アクセスカウンタ

学芸員の独り言

プロフィール

ブログ名
学芸員の独り言
ブログ紹介
 私は熱川バナナワニ園の研究室を担当し30年以上になります。そのために学芸員資格も取得したのです。仕事は動植物の出入りの管理、ファイル整理という基本業務の他に、マスコミ対応、海外との交渉、それに現場責任者として管理全般の責任を負う立場でもあります。要するに日中は現場作業に追われ、暇さえあれば園内の草取りをしています。
 専門は植物で、その守備範囲は熱帯植物全般に及びます。趣味はサボテンですから、サボテン、多肉植物は当然ですが、ティランジアやプヤなどのブロメリア、エンセファラータスやザミアなどのソテツ類、ハイビスカスやブーゲンビレアなどの熱帯花木類、ネペンテスやサラセニアなどの食虫植物、カトレアやバンダなどの原種ランやその園芸品種、バナナやパパイアの熱帯果樹、ビャクダンやジンコウ、コショウなどの香料、香辛料、薬用植物、オオオニバスやカラフルな熱帯スイレン、大きなビカクシダや木性シダなどのシダ植物、グロキシニアやホヤなどの熱帯花卉、アマリリスやフリージアなどの球根植物、日本のツバキや洋種ツバキ、その原種など際限がありません。
 また研究室は「熱川バナナワニ園熱帯動植物友の会」と「日本ブロメリア協会」の事務局を兼ねており、その編集や原稿執筆も行っています。
 著作には「熱帯植物 天国と地獄」「ティランジア・ハンドブック」「ニュー・ティランジア・ハンドブック(共著)」「熱帯花木植栽辞典(共著)」などがあり、多くの図鑑に写真や原稿も提供しています。
 植物関係の団体では「アメリカのサボテン・多肉植物協会」「国際ブロメリア協会」「ドイツブロメリア協会」「アメリカのソテツ協会」「南アフリカソテツ協会」「アメリカのイワタバコ協会」「南アフリカ植物協会」「アメリカのパシフィック球根協会」の会員となっており、園に送られて来る「アメリカラン協会」「国際ツバキ協会」「日本ツバキ協会」「日本植物学会」などの会報もチェックしています。
 このブログでは、これらの多岐な植物群の中から、その時々に咲いている、もしくは実っている植物や果樹の話題を提供し、時には目先を変えてワニやレッサーパンダネタも盛り込んでいきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
アンスリウムの増し土
アンスリウムの増し土 分園1号温室のアンスリウムベッド、定期的な増し土が不可欠で、この1週間ほど頑張って満足出来るまで土入れをした。この土とは排水の良い火山性の礫、スコリア的なもので、当地では穴掘りをすると、その層が出て来るので、トグワやスコップで掘り出すのだ。富士砂と赤玉土の中間的なもので、以前は鉢物にも結構使っていたが、今では量が確保出来ないので赤玉土を使っている。アンスの場合赤玉ではすぐ潰れてグズグズになってしまうので、軽石的に使えるこの土を使うのだ。勿論、手掘りで今回アンスリウムに14gの赤玉土の袋で87袋入... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/16 20:22
オオオニバスが快調です
オオオニバスが快調です 先日、取材のついでに本園の8号温室を覗いたら、オオオニバスが好調なので写真を撮ってきた。オオオニバスは夏至の頃が一番旺盛に育つので、7月にかけて水面も見えない位になるはずだ。今手前の株が縁が高く立ち上がるパラグアイオニバス(Victoria cruziana)、奥に縁の赤いオオオニバス(V.amazonica)が植わっていて、現在両種とも直径180cm位が最大だろうが、これからの展開がとても楽しみだ。スイレン科でアマゾンやパラグアイ原産。池の周囲では世界の珍花アカネ科でカリブ海の島原産、八重咲き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/15 18:27
再びイリオモテアサガオの季節
再びイリオモテアサガオの季節 寒い時期は大人しくしていたイリオモテアサガオ(Ipomoea indica)だが、ここに来て猛烈にツルを伸ばしてきて、温室の下に達したので、先日ツルを切って整理した。花はとっくに咲いていて、毎日青紫の花がベランダ正面で満開だ。先日ホームセンターに行ったら、この苗を売っていて複雑な心境だった。温室の中ではブラジル・サンタカタリーナから来たハブランサス(Habranthus sp.from St.Catarina)や黄花のゼフィランサス・シトリナ(Zephyranthes citrina)が咲いてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/14 18:50
モリアオガエル参上
モリアオガエル参上 我が家は伊豆の山中にあるし、水の流れもあるのでモリアオガエルが出て来てもおかしくないが、ここ1週間ほど、2匹のモリアオガエルがベランダの手すりやスイレンの桶にいたりして、夜にはコロコロ鳴いていた。所が昨日は、温室内のアルミサッシの上にいて、日中、私が作業しているのに、突然鳴きだして驚いた。ようやく声の出所を捜して撮った写真がこれだ。昨日は涼しかったので、日中の暖かさが丁度良い具合だったのだろう。この2日前から温室の水槽周辺に潜んでいたようだ。夕方までは、この子を含め3匹位が鳴き交わしていたが、夜... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/13 18:23
コピアポア・ラウーイなど
コピアポア・ラウーイなど 私は30年来の知己であったメキシコのプラントハンターで牧師さんの故アルフレッド・ラウー氏の発見した植物や送ってくれた植物には愛着があり長年愛培している。研究室窓辺で育てている白い多肉のエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)、ダドレヤ・パキフィツム(Dudleya pachyphytum)、自宅にあるタキツス・ベルス(Tacitus bellus)、サボテンではエキノセレウスでラウー088で知られるルービスピヌス(Echinocereus rubispinus)、マミラリア・ラウーイ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/12 10:13
ニューサイランとホホバ
ニューサイランとホホバ 中庭ではニュウサイラン(Phormium tenax)が咲き始めた。ニュージーランド原産で今日ツルボラン科に分類されている。これが初めて開花した時は、私も初体験だったもので興奮してしまったが、以来毎年咲くようになると有難味も薄れてしまうようだ。また咲いているな、という程度の反応になってしまう。でもこれらは、広い日当たりの良い公園のような場所でしか咲かないはずで、珍しいことに変わりはない。同じく珍しい所では、南アフリカ原産、メリアンサス科のメリアンサス・マジョール(Melianthus major... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/11 18:14
ウエベロセレウスの開花
ウエベロセレウスの開花 今朝、温室に行ったウエベロセレウス・ビオリー(Weberocereus biolleyi):美王恋が咲いていたので、慌ててカメラを持って来て撮影した。長い事、ラウーから来た時の名前、ウイルマッテア・ミヌティフローラ(Wilmattea minutiflora)で扱っていたが、数年前、このブログで名前を正してくれた人がいて今がある。地味で小さな夜咲きの花だが、1輪でも咲いてくれれば嬉しいものだ。中米原産。次も類似のエリスロリプサリス・ラムローサ(Erythrorhipsalis ramulosa)... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/10 18:58
刺物は花盛り
刺物は花盛り 昨日は晴れ間が出て刺物が良く咲いていた。最初は鯱頭(Ferocactus acanthodes)で、昔柿アさんに頂いた苗が大きく成って、ようやく花を見せてくれるようになった。栽培していてこんな嬉しいことは無い。刺良し、花良し、姿良しで、私の好みにピッタンコ。次は神竜玉(Echinocactus parryi)で2輪咲いていた。大きくて豪華で美しい花だ。以前、平尾さんにシャボテン誌の表紙に使っていただいた植物だけに、思い入れは十分だ。次は太平丸(E.horizonthalonius)だが、こちらは... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/09 19:25
梅雨入り前の花盛り
梅雨入り前の花盛り 梅雨入りを前にして我が家のサボテンも花が少なくなって来たが、この日は好天に恵まれ賑やかだった。メキシコのサボテン、最初は赤い実が花よりも美しい月世界(Epithelantha micromeris)だ。ナメクジの多い我が温室だが、何故か本種はナメクジの忌避効果があるようで1ヶ月もこうして奇麗に色付いたまま。兎に角可愛らしい。次は有星類で、最初は山採り種子由来のチューレンセ(Astrophytum myriostigma 'Tulense')。小型のランポー玉で細長く育ち、花も小さい。群開している... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/08 14:22
アジサイ、スイカズラ、テイカカズラなど
アジサイ、スイカズラ、テイカカズラなど 我が家では今露地植えのアジサイ・ダンスパーティー(Hydrangea macrophylla hybrid 'Dance Party')が見頃だ。ダンスパーティーは促成のピンク花が定番で、実際一番奇麗に見えると思うが、こうして露地で育てても見事なものだ。階段の横ではスイカズラ(Lonicera japonica)とテイカカズラ(Trachelospermum jasminoides)が2段重ねに咲いていて良く香ること。それだけで幸せな気分になれる。スイカズラ科とキョウチクトウ科だ。温室の横では私... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/07 19:59
サツキ、デイゴ、パンダ
サツキ、デイゴ、パンダ この陽気で分園のサツキは見事に満開だ。品種は大盃(Rhododendron indica (Osakazuki')だが、やはりサツキと言えばこれが代表品種だろう。昨日紹介した本園6号のエリスリナ・ゼイエリー(Erythrina zeyheri)に呼応するように分園ワニ池のアメリカデイゴ(E.crista-galli)も咲いて来た。新鮮な葉に鮮やかな花色でいかにもエキゾチックな花木だ。原産地はブラジルでもちろんマメ科だ。この暑さでレッサーパンダはどの個体もヤマモモの枝にまたがって昼寝し、両手両足を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/06 17:58
エリスリナ・ゼイエリーが見頃に
エリスリナ・ゼイエリーが見頃に 本園6号温室、多肉植物コーナーに植えたエリスリナ・ゼイエリー(Erythrina zeyheri)の花が見頃を迎えた。1990年に私が南アフリカ植物学会の種子配布で導入播種してから順調に生育し、現在は丸い地下茎部分の直径が25cm位に達している。ワニ園で42年目の私だからこそ、29年間じっと見守り続けることが出来るわけで、植物にとっても私にとっても幸せな結果を招いている。一方、分園売店前の温室では白い毛の柱サボテン、サルノシッポの愛称があるヒルデウインテラ・コラデモノニス(Hildewinter... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/05 11:30
カシワバアジサイが見頃
カシワバアジサイが見頃 分園の中庭や階段横で八重のカシワバアジサイ(Hydrangea querciforia)が見頃を迎えた。黄緑から白に移ろう色合いも良く、清涼感と清潔感のある花でとても素敵だ。本種に限っては、一重より八重の方が奇麗でいい。ユキノシタ科で北米原産。次は香料温室の風景。先だってバナナの堆肥入れで余った、バナナのベッドの土を香料温室のベッドに、植物の手入れしながら増し土したのだ。これまで香料温室は手が届いていなかったが、ここに来てベッドの植物を整理がてら整備しており、増し土はその仕上げ作業ということだ。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/04 18:45
南米物、北米物の花
南米物、北米物の花 今日は5月29日に咲いていた我が家のサボテン。これだけ咲くのは春シーズンの最後だろう。最初はロビビア・ハエマタンサ変種レブチオイデス(Lobivia haematantha var.rebutioides)。部屋に持ち込むと花が長保ちするので、豪華に咲いた時はリビングに飾っている。次はレブチア・フィーブリギー(Rebutia fiebrigii)。本当はもっと花着きが良いのだが、今年は何故か少ない。とものボリビア・アルゼンチンの産。次の白花はマツカナ・マジソニオルム(Matucana madis... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/03 19:14
水生アマリリスがいいね
水生アマリリスがいいね 今年の水生アマリリス、3月頃植え替えたのが悪かったのか赤斑病が出て、花立ちも悪く、どうなるものかと心配していたが、外気が上がり陽気がよくなったら病気も気に成らなくなるまでに落ちついたようだ。ただ今年はウルグアイ原産、ヒッペアストラム・ハリソニー(Hippeastrum harrisonii)の花が1週間位早くて、赤花の交配種は今頃になって見頃を迎えた。ハリソニーの白、交配種の赤、南ア原産、ワッヘンドルフィア(Wachendorfia thyrsiflora)の黄色、パラグアイ産、セネシオ(Sen... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2019/06/02 19:33
ディエテスが満開
ディエテスが満開 分園駐車場の縁取りにはディエテスやアリステア、オキザリスなどが植わっているが、今はディエテスが満開だ。ディエテスは南アフリカ原産の乾燥地性アヤメ科の宿根草で、こぼれ種でもよく殖えるので伊豆のような暖地では花壇に重宝する。白っぽい大型の花はディエテス・グランディフローラ(Dietes grandiflora)で、私がワニ園に就職して間もない頃、私の伊豆での恩師飯田先生に苗を頂いたのが始まりだ。黄色い花はディエテス・ビカラー(D.bicolor)で、これは南アフリカから種で導入した。こちらの方は株が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/06/01 11:20
今日は熱帯スイレン
今日は熱帯スイレン 今日は久し振りに熱帯スイレンを紹介する。最初はニンフェア・ギガンテア(Nymphaea gigantea)の青花基本種、次がギガンテア白花品種ハドソニアナ(N.gigantea 'Hudsoniana')で大きな花だ。ギガンテアはオーストラリアの熱帯域原産で、スイレン科。次のピンクはピンク・レオパルデス(N.hybrid 'Pink Leopardes')。そして黄色い群開は花着きの良いセントルイス・ゴールド(N.hybrid 'St.Louis Gold')。タイの八重花品種キング・オブ・サイ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/31 18:55
ベスコルネリア咲く
ベスコルネリア咲く 本園6号温室の多肉コーナーには、南アフリカ原産、塊根性のデイゴ、エリスリナ・ゼイエリー(Erythrina zeyheri)が植えてあって、そろそろ見頃ではないかと確認に行ってきた。で、こちらの方はもう一息の段階だったが、展望室の外ではメキシコから来たベスコルネリア・アルビフローラ(Beschorneria albiflora)が見頃を迎えていたので、こちらをメインに撮影してきた。本種はメキシコのプラントハンター、アルフレッド・ラウー氏が1983年5月に種子を送ってくれたもので、これ以後、氏と親... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/05/30 19:00
憧れの花
憧れの花 サボテン、中でも刺物と称されるエキノカクタス属やフェロカクタス属の花は私にとっては子供の頃からの憧れで、50有余年の後、それを身近で楽しめるようになるとは夢想だにしなかった。それが縁あって1973〜74年、1977年と自生地メキシコでこれらを追いかけ、それまで国内に情報がなかったフェロカクタス・ハエマタカンサス(Ferocactus haematacanthus)、リンゼイ(F.lindsayi)、黄彩玉(F.schwarzii)、レッペンハーゲニー(F.reppenhagenii)、紫禁城(F... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/29 09:55
美花、新花など
美花、新花など 25日の猛烈に暑かった日にロビビア・ハエマタンサ変種レブチオイデス(Lobivia haematantha var.rebutioides)が咲いた。このような群開風景に遭遇できるのは幸運で、2〜3年振りだろうか。私は花物には余り熱がないのだが、前回これが満開になった時、余りの美しさに魅了され、色違いを求めて何度も種を購入して育苗に励んでいる。今年咲いたのはこのタイプのピンクが3株と白が2株で、まだ別の色合いは咲いてこない。ただしこの日咲いた2株目はピンクがより濃くて、色合いとしては、こちらの方... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/28 18:44

続きを見る

トップへ

月別リンク

学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる