サルノシッポの季節

我が家の温室でサルノシッポことヒルデウインテラ・コラデモノニス(Hildewintera colademononis)がびっしりと蕾を着けきれいなものだ。ボリビア原産の柱サボテンだ。今年2回目の花で、今回は花数が圧倒的に多い。最初の画像の株はオリジナルの夜の女王接ぎで天井から吊りながら竜の踊りのようにのたくっている。もう1株は柔らかくて毛深いタイプをキリンウチワに接いだものだが、ますます毛深くなって見事なものだ。ところが伸び過ぎた2株をワニ園に運んで売店前温室に吊ったところ、全然育たなくなってしまった。温度不足なのかも知れないが、僅かの環境の変化で、これだけ育て難くなるサボテンも珍しい。我が家では信じられないスピードで伸びるのに園ではその片鱗もない。次はちょうど咲いていたアストロフィツム・カプトーメドゥーサエ(Astrophytum caput-medusae)、株が大きく成ったら花も大きく咲くようになり見事なものだ。匂いも良い。次はブラジル・ディアマンティナ産のメロカクタス・オレアスだ(Melocactus oreas)。長刺大型のメロで、持て余し気味だ。夕方になるとピンクの花が咲いて来る。次も花が咲いたブラジル原産のメロカクタス・アスレウス(M.azureus)だ。そして最後が夜を前に開き始めたディスコカクタス・カランコレンシス(Discocactus carancolensis)など。これもブラジル原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

みのり
2015年07月04日 20:32
こんばんは。ヒルデウィンテラ、もう、今年二回目の開花ですか?すごいですね。明日、うちの子のトゲを、かき分けて見なくちゃ(^^) メロカクタスの花座ですが、横縞の数は、年数と、一致するのでしょうか。土台は、もう成長停まってるんですよね。下から2枚目の画像、面白い姿です。
2015年07月05日 10:25
みのりさん、確かにあの株はもう10年以上維持してるでしょうから、花座に年輪みたいな跡ができていますね。大体年数に比例もしくは反映していると考えて間違いはないでしょう。昔は花座付きのメロに憧れたものでしたが、今はこぼれ種から出た苗を鉢上げしておくだけで、花座が楽しめるようになりました。
みのり
2015年07月05日 11:03
いつも、ご教示、ありがとうございます<(_ _)>

この記事へのトラックバック