大雨の後で

去る21日の夜、我が家の温室では夜の王女(Selnicereus pteranthus)が5輪咲き誇っていた。でも最近は、夜の女王も王女も明るい窓側、東を向いて咲くため写真が撮りにくくてしょうがない。この日も表に回って窓を開け、そちらから撮ったのだが、まだ小雨は降っており、びしょびしょになっての撮影だった。でも奇麗に撮れているでしょ。面白いことに、この日は台木用に養成しているキリンウチワ(Pereskiopsis porteri)にも花が1輪さいていたみたいで、これには驚いてしまった。そろそろ咲くのではと散々チェックしても蕾を見つけられなかったのに、ちゃんと咲いている。以上はメキシコ原産。次はその横で咲いていたアマリリスのパピリオだ(Hippeastrum papilio)。ブラジル原産、今年3本目の花で、3球植わった鉢だから1本づつ咲いたということか。しかし季節外れもいいとこだ。次は温室の外で咲き始めたメキシコ原産のティグリジャ・ドゥランゲンセ(Tigridia durangense)とブラジル原産、夜咲きのエレウテリネ・プリカータ(Eleuterine plicata)。広義ではこれもティグリジャの1種みたいものだろう。暗くなってから咲いて、朝にはもう閉じている。ティグリジャの定番は黄花のメキシカナ(T.mexicana)だったのだが、昨年カヤネズミに芽出し直後の球根を1つ残らず食べられてしまい、今年は寂しいことになってしまった。最後はグラジオラスの原種エックロニー(Gladiolus ecklonii)だ。いつの間にか球が殖えて1鉢、5~6球になっているが、ようやくがっしりした花を咲かせるようになった。勿論これは南ア原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック