球根ベゴニアからイワタバコへ

球根ベゴニアは10月催芽開始の第1陣が4月頃まで、2月催芽の第2陣が梅雨明けまでで大体終わる。と言っても最後の1ヶ月はヘロヘロで、穴埋め植物のイワタバコ類が育つまで、場所を埋めているというのが実情で、冬場の花とは比べ物にならない。そしてようやくここに来て、最後のベゴニアを片付け、イワタバコ類に席を譲る。とにかく毎年、この狭いスペースの中でローテーションをするので、場所の調整が容易ではない。今咲いて来ているのは中米原産、黄花のクリソセミス・フリードリヒシュターリアナ(Chrysothemis friedlichstahliana)、ブラジル原産、白のシンニンギア・ユーモルファ(Sinningia eumorpha)、アルゼンチン原産、筒状花のシンニンギア・トゥビフローラ(S.tubiflora)など。ユーコドニア・アデル(Eucodonia 'Adele')やアルゼンチン原産、グロキシニア・ネマタントデス(Gloxinia nematanthodes)、シンニンギア・アリオン(Sinningia 'Allion')などはこれからだ。これらの間にフクジンソウ科のコスタス・スペクタビリス、アマリリスの夏咲き品種が加わったりして場所を誤魔化している。とにかくこの時期が一番飾りに苦労するのだ。ちなみにピンクのアマリリスは友の会の方にいただいた秋咲きアマリリスでスパイダーX オータム・ピンク・レディー(Hippeastrum 'Spider' X 'Autumn Pink Lady')だが、何故か今頃咲いてきた。次は我が家の温室で、この猛暑の中で咲いてきたヒッペアストラム・ブロスフェルディアエ(H.blossfeldiae)。この春先損ねた株が今頃咲いて来たようだ。ブラジル原産。この時期、この冬用のスミシアンサなども鉢上げしなければならないのだが、この暑さでは手を付けられない。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あきちゃん
2018年07月23日 10:32
 相変わらず、珍しい綺麗な花で見事なことです。我家の庭と畑は、この猛暑でも雑草はたくましく憎たらしく茂っています。大好きなガーデニングでも、早朝且つ短時間に限定しています。雨が欲しいです。
2018年07月24日 17:59
あきちゃん、お大事にして下さい。私もこの2週間ほど不調で暑さがこたえましたが、ようやく体調が戻って来ました。異常な暑さですから、おかしくなって当然ですよね。

この記事へのトラックバック