学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱川発のマツバボタン

<<   作成日時 : 2018/09/09 18:25   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

ここで紹介する一重大輪のマツバボタン(Portulaca sp.)は熱川発で全国区になった園芸植物だ。赤一重が基本種で、これを台湾の謝さんがパラグアイから導入し、当園に寄贈してくれたのがそもそもだ。その余りの見事さに驚いた私は、早速友の会会報の表紙に使ったのだ。それをご覧になった友の会会員で、当時サカタのタネの専務だった岩佐さんから、苗木分譲の依頼を受けお渡しした次第。その時点で当園にはもう白花が出来ていたかも知れないが、サカタの農場で白花に加えバイカラーという複色花が出て、3色セットで販売したのだ。当園への導入が1992年だから、もう26年も前の話になるのだが、今日各所でこのマツバボタンを見かけると、何となく誇らしい気持ちになるのは普及に関わった人間の満足感があるからだ。結局、マツバボタンの類は種間交雑による育種が難しくて、この大輪種(今だに種名は不明)も、この3色以外の変異は出ず、育種は頓挫してしまったらしい。次の画像にある八重花も台湾の謝さんからで、これはまだ世に出ていない。これも在来のマツバボタン(P.grandiflora)とも前記大輪系とも縁のない、完全に別系統なのだ。休眠期は茎葉が非常にコンパクトなのだが、いざ生育期になると茎葉が肥大大型化し、このように見事な八重花を咲かせるのだ。以前農耕と園芸で本種を紹介したとき、未知の方から本種を欲しいというリクエストをいただいたのだが、安易に出すわけにも行かず、結局そのままになってしまって、本種を世に出しそびれてしまったのだ。マツバボタンの類はスベリヒユ科で、夏の暑熱が大好きな多肉植物なのだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱川発のマツバボタン 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる