晩秋の花

陽気の安定しない日の多い今日この頃だが、昨日はけっこう良い天気でサボテンも良く咲いていた。最初は光山(Leuchtenbergia principis)で大輪の黄色花が2輪で豪華なものだ。同じ強刺の類では文殊丸(Ferocactus victoriensis)も咲いてきた。小型で花着きの良いフェロだが、いつの間にか6号鉢に収まっており、結構大きく成ってしまった。次は花はないが新産地サンファン・カピストラノの金鯱(Echinocactus grusonii)が大きくなってきたら、生長点の綿毛がこんもりして、在来の金鯱とは全然雰囲気が違う。自生地の大株の写真を見ると刺が貧相だが、この4号鉢サイズだと、刺がすらりと長くて、フェンシングの剣を思わせ、非常に観賞価値が高い。とても良い感じだ。次は季節の花、花牡丹(Ariocarpus furfuraceus)の花だ。故平尾氏にいただいた実生苗で、想い出と一緒に育てている。次はもう季節外れになりつつある象牙丸(Coryphantha elephantidens)の白刺タイプの花。白刺と言ってもこう見るとちっとも白くないが、刺は立派だ。次が完全に季節はずれのエキノセレウス・シャーピー(Echinocereus sharpii)。勿論エビサボテンだから春の花だが、今年は狂い咲きする種が多く、やはり異常気象のせいなのだろう。以上は全てメキシコ産。最後は周年ぼつぼつ咲くチリのコピアポア・エスメラルダナ(Copiapoa esmeraldana)。思い出したように咲いてくれるので、嬉しいものだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック