6周年です! 寒中に咲く

このブログも始めて丸6年になりました。単純に2190日、ほぼ休まずに続けてきたわけで、結構頑張ったなと思います。しかしアクセス数は目標の20万件にまだ1歩届かず、残念と言えば残念です。1日90件ですからね。何ともマイナーなブログですよね。でも毎日ご覧下さっている方もおられるわけで、この記念日にあらためて購読の御礼を申し上げます。有り難うございました。7年目を前にしてマンネリ化は明白ですが、要は私の日記みたいものですから、その積もりでお読みいただけたら幸いです。どうぞこれからもよろしくお願いします。
今日はこの寒中でも寒さに負けずに咲いている花を紹介します。入口近くではモラエア・ポリスタキア(Moraea polystachya)が健気に咲いています。南アフリカ原産、アヤメ科の半耐寒性球根植物ですが、連日の-1℃にも負けずに咲いています。その下ではモーリシャスの絶滅危惧種キキョウ科のネソコドン・モウリティアヌス(Nesocodon mauritianus)がまだ咲いています。これも強いですね。我が家でもその耐寒性を証明しているイヌサフラン科のアンドロシンビウム・カペンセ(Androcymbium capense)も沢山咲いていますが、本当に強いですね。南米原産の球根性キンレンカ、トロパエオルム・トリコロール(Tropaeolum tricolor)も蕾が大きくなって開花目前です。これが咲いて来ると入口も賑やかに成りますね。ニクロム線みたいに細いツルなのに耐寒力は凄いですね。温室に入るとエクアドル原産、イワタバコ科のコルムネア・エリスロファエア(Columnea erythrophaea)がずっと咲き続けています。出入口の寒い所に吊ってあるのに、一切寒害は見られません。球根ベゴニアの所では、そろそろスミシアンサ・オーランティアカ(Smithiantha aurantiaca)がピークを過ぎ、ぼちぼち片付けに入っていますが、交代でスミシアンサ・ラウーイ (S.laui)が咲き始めました。共にメキシコ原産でイワタバコ科。スペース的にちょうどうまい具合にリレー出来そうで、私も助かります。最後はティランジアの所で咲いているカリブ原産、トウダイグサ科のユーフォルビア・プニセア(Euphorbia punicea)。多肉のポインセチアみたいものですが、この色は鮮やかで、特に写真にすると奇麗ですね。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

みのり
2018年02月08日 20:54
毎日根気よく書いて、いよいよ、7年目に入るのですね。おめでとうございます。こんなに根気よく、しかも、学名という難しい言葉を、さらりと書いてのける、学芸員さんの頭脳は、どんな作りになってるのか、不思議です。毎日毎日、続けるというのは、並大抵じゃありません。頑張ってくださいね。お風邪召しませんように。
bispinosum
2018年02月08日 21:51
6周年、おめでとうございます。
毎日楽しみに拝見しております。有用な情報を提供頂き、とても勉強になります。
もちろんワニ園や私生活のとりとめのない記事も楽しみです。
これからも無理せず、頑張ってください。
2018年02月09日 17:33
みのりさん、bispinosumさん、応援ありがとうございます。
ブログは休みの日でも研究室に来て書きますから、要するに6年間、出張以外は休み無しで園に来ているということです。何かしていないと気の済まない私にはピッタリなのかも知れません。もう習慣ですね。
川合 慶一
2018年02月16日 15:13
6周年おめでとうございます♪ こちらを時々拝見しながらいろいろな植物と、ときにその栽培についても学びながら、新たに自分の手に負えそうなものを育てる楽しみもいただいております。これからも楽しみに拝見させていただきますが、日頃のご多忙からご無理のございませんように…。

我が家のどこかで得られる環境に馴染んでくれる植物は決して多くはないと思いますが、いつの季節にも必ず何か花を見せてくれるので楽しいものです。
2018年02月16日 19:31
川合さん、有り難うございます。ボチボチ書いている間に6年で、早いものですね。6歳年をとったということです。

この記事へのトラックバック