奇想天外が開花!!

昨日の休み、昼前に温室を覗いたら咲いていなかった奇想天外(Welwitchia mirabilis)だが、丁度日が出て暑くなってきたので、アマリリス側の窓を開け、温室を1週して戻って来たら、もう咲いていてこれには驚いた。僅か1分ほどの間の出来事である。奇想天外も日が出て、気温が一気に上がるのを待っていたのであろう。面白い経験をさせてもらったということだ。我が家の奇想天外は尺鉢に2株が並んで植えて有り、どちらも雄株で葉幅が20cm以上なので、とても迫力のある鉢植えだ。今年は雄花が3本と4本出て都合7本が咲き出したということだ。どこかに雌株があれば、花粉はいくらでも提供できるのだが、今年も空振りかも知れない。実は昨秋、我が家から貰われていった2株のうち1株に花が出たとの報を受けたが、これも雄株で残念。ソテツだと雌株が圧倒的に多く出るのだが、奇想天外は雄株の方が若くて咲きやすいため、どうしても雄株が多くなるのだろう。奇想天外はアフリカのナミブ砂漠の原産でキソウテンガイ科に属し、1科1属1種の裸子植物だ。
次は丁度満開になった南アフリカ原産の花木、ロスマニア・カペンシス(Rothmannia capensis)だ。クチナシの近縁種で勿論アカネ科だが、年々木に力が着いて切っても切っても追いつかず。もう2階からでないと花も見られなくなってしまった。香りの良いヒトデ型の花で、古くなると黄色くなるのもクチナシそっくりだ。本来、広い公園などに植える木なのだろうが、狭い我が家の庭に居着いたおかげで肩身の狭い思いをさせて申し訳なく思っている。でも国内にこんな立派な標本木はないと思うよ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック