奇想天外の開花

先だって、奇想天外(Welwitschia mirabilis)にも開花特異日があるのではないかと記事にしたが、今年の開花、実際は去年より10日以上も遅れ28~29日頃から咲き始めた。今年の花序は2本立ち、長さ45cm拡がりは30cmもある見事なものだ。勿論雄株だが、とにかくこの株は元気一杯だ。そのおかげで同鉢で横に植わっているもう1株は、サイズは同じでも葉が押されもう一株の葉にのしかかられ、生長点付近で手を合わせるるような窮屈な形になってしまった。両雄並び立たずということで、いずれこの株は枯れていくのかも知れないが、植え替えも何も手が出せない状態で、推移を見守るしかないのは残念な状況だ。だからこの株の花序は最後の写真のように、小さいままちっとも育ってこない。この生長点部分の日当たりが悪いのが最大の原因かも知れない。なお、昨年植え替えた3株も今は旺盛に生育しているが、大きな2株もまだ生長点部分に発雷の気配はなく、開花はまだ数年先になりそうだ。何にしても気を持たせる植物だ。なお参考までに大体の大きさを記しておくが、この開花株、実生10年で、葉幅は17cm、長さは280cmになっている。だから左右の葉で5.6m伸びたということだ。実際は先の方から枯れて萎縮してくるので、そんな長くは見えないが、毎年の生長量のトータルがこの長さということだ。趣味の温室では持て余すサイズだが、動かせない以上、一生つきあうしかないだろう。でも私は1000年も生きられないし、この株も尺鉢ではいずれ限界が来るだろう。はてどうなってしまうのか。
前にも書いたが、もしどこかで雌株が咲いていたら花粉を提供するので連絡してもらいたい。私自身はもう1回種を播いて育てたいとは思わないが、国産種子の生産に寄与できるなら嬉しいことだ。
画像

画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック