学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS スティフティアなど

<<   作成日時 : 2015/01/14 10:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

本園の花木温室でスティフティア(Stifftia chrysantha)が咲いているというので見にいってきた。ブラジル原産、キク科の花木でオレンジ色の花と、花の後冠毛を展開したタンポポのような終わり花の姿がユニークな植物だ。ここに植えてもう5年位になると思うが、植物関係者には珍しくても、一般のお客様にどれだけアピールするかは別問題だ。豪華なオウムカズラやジェードバインの花が満開でぶら下がっていても目に入らないお客様が多い時代、植物の珍しさが売り物にならないのは何とも情け無い話だ。キク科で木になるのも珍しいが、キク科のくせに挿し木が効かないというのも珍しく、本種の普及を遅らせている原因だろう。栽培自体は簡単なので、日当たりの良い場所でのびのびと育てたら面白いと思うが、場所の限られた当園では、この程度が限界だ。豪華さということではその横で咲いているメガスケパスマ・エリスロクラミス(Megaskepasma erythrochlamys)の方がはるかに見事で美しい。ちょうど満開で、盛り上がるように咲いている様は豪華で目を引く存在だ。ベネズエラ原産でキツネノマゴ科の植物。このような温室を飾るにはいかにも華やかでいい。温室の出口のところでは同じキツネノマゴ科、西インド諸島原産のサンチェシア(Sanchezia speciosa)も咲いていた。本来斑入りの葉と花を一緒に観賞すべき植物だが、温室の隅で伸び上がり、見上げる位置で咲いていたものだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スティフティアなど 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる