リコリス・スプレンゲリー

この時期になると、パパイヤ温室の横、分園中庭の土手でリコリスが咲き始める。そうヒガンバナ科、ヒガンバナ属の球根植物だ。その1番にいつも咲くのがこのリコリス・スプレンゲリー(Lycoris sprengeri)だ。弁先が青味を帯びたピンクの花で、中国雲南省原産の原種だが園芸品種のような華やかさがある。私に言わせれば、これで十分美しいのだから、あれこれ交配していじくり回さなくてもと思わせるくらい完成された美しさである。しかも丈夫で、植えっぱなしだというのに良く殖えて、毎年確実に花を咲かせてくれる。同じ中庭に黄花のオーレアやクリーム色花のシロバナマンジュシャゲも植わっているが、オーレアなどは気まぐれに咲くため、余り印象に残らない。このスプレンゲリー、花の後はびっしり実が着いたと思うが、その割に根元に実生苗が育って殖えた形跡はなく、除草管理の作業中に淘汰されてしまうのかもしれない。お盆前後の猛暑に辟易とした身には、突然出現するこの青みがかった花が何ともすがすがしくて有り難い。もう秋も近いんだと知らせてくれているようだ。
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック