頭が真っ白

昨日は昼間からコンピュータの具合が悪く、ネットに繋がらない状況が続いていた。夜になって、あれこれチェックしてみたが段々事の重大さが分かってきて途方に暮れてしまった。モデムの電源を抜いてしばらく置き、やおら接続すれば赤灯が消え復帰するのがいつものパターンだったが、今回はモデムが点灯していないから、ここまで情報が来ていないということなのだ。そこで線をたどり、3階から1階まで、ADSLがどのラインで、どのような経路で来ているのか追っかけて見るが、所詮素人、それで何ができるわけではない。明日からお盆で忙しくなるし、メールが来ない、ブログが書けない状態が何日も続いたら一大事だ。友の会総会の準備もあるし、かといってすぐに解決できる目当てもなく、昨日は暗澹たる気持ちで家路についた。夜、散々考えて、今朝仕事が片づいてから古い契約書を捜し出し、カスタマーセンターに電話してみた。大体こういう電話は相当待たされるので、お客さんが忙しくなる前に何とかと思いながら繋がるのを待った。すると案外簡単に連絡がつき、こうこうだと説明したら、「それはお困りでしょう。今チェックしてみます」と言って、配線の状況を確認してくれた。そして最終的には工事担当者を行かせますという話になり、私は一安心。やはり餅は餅屋である。若い工事屋さんが11時頃来てくれた。丁度忙しくなってきた時で、私もゆっくり応対できなかったが、なかなかラインが特定できず、えらく苦労していた。結局もう1台工事車を呼んで、そのベテランの工事屋さんが、最終的に原因を特定してくれた。何と電柱からの引き込み線をタイワンリスに囓られ、コードが破損していたのである。切れているわけではないから、見上げただけでわかるわけもなく、プロの仕事に感謝。それでも2時間もかかったが、私は胸のつかえが取れて、本当に安堵した。今日ほど工事屋さんが頼もしく見えた日はなかった。
画像は売店で売っているワニ園産の苗木類だ。最初がうんと売れそうだと皮算用して並べたピンクバナナことベルティナ・バナナ(Musa velutina)。6株置いてもう半分売れたから、読みに間違いはなさそうだ。次は同じバナナの類で地涌金蓮(Ensete lasiocarpa)だ。丁度今中庭で沢山咲いているので、この花を見た人は苗を欲しくなるはずだと思うが、説明版を置いてあっても、これを中庭で見たなどという人はいないから、歩いていても目に入らなかったのであろう。次はパパイヤ(Carica papaya)の苗木。これは誰もが名前を知っているから、売りやすい植物だ。同じく月下美人(Epiphyllum oxypetalum)も有名植物だが、今は買って育てたいという気にならないのだろうか、蕾着きの株なら、すぐ花を楽しめると思うが、余程大きくならないと、蕾を蕾と認識出来ないのかも知れない。次は私の手作り、ビカクシダ(Plastycerium bifurcatum)の焼き板付けだ。こういう植物が結構人気があって、これまでに相当数を売っている。最後はこれから鉢上げ予定のソテツの苗だ。友の会総会用の積もりでいたがまだ生育不足で鉢上げまでは行けない。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

みのり
2016年08月12日 20:30
回復して、本当に良かったですね。パソコンが使えないと、今の時代、本当に困ります。私の場合は、バックアップを取ってなかったため、ひどい目に遭いました。修理代も、結構高いし・・・。以来バックアップは心して…それでも、ついつい、先延ばし。気をつけましょう。リスは感電しないのでしょうかね。
あきちゃん
2016年08月12日 20:52
 昨日はブログがアップしてなかったので体の具合が悪いのかと心配しました。でもラインの不具合だとの事で安心しました。暑いのを通り越して焼けるほどの高温です。お互いに気を付けてガーデニングを頑張りましょう。
藤原
2016年08月13日 15:19
パソコン、大変でしたですね。我が家では先日エアコンのスイッチが入らず慌てました。原因はヒューズ切れでブレーカーが落ちた為でしたが、どうやら複数のエアコンのスイッチを一斉に入れたのが原因だったようです。
ところで、地涌金蓮に人気がイマイチとは残念ですね。開花期間が長いことから、植えてみたいと思いながらも耐寒温度に疑問を感じて二の足を踏んでいましたが、約3年前に意を決して栽培を始めました。すると、鉢植の状態ですが、零下5℃を記録した昨冬もものとせず、元気に育っています。そろそろ開花と言う状態で、楽しみです。友の会の総会、盛会を祈ります。
2016年08月13日 18:08
みのりさん、あきちゃん、藤原さん、皆さんにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。しかし1日で回復なんて、私にとっては奇跡的で、本当に助かりました。人間の健康もそうですが、コンピュータも当たり前に動くのが当たり前の生活に慣れてしまうと、何か有ったとき、先ず何をすべきかが出て来ないんですよね。これだけは場数を踏みたくはありませんが、事故対応の慣れも必要ですね。
田中
2016年08月18日 11:39
植物の専門家の私としては、どうしてあれが目に入らないんだと言いたくもなるが、それが今時のお客様だ。
と記載がありますが、客を上から目線で見るようなのはいかがですか?むしろ、きちんと目立つように植えていないのが悪いのではないですか?このブログを見て、良い気分がしません。
2016年08月18日 18:26
田中さま、私の上から目線のコメントを指摘して下さり有り難うございます。結果的に読者の皆様を不愉快にさせてしまった事、反省しております。今後、十分気をつけて文章を書くように心がけますが、もしまた何か、勇み足がありましたら遠慮なしに指摘して下さい。お願いします。
佐野
2016年09月27日 18:40
コメントにも既に指摘されていますが、確かにお客様を上から目線でみていますね。ご自分の責任ではないのですか?あと、『今日ほど工事屋さんが頼もしく思えた日はなかった』と書いていますが、では普段は工事屋さんは頼りにならないのですか?余程のことでない限り、工事関係の業者は頼りになると思いますが。第一、自分たちが修理できない所をしてくれる彼らは頼もしい限りですよ。あなたの書き方だと『普段はそうでもないが今日は役にたった』、みたいに受けとりました。工事関係の方に対して見下した感じが文章から滲み出ていて不快です。私は工事屋さんの仕事はしたことはないのですが、たまに電気の修理など、素人では出来ないような細かな作業をパパッとしていただき毎回感謝していますけどね。別にあなたを批判しているわけではないのですが、(そこは理解していただきたい)しかし言葉の使い方によっては誤解されかねませんよ。文章だからこそ、表現には気をつけてください。
2016年09月27日 19:06
佐野様、私の文章が原因で不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありません。自分の意図しないところで誤解されるのも文章がまずいからだと思います。難しいですね、文章は。
ただ、言い訳がましいですけど、私は職人さんや工事屋さんを見下したようなことはありません。100%信頼して、まかせるのが私の流儀で、仕事音痴の私にはそれしか方法がないのです。だから余程のことがない限り工事現場を私が担当することはありません。現場を監督する知識がないからです。
コンピュータの回線を直してもらって助かった、これは本音ですよ。

この記事へのトラックバック