ランが見頃に

分園1号温室の奥、アンスリウムの反対側にコチョウラン(Phalaenopsis)やパフィオペディルム(Paphiopedilum)が置いてあるが、どれも良く咲いて見頃になってきた。やはりランの花があると華やかでいい物だ。最初がコチョウラン、ついで落葉性のエビネ、カランテ(Calanthe)の園芸品種、そして盛りを迎えたパフィオペディルムのコーナーだ。ベッドのアンスリウム(Anthurium)も暖かい冬のおかげでとても元気、花数も多くてとても賑やかだ。ちょうどこの14日からは春の花祭りが企画されており、カンザクラが咲き、ランも見頃とあって、花が一杯になって雰囲気は最高だ。イベントの中には私のティランジア解説も組み込まれており、これから2ヶ月間、私も週末は忙しくなりそうだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック