎で、株が大きく成り過ぎるので、実用性には乏しいかも。でも私にとっては思い出の植物で、こうして咲いてくれれば嬉しいものだ。今日は駐車場周りの植物で次はニホンズイセン(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/09 18:33
剪定の季節
剪定の季節 ここ何日かの休みは、わが家の敷地周囲で大きくなった境界木の剪定片付けに追われている。1、2枚目は温室下の状況で、イリオモテアサガオ(Ipomoea indica)が猛威を振るいだしてからは、その支柱になる雑木を切って裸地にしないと、上から被い被さられるので、このように防火線のように空白地帯にしている。2枚目奥には、ここ何日かの休みに切ったサンゴジュの枝を刻んで山にしてある。剪定は、切るのは簡単だが、ツルのからまった枝を引きずり出して、がさ張らないように細かく刻むのが大変な仕事で、2時間もやるとう... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/08 10:35
クリスマスカクタスが満開
クリスマスカクタスが満開 パパイヤ温室の入口にクリスマスカクタス(Zygocactus hybrid)の鉢物が飾ってあるが、満開で実に奇麗だ。これは全て栽培温室の担当者が育てたもので、彼は実に上手にこれらを仕立てる。昼食時に良く咲いているねと褒めたら、春に1〜2節で挿したものだとこともなげに言う。彼は培養土作りにこだわって、EM菌などを使った肥沃な用土で育てるので、たちまち大きくなるのだ。以前、リプサリスの猿恋葦(Hatiora salicornioides)が5号鉢の真ん中にちょこんと挿してあるのを見て、小さいポットか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/07 18:10
小夏日和だとか
小夏日和だとか ここ数日の暑さを、今朝の新聞に、小春日和ではなく小夏日和と書いたマンガあったが、うまく言ったものだ。こんな時本領を発揮するのがマツバギクの紫宝(Lamplanthus zeyheri)だ。昨日も日射しを浴びて花がきらきらと輝き美しいこと。今年何回目かの紹介になるが、奇麗なものは奇麗だ。研究室の入口ではマッソニア・のピグマエアタイプ(Massonia pygmaea)が咲いてきた。本物のピグマエアはとうに咲き終わっているが、これはかつて園芸ニュースレターで紹介され、当園の株は友の会員のUさんにいた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/06 18:48
リンゼイ咲く!
リンゼイ咲く! フェロカクタスの珍種リンゼイ(Ferocactus lindsayi)が咲いて来た。我が家には平尾さんにいただいた30年近い古株と実生接ぎで育てた2株があり、今回咲いたのは後者。リンゼイは種が信じられない程小さく、実生接ぎするのも発芽1年位経ってからで、実生初期の生育にはうんと手間取る。この実生接ぎ用の種を提供してくれたのがもう故人となられた長野の柿崎さんで、私が実生接ぎで育てた苗をお返して間もなく亡くなられたと思う。元々柿崎さんは、リンゼイをお持ちだから花粉交換のため連絡してみたらと平尾さんに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/05 10:06
イオナンタ咲く
イオナンタ咲く 暖冬の影響か、本来なら年明けに咲いて来るティランジア・イオナンタ(Tillandsia ionantha)が咲き始めた。今満開なのが小型のピーナッツ(T.ionantha var.fastigiata 'Peanuts')と呼ばれるタイプ。これも小さいなりに随分殖えてくれた。普通のイオナンタもぼちぼち咲き始めた。イオナンタは年月に応じて確実に殖えて行くので、ここに吊ってある株も年々ボリュームが増し、見応えにある存在になった。逆に年々作り難くなる種も多く、これは何故かと考える事が多いのだが、多分水... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/12/04 09:53
ミニツバキ咲く
ミニツバキ咲く ワニ池横の土手に植えてあるミニツバキが咲き始めた。ごく淡いピンクの香妃(Camellia lutchuensis hybrid 'Kohi')、ロゼフローラ系実生のヌッチオ7601(C.rosaeflora hybrid'Nuccio 7601')、ハルサザンカで侘助タイプ赤花の夢侘助(C.vernalis 'Yume-Wabisuke')、テラピアの池の奥では絞侘助(C.'Shibori-Wabisuke')が咲いている。このヌッチオ7601はもう丈が4m位に伸びているが、バラ色がかった花で、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/03 18:38
マツカナ、メロ、フェロ
マツカナ、メロ、フェロ 暮れになってマツカナの白仙玉(Matucana haynei)が本格的な花期に入ったようだ。白い刺から緋色の花はとても鮮明で目を引く存在だ。ただ実際にマツカナを育ててみると、肉質が柔らかく、生育旺盛なのはいいが、すぐ形が崩れたり老化したりして寿命は短いようだ。こういう植物は10年単位で管理している我が家の温室には馴染まないようで、どんどん減ってしまう。ペルー原産。次はサクランボのように大きな果実を付けるメロカクタス・シャッツリー(Melocactus schatzlii)だ。コロンビア原産。メロ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/02 18:35
春のツバキがもう咲いているよ
春のツバキがもう咲いているよ 今朝、気がついたら一重筒咲きのツバキ百合絞り(Camellia japonica 'Yuri Shibori)が咲いていた。しかも奇麗に水を吸った状態の良い花だ。いつも咲くのは年明け頃だと思ったが、この暖か陽気で花期がうんと早まったようだ。同じく白一重の細雪(C.japonica 'Sasameyuki')も咲いていた。一重品種は温度に反応しやすいので、こうして暖かいと一気に蕾が膨らんで来るのだ。見れば枝の影あちこちで咲いていて、今まで私が気付かなかっただけらしい。どちらも私好みで繊細で上品な花... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/01 10:09

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる