エンポディウム咲く

前回の休みの日、ブルンスビギアなどの生育スタートが早かったので、いつも芽出しの早いエンポディウム(Empodium flexile)の球根を思い出し、保存袋を開けてみた。案の定、もう芽が大部伸びていて、あわてて鉢に植え込み4日目の姿がこれ。もう満開だ。南アフリカ原産でキンバイザサ科だ。球根植物が50種類もあると、毎年の掘り上げと植え込みが大変だが、それがこれらの特徴で、植えっぱなしでだめにした例は多く、欠かせない作業なのだ。今日もこれから培養土を買いに行って、植え込みに備える予定だ。この間まで開花していたブルンスビギア・ジョセフィーナエ(Brunsvigia josephinae)は全て結実して、あとは収穫待ち。自家受精しないと思っていたブルンスビギアが結実して驚いたが、おかげで多くの人に実生の楽しみを提供できるので有り難いことだ。ここに来て他のブルンスビギア2株にも花芽が出て来た。友の会の方にいただいた実生苗で、エランズモンタナ系(B.erandsmontana)の交配種だ。勿論、これらは南アフリカ原産でヒガンバナ科。八重咲きのヒガンバナ(Lycoria radiata)も花芽が上がり始めており、秋本番で楽しみは多い。温室の下、擁壁の隙間に植えたメキシコ原産のソテツ、ザミア科のディオーン・エドゥーレ(Dioon edule)の雄花もようやく開花間近だが、残念ながらワニ園の雌株の雌花の発育が遅れており、交配は難しそうだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック